大和誕生日
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大和誕生日

2016-12-16 06:00



    ・本日は戦艦大和の誕生日。艦娘の誕生日というのは、作り始めた起工日なのか、はじめて水に浮かんだ進水日なのか、完成した竣工日なのか、艦長が指名され、乗組員が配置について訓練を経て正式に任務をはたせる状態になった就役日かよくわからないが、艦これなんかでは進水日を誕生日として扱って姉と妹の順番とかを決めているみたい。竣工してから進水するような気もするが、就役日を竣工日としている資料が多いようでもある。通常は艦の名前が決まる命名日も進水式らしい。起工日の前後と進水日や竣工日の前後が途中で入れ替わってしまう娘もいるので、そういうのは暁と雷みたいに本当はあっちの方がお姉さん、みたいなネタになっている。でも大和の場合は、進水式は8月8日だが就役日である12月16日を完成日としている資料が多い。
     ホテルなんかでも、建物として完成して建設会社からビルの持ち主に引き渡される竣工日よりも、そこからホテルの人間が訓練をはじめて、晴れてお客さんを迎え入れる開業日の方が印象に残るので、ホテルじゃないけど大和の誕生日はこちらがふさわしいのかもしれない。

     よく、長門なんかは国民に長く親しまれてよく知られていた軍艦だったけど、大和や武蔵は地元ではある程度バレバレだったかもしれないが新聞などに報道される事は無く、一般国民はその存在を戦後まで知らなかったみたいに聞く。
     するとテレビの旧宇宙戦艦ヤマトで船に乗った親子が大和を指して「ニッポンの男の船だ」とか、「この世界の片隅に」でヒロインが姪と一緒に「大和だ~」なんて言うのもあの人たちが大和の存在を知っていた特別な立場の人だったのかな、なんて思ってしまうのだが、建造中はともかく完成して瀬戸内海を行ったり来たりすれば誰の眼にも入るわけだから、地元の人はみんな知っていたんだろうな。ある程度の地位の軍人さんやメーカーの人間なんかも知っていたろうし。じゃあなんで一般国民にきちんと存在を知らせなかったんだろう、というのが疑問だったりする。当時の政府とマスコミの力関係から言って、税金の無駄使いと言われるから、なんてわけはないだろうし。いわゆる公然の秘密だったりしたんだろうか。当時を知っている人に聞かないとわからないな。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。