「一人交換日記2(永田カビ著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「一人交換日記2(永田カビ著)」

2018-03-10 19:00
    ・ネットで連載していて、途中で一度最終回になって、しばらく休んでまた再開してもう一度最終回を迎えて、書き下ろしを加えて単行本化された作品。

     親と折り合いが悪い。仕事がうまくいかない。恋人ができない。友人も少ない。いろいろなことが重なって、漫画家になるんだ、といって自宅ニートみたいな状態が続いていたところ、ネット投稿がきっかけになってある本を出すことになって、それがベストセラーになる。

     さらに二作目にあたる単行本「一人交換日記」が出てこれもそこそこ売れたみたいで、これまでできなかった親から自立しての生活ができるようになる。きっとお金もある。
     でも心が晴れない。最初の本は親に対する悪口みたいのもいっぱい入った本で、それを親が見る。ここでは書かないけど、親が見れば悲しむようなことがたくさん描いてある。

     親と離れて暮らしてはじめて、これまでどれだけ恵まれていたかにも気付く。

     母親が祖母や父親に虐待されているみたいに思っていたのだが、母親にとっては何でもなかったことに気付く。自分が嫌だから、母も嫌なはずだ、助けてあげなくちゃ、みたいな行動が家族との関係をおかしくしていたとも気付く。自分が嫌なことを平気で受け入れる母親を、人の心が無いから平気で受け入れられるんだ、と疎んだりもする。

     家を出る前は、実家で家族と一緒にいるのにさびしい、と描いていたのだが、いざ家を出て独り暮らしになると、さびしくてさびしくて仕方がない。でも家族を傷つけたと思っているので帰れない。いろいろ葛藤があってようやく帰るとなんか泣いてばかりになってしまう。
     泣いてばかりだと親に心配をかけるから、とまた独り暮らしの自宅に戻る。これの繰り返しになって、身の置き所がない。

     自分や家族を切り売りしている作品でもあるので、そうしたことがダメージとなって描き続けられなくなって一度最終回となるが、おそらく描かずにはいられない性分でもあるようでまた再開する。

     中断中にどんな感じで過ごしていたかというと、実家から仕事場である自宅に通っている。自宅では何のアイデアも浮かばず、何も描けず、ひたすらさびしい。時間がたっぷりあるから創作できるというものではないみたい。酒に溺れるようになり、オネショをするようになる。自傷をし、睡眠薬にも頼る。
     一方でオリジナルの作品のアイデアが全く浮かばなくなる。朝起きて、一日何の予定もないことに毎日絶望するようになる。映画や漫画も見る気になれない。

     そんな時に、祖父母とかと会って救われた感じを持ったりする。祖父母も両親も、自分が悪口を描いてそれを出版しても、自分を否定はしていなかったと知る。

     おねしょが止まらず、うつ状態もあったようで入院することになる。ちょっといろいろあってすぐに二回目の入院になる。ここで落書きができるようになる。漫画が読めるようになる。少し気力が回復する。だが入院期間六ヶ月と聞いて絶望し、また自傷する。

     この自傷がきっかけになって退院する。看護婦さんが、何故自傷したか、彼女が言葉にできなかったことを言い当ててくれて涙する。この入院が創作意欲を蘇らせて、連載再開に至ったようでもある。
     入院をきっかけに酒も飲まなくなる。うつっぽい症状も改善する。
    「自分の苦しさじゃなくて、他人に意識を向けろ、自己執着が強いと治らない」という言葉を
    聞き、家族や親族、他の入院患者の心境なども考えるようになる。自分の印税で家族旅行にも行く。はっきり書いてないけどおそらく何十年ぶりかだったのでは。
     連載時は、こんな感じで嫌いだった家族が好きになれて、未来にも希望を持てる感じで終わっている。

     後日談が追加されていて、連載中の評判がけっこう悪かったことにちょっとパニックになってしまい、単行本を出すことにためらいを感じたり編集者に相談したりしたことが描かれている。この手の作品というのは主人公(著者)がどん底にいると人気が出て、立ち直って来ると人気がなくなってきたりもする。ある病気の治療のために飲んだ薬の影響で絵が荒れたりもしたみたい。
     リアルの自分より、漫画の中の自分のほうが大きくなってしまって戸惑う様子もある。
     何かを啓発しようとかそんなつもりはなくて、ただの(私の)人生なんです、変かもしれないけど、みたいなことが描かれている。

     巻末にはオリジナル作品も収録されている。オリジナル作品でもヒットを飛ばせるように、描き続けられるといいなと思う。
    お父さんとも話したいことが話せるといいなと思う。

     ご本人ツイッター。ツイッターに書いたことでも、絵をつけてまた作品にしてもいいと思います。
    https://twitter.com/gogatsubyyyo?lang=ja

    ニコニコ市場にはまだないので、アマゾンのリンク。長いな。
    https://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E4%BA%BA%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E6%97%A5%E8%A8%98-2-%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB-%E6%B0%B8%E7%94%B0-%E3%82%AB%E3%83%93/dp/4091898475

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。