アニメ「君が代/春の唄/心の力/電信 電鈴 電話」メモ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アニメ「君が代/春の唄/心の力/電信 電鈴 電話」メモ

2017-04-04 19:00
    ・引き続きフィルムセンターのクラシックアニメ。

     

    ・君が代 4分
     抽象的なアニメーションで、歌も同じ歌詞が数回流される。当時はこういうものが求められてたらしい。

    ・春の歌 3分
     当時はレコードと連動させる形式のトーキーアニメ作品があったらしくこれもそうしたものの一つらしい。音がなくて歌がわからないが、現在は「桜咲く国」として知られている歌のことらしい。


    ・心の力 18分
     作者の大藤信郎氏の集大成みたいな作品らしい。話は臆病者がお守りの力で大活躍して姫と結ばれるが、実は心の持ちようだけの問題でお守りは関係なかった、みたいなよく聞くような内容。
     さらに元ネタがあるのかこれがオリジナルなのかよくわからない。
     千代紙で作った作品とあるが、透き通るような表現があったり水の表現があったり顔が変形したり、どうやったんだろう、手間かかったろうな、と思う。

    ・電信 電鈴 電話 11分
     科学知識を啓蒙するような作品。小学6年生向けの理科教育用だったらしい。今もこの手の学校用理科教育映画って作られ続けているんだろうか。子供のころは学研とかが作ったのを見た気がするけど。児童館みたいなところでも見たかな。
     そういう映像を残そうとしているNPOがあるようだ。これを見るとわりと最近のものも
    あるみたい。作ったものは死蔵するより、見られるようにしたほうが、と個人的には思う。
     http://www.kagakueizo.org/

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。