「ふたりとふたり(吉富昭仁著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「ふたりとふたり(吉富昭仁著)」

2019-06-29 19:00




    ・熱帯少女で百合ジャンルに進出した著者が味をしめて描いたという感じ。キャキャウフフだけで精神的なものだけだった前作よりも全裸でイチャイチャするシーンなどが増えてエロチックになっている。
     少女Aは少女Bと多分女子校で寮生活をしていてルームメイト。どちらも百合属性持ちでたがいにちょっと相手をいいなと思っているのだが友情が壊れるのがイヤで告白できず、それぞれバイト先の先輩やネットで知り合った人と百合関係になる。その相手である社会人Aと社会人Bは昔百合関係だったことがある知り合いで今も仲が良い。 
     社会人A、Bが互いの恋人を紹介しようということになって4人で会うと、少女A、Bは相手もそうだったんだ、じゃあ告白してれば良かった、と泣く。
     というわけで少女A×少女Bと少女A×社会人Aと少女B×社会人Bと社会人A×社会人Bはどの組み合わせがいちばんいいんだろう?などと思いながら関係を深めていくみたいな。

     絵柄によってはとてもナマナマしくなる話なんだけどこの人のシンプルな絵柄だと裸になってもあまり官能的にはならない。

     4人一緒に暮らすようになって終わる。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。