「今日の早川さん4(COCO著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「今日の早川さん4(COCO著)」

2019-03-04 19:00




    ・8年ぶりの新刊ということで、前の内容も忘れちゃったんだけど、出版社擬人化漫画であり、マニアの生態レポート漫画であり、みたいな。

     タイトルの早川さんはもちろん早川書房でSFマニア。幼馴染で親友?相棒ポジの帆掛さんは東京創元社でホラー好き。純文学中心ながらSFやホラーの古典にも造詣が深い読書量も質もハンパない年上の厳しい先輩の岩波さんはもちろん岩波書店。ライトノベルばっかり読んでる最年少の富士見ちゃんは富士見書房。ジャンル問わずレアものならおまかせの国生さんは国書刊行会。

     それぞれ得意分野があって、自分の得意分野は語りたがるが相手の得意分野に関心はない、という感じだけど、一般人と我々は違う、という意識だけは共通していて連携している。一番年下の富士見ちゃんだけはあまりそういうふうに染まりたくないな、と思っている印象。

     そんな女性たち5人がゆるゆる勝手に薀蓄を垂れ流すだけの漫画で、SFやホラー、直接ではないけどミステリファンみたいな人はドキッとかグサッとかあるある、みたいなネタがたくさん入っている。
     これまでは基本4コマ形式だったのが、今回はストーリー漫画形式のものもあって、宇宙から飛来した謎の布によって情報が消されていってしまい、この危機にキャラクターたちが立ち向かう、という壮大かもしれない話が展開する。限定版にはその布がついてくるとのこと。一見てぬぐいだが情報を吸い取るかもしれないので取り扱い注意とのこと。
     前巻までは基本WEBに発表したものを単行本化していたらしいものが今回は書き下ろし中心とのこと。いろいろ諸般の事情や環境の変化などあってのことと思われ。絵柄が変わったことについてもどうしようもないことなので穏便に、と著者のあとがきあり。

     WEBでの発表は今後も続くとのこと。
     著者ブログ。
    http://horror.g.hatena.ne.jp/COCO/
     著者ツイッター
    https://twitter.com/coco_n?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。