「片渕須直監督インタビュー」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「片渕須直監督インタビュー」

2018-03-11 19:00


    上記URL
    http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=2295_17

    ・震災関連企画として、「アリーテ姫」「マイマイ新子と千年の魔法」「この世界の片隅に」などの監督、片渕須直さんのインタビューというか、高橋源一郎さんとの対談みたいのが先週金曜にNHKラジオで放送されて、16日金曜日まで聞き逃し放送サービスみたいので聞けるみたいなので聞いてみた。

     一応こないだ「アリーテ姫」を見て3本全部見ているので、ネタバレを気にせずに聞いてみたけどさほどネタバレは気にしなくていい内容だったと思う。見てないとわからないところはあるかもだけど。

     映画も結構難解というか、解釈が人によって異なるものがあるタイプの作品ばかりなので、監督自身が視聴者の解釈を聞いて、そんな考え方もあるのか、と驚いたこととか、ファンタジーは自分の心の中のものを外に出すだけではだめで、自分ではない周りの人の心の中の何かと共鳴しないとなんとかみたいなことを話していたように思う。
     そんなことを「タイタニック」見て思ったらしい。
     主人公のすずさんと同じ世代の人や、当時の呉や尾道に住んでいた方なども多く劇場に運んでくれたそうで、資料は十分調べてその時代を再現したつもりだけど、自分でその場にいたわけではないのでちょっと確信が持てなかったところをそういう方たちが、こんな雰囲気だった、と言ってくれたので力付けられたみたいなことも。

     公開以来3年間、日本のどこかで上映していない日というのが一日も無いそうで、その度に舞台挨拶とかサイン会みたいなものがあって、視聴者の意見や感想を聞けるとも。

     「この世界の片隅に」の現在公開されているバージョンでは、原作に出て来るあるキャラクターに関するエピソードがほとんど抜け落ちているそうなのだけど、これは公開時間を2時間に納めるためにやむなく削ったものだったらしい。
     監督はその分をいつか機会が得られれば撮り足したいと思っていたらしいけど、自分が知らないうちにロングバージョンやります、みたいなことをプロデューサーだかが根回ししちゃったみたいで、今作ってます、みたいなことも話題になってました。

     こうのさんのキャラクターが出て来る「花が咲く」という、みんなのうたみたいなアニメも
    片渕監督だったみたい。震災に対して自分たちに何ができるか、ということを考えて作ったもので、震災でこうのさんが心を痛めていたのでキャラクターデザインをお願いしたみたいなことも。「この世界の片隅に」と並行して制作したみたい。

     ニコニコに公式であればリンクが貼れるのに。
     https://www.youtube.com/watch?v=NpX1yrG7TbQ

    時間枠では10時台、11時台で2時間近くなっているけど、11時台は10分くらいで終わるので正味1時間弱ぐらいです。

     というわけで興味がある方の参考になれば。ラジオも聞いてみるもんだな。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。