ミッドウェイ海戦
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ミッドウェイ海戦

2017-06-05 06:00
    ・昭和17年6月5日から7日にかけて、ミッドウェイ海戦。
     航空母艦赤城、加賀、飛龍、蒼龍の四大空母と艦載機285機、搭乗員200余人が失われる。

     詳細な経緯は以前森村誠一氏の「ミッドウェイ」の紹介で書いた。いろいろ後から言われているが、紙一重の結果だったようにも思う。
    http://ch.nicovideo.jp/metabou/blomaga/ar1094886

     昔ハリウッドの「ミッドウェイ」という映画もあってテレビで見たが(三船敏郎さんが山本長官役だった)、あまり見てて楽しい作品ではなかったなあ。今調べたらベストキッドのパット・モリタ氏なんかも日本軍人役で出てたのか。


     重巡洋艦三隈も撃沈され、最上が大破。衝突事故で艦首を失った状態の最上を護衛中の三隈に相手方攻撃が集中したとのこと。艦これ公式記録では三隈は単艦撤退中だったとありちょっと記述が違う。ウィキペディアには最上は大破状態だったが三隈の乗員を救助したとあるので近くにはいたのだろう。このとき駆逐艦朝潮、荒潮も攻撃を受け小破とある。
     最上は工作艦明石の応急修理を受けた後日本に戻り、航空巡洋艦に改造された後にレイテ沖海戦で西村艦隊の一員として沈むことになる。

     ここがお互いもう戦争はこのへんでやめよう、と思う程度の痛み分けだったら、戦後はもう少しましだったか、それともひどかったかと無駄と思いつつ考えてしまう。

     今後はこうした文章を書くのもつらくなっていく。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。