新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本の宇宙ビジネス覚書

2017-01-24 06:00
    ・先日の電柱ロケットは失敗しちゃったけど、民間の宇宙ビジネスが日本でもいろいろあるらしいのでちょっと調べて覚え書き(参考:日経トレンディ2017年2月号)。

    ・インターステラテクノロジズ
     SF作家や漫画家も関係しているらしい、主に超小型衛星を低コストで打ち上げることを目指すという会社。大株主に堀江貴文氏がいることから、そちらの面から報道されることも多い。弾道飛行をする観測用ロケットを5000万円、衛星打ち上げ用ロケットを5億円程度で製作することを目標としている、とある。
    http://www.istellartech.com/
    この会社については以前書いたことがある」。
    http://ch.nicovideo.jp/metabou/blomaga/ar1051328

    ・ispace
     月面で行われるレースに、ローバーを送り込もうとしている会社。月での資源探査、資源利用につながる技術になるはず。チーム名はHAKUTO。
    http://ispace-inc.com/jpn

    ・アクセルスペース
     一般企業用の低コスト衛星を開発・打ち上げする会社。気象観測衛星、地球観測衛星などにターゲットを定め、定点観測した地上の撮影画像を蓄積してAIで解析し、データインフラを企業に提供するようなことを考えているらしい。
    https://www.axelspace.com/

    ・アストロスケール 
     デブリ対策を目標とするという会社。リアルプラネテスじゃん。がんばってほしい。
    http://www.ideaosg1.com/mission/astro/

    ・ALE(エール)
     流れ星のもとを宇宙に撒いて、イベント用の人工流れ星を作ろう、という会社。
    発想は面白いが、顧客がつくかだな。オリンピックとかでできれば面白いけど、天気もあるし。
    http://www.star-ale.com/

    ・クラブツーリズム・スペースツアーズ
     民間向けの宇宙旅行ビジネスをしようとしているアメリカのヴァージン・ギャラクティック社の日本での公式代理店ということらしい。飛行機から切り離される形で、弾道飛行による約4分間の無重力体験、つまり宇宙旅行ができ、現在は3000万円で予約をとっているらしいが目標としては600万円を目指すという。
     そういえば昔ペプシコーラを飲んで宇宙に行こうという懸賞があった気がするけどあれはどうなったのか。今調べたらシャトルの事故とかでダメになって、当選者は1000万もらったみたいに書いてあった。オフィシャルなページは見つけられなかったけど、そうだったのか。
     この会社が使う予定の機体も事故を起こして、ちょっと遅れているようだけど。
    http://www.club-t.com/space/

     きっとこれからもいろいろ出てきて、上手くいったりいかなかったり、方向転換したりするんだろうけど。ビジネスになると夢のある話だけではなくなるし、嫌な話もでてくるだろうし。でも基本的にはこういう話は応援したいと思ってしまう。







    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。