「スターウォーズ 最後のジェダイ」(ネタバレ控えめ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「スターウォーズ 最後のジェダイ」(ネタバレ控えめ)

2017-12-23 19:00

    公式みたいなサイト
    http://starwars.disney.co.jp/movie/lastjedi.html
    ・先週はいろいろあって一週遅れで観てきました。ネタバレはなるべく少なめに。思いついたままに。

     三部作の真ん中、ということで、「帝国の逆襲」みたいに次はまだか、と不満が残る内容では、と思って観に行ったのですが、わりときちんと一段落していたと思います。

     前作では正直なところ中心キャラクターがあまり魅力的に思えなかったんだけど、今回少し掘り下げられてそんなに嫌では無くなった。特にカイロ・レンはなかなか魅力的なキャラになったと思う。

     主だったシーンに帝国の逆襲のリスペクトみたいな繰り返しが多い。当然意識してのことだろう。構図とかもそうだけど、ネット情報によればフィルムを使ったりパペットを使ったりして、あえて最新でない技術を使ったりもしているらしい。

     冒頭の惑星からの脱出は、帝国の冒頭、ホスからの脱出。終盤の塩の惑星での帝国陸上部隊とのスピーダー戦も塹壕シーンなどがちょっとホスっぽい。

     アイルランドの修道院に使われていたとかいう島ででロケをしたという、ルークのいる修行の地は、ルークとヨーダの修行の地にかぶる。

     富豪たちが集うギャンブルの惑星は、べスピンのクラウド・シティのような・・・これはちょっとこじつけ。

     帝国(みたいな方)にも反乱軍(みたいな方)にもどちらにも武器を売っている連中が一番儲けて贅沢な暮らしをしているという。

     こっち側の主要キャラ3名(レイ、ダメロン、フィン)はそれぞれ異なる相棒(レイはチューバッカ、ダメロンはBB-8、フィンは新キャラのローズ)を連れて各地に散り、終盤に終結する。それまでは3人を切り替えて描写する。こっち側のレイとあっち側のレンは対立する立場だがフォースで心がつながり、離れた場所にいても互いを感じ、引き付け合い、反発し合う。

     フィンはレイに心惹かれている様子だが、ローズはフィンに惹かれている様子。ローズ→フィン→レイという三角関係ならぬムカデ人間みたいな関係。

     新キャラのローズはアジア系っぽい女性で、ちょっとサモハンキンポーに似ているなどと陰口を言われている様子。ハリウッドの最近の傾向でまた中国枠か、と思ってしまったが、パンフを見るとベトナム系の人みたい。

     第1作では本来主人公の位置なのにレイやフィンに比べると活躍できなかった感じのパイロット、ダメロンは今回ちょっと挽回した感じ。

     女性主人公のレイはジェダイということで旧作のルークの役割でもあり、ファルコンのパイロットということでハンソロの役割でもあり。それに比べるとフィンやダメロンの印象は薄く、彼女に比重がかかりすぎのような。

     レイアが宇宙を漂う、みたいなシーンがある。宇宙からのメッセージの宇宙遊泳シーンをけなした人は今回もけなさないといけないだろう。

     黒幕のスノークという悪役はいまひとつよくわかんない。強いんだか間抜けなんだか。同じ種族はいないのか。何が楽しくて生きてるのか。

     スノークの護衛の赤い兵士たちはなかなかよかった。皇帝のガードをしていた赤い奴らは結局動かなかったが今回は動く動く。

     キャプテン・ファズマの素顔はわからないまま。片目だけ見えた。

     とことん小物のハックス将軍は次できっとやらかしてくれると思う。

     ハンとレイアの息子の名前はベン。ジェイナとジェイセンとアナキンではなかった、と公式に確定してしまった・・・ルークとマラ・ジェイドの息子がベンのはずだったのに。

     ルークはジェダイ・アカデミーを作ろうとはしたのだろう。キップ・デュロンもタヒーリ・ヴェイラもいなかったようだが。

     ウェッジやランド、モン・モスマについては劇中では語られないままだろうか。映画ではないところでどんどん設定ができていってしまうんだろうけど。モスマは病気でレイアにその地位を譲ったはずだったが。

     反乱軍は3人のおばあさんがまとめている、という印象。からくりサーカスみたいな。

     アクバー提督・・・黙祷。

     こんなふうになるわけはない、これで生き残れるわけがない、みたいに思うシーンはいくつもあるんだけど、これだけ強引に押し切られると文句を言っても仕方ないかな、という気になる。一方で登場人物たちはそれぞれ思惑を持っているんだけど、その思惑通りにはなかなかうまくいかない。そのうまくいかないところがちょっと興味深い。こうなるだろう、という観客側の予想をちょっとずつ外しているようにも感じたりする。

     いろいろ思惑通りいかないところはあるんだけど、きちんと世代交代と継承の話になっているなあ、という印象。ラストに出てきた少年もパンフによるとちゃんと固有名詞がある。次でも出番があるのかどうか。

     レイアは次回作の冒頭でナレ死するんだろうか。

     なんだかスターウォズの完結というのは、私が生きている間に見れないことが確定したような気がする。グッズの人気が落ちるまで続編は作られ続けるような。

    パンフがグッズのカタログみたいになっちゃうのは仕方ないとは思うんだけど、データ的なものも確認したいのでエンドロールは全部収録してほしいなあ。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。