ラジオ「芥川龍之介短編集」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ラジオ「芥川龍之介短編集」

2018-05-20 19:00
    ・NHKラジオの聞き逃しサービスにて。
    http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=0971_01 



     紹介された作品と、青空文庫のリンク
    ・鼻(第1回、2回)
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/42_15228.html

    有名な作品で、あらましを知らない人は少ないと思う。中学生くらいの時に無理に読まされた記憶があって印象は良くなかった。
     無駄な努力をして元の木阿弥みたいな話と思っていたけど、心の平穏を取り戻す話だったみたい。

    ・沼地(第2回、3回)
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/113_15225.html
     この話は知らなかった。評価にまつわる話というか。

    ・尾生の信(第3回)
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/24_15235.html
     これも知らなかった。何かを期待して待ち続けることは無駄か否かみたいな。
    待った結果ある境地に至るといえば至る。

    ・蜘蛛の糸(第4回)
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/92_14545.html
     有名すぎる話で、思わずちゃちゃを入れたくなる。本当に助ける気があったのかと。
    そんなパロディが小松左京さんの作品にあった。私はこっちの方が自然だと感じちゃう。
    https://www.youtube.com/watch?v=FoApLjgxarQ
    https://ameblo.jp/retro-illustration/entry-10969946331.html

    ・孔雀(第4回)
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/3784_27297.html
     これも初めて。マスコミの役割は、権力の監視だ!とか、民意こそ至高!といきごみすぎるとこんなことにもなるかもしれない。

    ・蜜柑(第5回)
    https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/43017_17431.html
     中学校で読んだ時はほほえましい話だとばかり思っていたが、今読むと少女に対する語り手の悪感情に驚く。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。