「13番惑星(横山光輝著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「13番惑星(横山光輝著)」

2018-03-15 19:00



    ・「夜光島魔人」に一緒に収録されてるSF短編。
    太陽系内なのかははっきり書いてないけど、13番惑星は地球と同様に呼吸できる空気があり、草花や湖の存在も確認されている。
     だが何度調査団を送っても、消息を絶ってしまう。
     ここに10回目の調査団のロケットがやってくる。大気分析を慎重に行い、ブラック隊長
    以下たぶん8名の隊員たちは13番惑星に降り立つ。彼らが発見したのは墓標の群れと花畑。
    墓標には銃弾の跡がある。

     この星では毎晩風速20メートルの風が吹き、花は花粉を飛ばす。
     先発した隊員たちは何故死んだのか。彼らは二人一組になって調査をはじめるが、集合地点に戻ってきたのは一人ずつだった。

    という感じの短編。オチはおそらく想像がつくでしょう。

     横山さんはこういう感じのSF短編もけっこう描いてるんだけど、生前はあんまり本にまとまらなかった気がする。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。