「人・ひんと・ヒット(上前淳一郎著)」 ①ここちE(ワコール)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「人・ひんと・ヒット(上前淳一郎著)」 ①ここちE(ワコール)

2018-10-12 19:00


    ・日本経済が元気だった頃のヒット商品開発に関わるエピソード集みたいな。1986年から87年にかけて雑誌連載され、1990年に文庫になったらしい。バブルに向う頃かな。
    今読んでなるほどと思うか、時代遅れだと思うか読み直してみる。
     
    ・それは人肌でふくらむ ワコール「ここちE」
     女性向け下着でシェアNo.1の会社、ワコールの28歳の社員が、1年間の「ぶらぶら社員」を命じられる。1982年のこと。ぶらぶら社員というのは当時マスコミで流行った言葉で、基本的には会社のことは何もするな、経費は使い放題で好きなことをやれ、十年後の仕事の種を探せ、みたいな新しい何かを会社に持ち込んで来い、みたいな制度。
     永谷園が最初にやって、初代ぶらぶら社員は世界中を食べ歩いて「麻婆春雨」などのヒット商品を考案し、会社の売上げを大幅に伸ばしたという。
     戦後生まれのオーナー社長がいる企業ではこの制度を積極的に導入するところがあり、ワコールもそうだったらしい。

     選ばれたぶらぶら社員はワコール本社のある京都から東京に出張して、女子大生に「今どんな下着つけてます?」と聞いて回る。もちろん会社の名刺を出してのことだろうけど、それでも出来る人は限られそう。これで若い女性の下着に対する感覚を知る。本社の机に向っていては決してわからない貴重なデータになる。

     次に大学や企業を訪ねて最新技術や素材の勉強をする。ニューセラミックや炭素繊維なども調べたらしいが、ある日古河電工が開催した形状記憶合金のセミナーに出る。アメリカで軍用に開発されたらしいこの技術は当時民生に下りてきていて様々な分野で使いはじめられていた。松下電器はコーヒーメーカーの温度管理に使い、東芝はトイレ温水洗浄器の洗浄用のお湯の温度管理に使うみたいな。
     古河の場合形状記憶合金(商品名NT合金)は1グラム当たり4000円したそうで、銀よりも高かったらしい。それなりの価格の商品に使わないと元がとれない。
     お馬鹿なアイデアが一杯出たがものにならず、結局下着屋だからブラジャーに使ってはどうか、ということになる。古河電工でも問い合わせに答えて様々な取り組みをしたが、商品化にこぎつけたのは千に三つという割合だったという。

     ぶらぶら社員の期限も切れ、研究所に戻ったその人は会社が出していたワイヤー入りブラのワイヤーが変形しまうと簡単に直せない問題を、形状記憶合金でワイヤーを作ればいいじゃないか、と思いつく。人肌で元の形状に戻るようにする。
     だが試作品は非難ゴウゴウ。価格が高すぎ、ワイヤーの両端は布に引きずられて伸びてしまう。これは常に力がかかっているので形状記憶合金でも元に戻らない。
     だが社内の専門家たちが一つ一つ代案を出していく。横に引っ張って伸びるなら肩から吊るストラップ方式に、と女性デザイナーが言えば、別の専門家は布地の方の材質を変えて縫製工程を省略すればコストを吸収できる、と案を出す。
     営業担当者からは、ハイテクを強調しても女性には売れないよ、と忠告する。

     そんなこんなで1984年に試着テスト開始。300人の女性が研究員の前でブラをつけたりはずしたりを繰り返す。翌1985年にテスト販売。即売り切れ。改良して1986年、「ソフィブラ・ここちE」を3600円で発売。春から夏までに60万枚が売れる。小売価格換算で43億円になる。発売時に、形状記憶合金を使っていることはキャンペーンでは触れられなかったという。

     ワコールは今はどうかわからないけど当時は社内に裸婦像やヌード写真があちこちに飾られ、オフィスにも様々な方向から撮影したオッパイやヒップの写真が貼られ、パソコンの中にもそんな写真がいっぱいあって、業務時間中にそういうものを見ていても怒られないというか見ないと仕事にならない環境だったらしい。昨今のセクハラ問題で変わっているかもしれないけど。

     ワコールのHP
    https://www.wacoal.jp/
     ワコールブラの歴史みたいなページ。1980年代に「ここちE」がある。Eはεみたい。
    https://www.wacoal.jp/brahistory/

     現在は下着はハイテク化当たり前で、特に断りなしで形状記憶合金を使っているのかな。それとも使わないのが主流になったのか。書いてないのでよくわからないけど。

     ワコールの初代ぶらぶら社員は十年後のアイデアとして健康器具とソフトを考えている、と締めくくられているけど、それは実現したのか、成功したのかよくわからない。
     二代目ぶらぶら社員に女性が任命されたらしいけど、その人がどんなアイデアを出したのかもわからない。

     ぶらぶら社員制度というのは一時脚光を浴びたけど、バブル崩壊とか、ぶらぶら社員に任命された人が逆にプレッシャーを感じて押しつぶされちゃったりして次第に下火になったらしい。他の人からのやっかみみたいのもあるだろうし。

     俺やってみたい!という人はたくさんいそうだけど。

     ワコールは現在も女性用下着ではシェアNo.1で、100株以上持てば株主優待で自社製品20%割引。前回配当は100株で7200円。500株以上だと自社製品商品券が年6000円追加。女性だったら株を持ってれば得した気持ちになれるかも。100株持つのに30万ちょっとかかるけど。
     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。