「熱帯少女(吉富昭仁著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「熱帯少女(吉富昭仁著)」

2019-06-27 19:00




    ・この著者は比較的おとなしめの真面目で硬質な作品を描く一方で、それが正体か、というようなヘンタイっぽい「ヘンなねえちゃん」とか百合っぽい作品にも進出して、これが百合作品第一号らしい。
     そっち系はあまり知らないのだけど、この本は特にきつい描写は無い女の子二人がキャキャウフフしているという、ただそれだけのもの。
     著者の描く女の子はあまり肉肉しくなくて、透明感があるイラスト寄りの絵柄なのであまりいやらしさも無い。服もほとんど脱がないで水着とかブラウスが水に濡れて身体にはりつく、みたいな程度。そのせいか涼しげな印象がある。
     特にストーリーといったものもなくて様々なキャキャウフフをお楽しみくださいというような。著者あとがきによれば「夏」「田舎」「主要人物のみ登場」という縛りで描いてみましたとのこと。基本的に髪の長い娘とショートカットの娘の組み合わせ、セーラー服だから中学生か高校生たぶん。
     というわけで女の子の名前とシチュエーションのみ書いておく。

    ・夏の始まり
     のぞみ・・・ロング
     かえで・・・ショート
     海の岩場で飛び込みごっこ。

    ・SUIKA
     りんちゃん・・・ロング
     さっちゃん・・・ショート
     縁側でスイカ食べる。

    ・夕立気分
     章子(しょうこ)・・・ロング
     美帆(みほ)  ・・・ショート
     気温37度の田舎道を歩く。

    ・sketch
     梨香(りか)・・・ロング
     咲ちゃん  ・・・ショート
     美術部員らしいショートの子がロングの子のスケッチを描く。

    ・夏の蟻
     美華(みか)   ・・・ロング
     優子(ゆうこ)先輩・・・ショート
     ケースに入れた蟻の巣を眺める。

    ・体内回帰
     明美(あけみ)・・・ロング
     真由(まゆ) ・・・ショート
     体育館舞台の緞帳を下から見上げて内臓みたいと思う。

    ・秘密のせせらぎ
     智子(ともこ)・・・ロング
     理紗(りさ) ・・・ショート
     せせらぎで並んで足を水につける。

    ・夏といえば・・・
     桜(さくら) ・・・ロング
     文子(ふみこ)・・・ショート
     田舎家で一日過ごす。流しソーメン、ビニールプール、スイカ割り、せんこう花火。

    ・バースデイ
     澄ちゃん・・・ロング
     戸川  ・・・ショート
     澄ちゃんの家。
     戸川はsketchにも登場。


     以上。好きな人にはたまらんのだろう。
     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。