サグ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サグ

2017-01-04 19:00
    ・年末のラジオで聞いた話。
     渋滞の原因とか対策とかを研究している渋滞学というものがあって、それによれば渋滞の原因のひとつに「サグ」というものがあるという。
     これは別に火星シリーズに出てくるサーク族のことではなくて、英語の「sag」のことで、「たわみ」とか「くぼみ」みたいな意味で、高速道路なんかでゆるやかな下り坂がゆるやかな上り坂に変わる地点見たいのを言うらしい。
     分度器で計っても1度とか2度とかしかないらしいが、こうした勾配の変化があるところが渋滞の発生点となり、よく道路情報なんかで聞く地名、高坂サービスエリアとか小仏トンネルとか大和トンネルとかがそうらしい。

     こうした地点に差し掛かると、下りが上りに変わるので、同じ程度のアクセルの踏み方であれば当然スピードが落ちるのだが、運転者は勾配の変化を自覚できず、前の車がスピードを落としたように思えるのでブレーキを踏む、すると後ろの車がまたそれを見てブレーキを踏む、という伝言ゲームが波となって伝わって渋滞が起きるそうだ。
     現在はこうした事を知っている人が少ないため、この事を周知して、運転者にsagというものがどの辺にあって、スピードが落ちないよう注意を喚起するように表示を行うなどの対策をはじめているという。
    「この先登り坂 速度注意」なんていう看板が出ている場合はそうなのだという。だがこれを安全運転の注意だと思ってかえって速度を落としてしまう、ということなどもあるらしい。
    「サグ」という言葉を周知すべく、現在いろいろと広報中らしい。

    それらしいページ
    http://www.driveplaza.com/traffic/roadinfo/cause/



     プロのドライバーやよく車を運転する人はとっくにご存知なのでしょうが、長期休暇や帰省の時にしか高速道路を走らない、みたいな人には教えてあげましょう、どの地点がサグなのか事前に調べておきましょう、みたいなことらしかったので書いておきます。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。