実写映画「鋼の錬金術師」軽くネタバレ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

実写映画「鋼の錬金術師」軽くネタバレ

2017-12-02 19:00

     公式HP

    http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/index.html

    ・公開前からあまりにも酷評されてるので思わず見に行ってしまった。私は原作漫画は連載時読んでいたがアニメは見てない。原作を知らない人は少数派でしょうのでちょっとネタバレ。

     感想1 松雪泰子さんは良かった。ホムンクルスは皆悪くないと思う。
     感想2 風景・背景はわりと良かった(イタリアロケをしたらしい)。
     感想3 登場人物にもう少し外国の人を入れたほうが良かったんじゃないかと思う。
     感想4 原作の魅力ある脇役がいなくて残念
        (ルイ・アームストロングもピナコ婆ちゃんもイズミ師匠も傷の男も、ハボックたち
         マスタング組も出てこない)
     感想5 リザ・ホークアイは一度も名前を呼ばれない(一度は呼ばれたかも)。 
         一度も狙撃しない(射撃はする)。感情出しすぎ(いつも唖然としてる)。
     感想6 マリア・ロス少尉はわりと似てた。
     感想7 外国の景色に、金髪茶髪の日本人は似合わないと改めて思う。メインキャラだけで
         なく村人とかもコスプレに見えてしまう。
     感想8 マスタング大佐は雨で役立たずのところも見たかった。
     感想9 エンドロール後の映像で続編やりますという感じだけど・・・あるかな。
     感想10 ヒューズ中佐の笑顔がうさんくさく見える。
     感想11 大総統は出て来ない。
     感想12 なのでラスボス不在という感じ。中ボス同士の潰し合いというか。
     感想13 ウィンリイは日本の女子高生にしか見えなかった。あと出すぎ感あり。
         どこにでもついて来る。で、何もしないで(少しはするが)そこにいるだけ。
     感想14 原作に無い部分が変に長くて、原作にある部分がけっこう短い。
     感想15 鎧アルは原作そっくり(当然)。実体アルの身体が女の子みたいでエロチック。

     登場人物をかなり絞ってしまったので、もし続編を作るとしても続編で初めて登場する人物ばかりになりそう。その紹介で時間とられるな。
     制作がワーナーブラザースみたいだし、海外市場を狙うなら日本人キャストはもっと絞って、外国人キャストも使った方が良かったような。でも適当な人がいないんだろうな。そうしたらそうしたで言葉がまた違和感出ちゃうし。昔の特撮とかだと外国人キャストの声を日本語に吹き替えてたけど。シルバー假面の第2話みたいにドイツ人?が東北弁?みたいになっちゃうとまたあれだけど。
     風景はロケのせいかけっこう重量感あるんだけど人物がそれに比べて軽く見えてしまう。
    なら風景も異世界と割り切ってCGで作ったあるいはCG処理した方が違和感が少なかったかも。やってるのかもしれないけど。
     原作がもともと群像劇側面もあって、最初はモブみたいに登場した軍人とかキメラのおっちゃんとかが尻上がりにけっこういい味出してくるんだけど、そうした要素が全く無かったのが残念。セリフ無しでもこいつがハボックでこいつがファルマンだな、みたいになってると良かったんだけど。
     役者の好き嫌いはあるだろうけど、原作は一応活かしてはいると思う。全く別物にまではなっていないのでは。なので酷評は気の毒な気もする。でも実写だと原作のギャグ調のところが表現しにくいな。
     原作を全く知らずに見ると、意外と楽しめちゃうのか、全くわけがわからないのか、どっちだろう。私もだいぶ忘れちゃったけど。

     入場者プレゼントの漫画はけっこう面白かった。グラン准将いいなあ。原作者と監督の対談も入っている。



         


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。