「息吹(テッド・チャン著)」⑤デイシー式全自動ナニー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「息吹(テッド・チャン著)」⑤デイシー式全自動ナニー

2020-02-25 19:00



    ・Dacey’s Patent Automatic Nanny

    ・デイシーというのは数学者の名前。フルネームはレジナルド・デイシー。1861年生まれ。彼はチャールズ・バベッジが提唱した解析機関の演算部分を改良して算数教育のための補助教材をつくろうと試みるが、妻を亡くしたため子守女にまかせた幼い息子が虐待されていたのに気付くとこれをきっかけに機械仕掛けの子守装置をつくろうと方針転換する。

     家電メーカーと手を組んで完成させた全自動ナニー(子守)はゼンマイ仕掛けのロボット以前のものだったがよく売れた。だがこれを違法改造した家庭が現れて誤動作で子供を殺してしまうと人気は凋落し、二度と挽回のチャンスは来なかった。デイシーは見切りをつけて製品販売をやめ、純粋数学の世界に戻ってしまう。そのまま数学者として生きて世を去った。

     レジナルド・デイシーの子供・ライオネル・デイシーはやはり数学者になったが父の発明が嘲笑されることに反論しようと全自動ナニーの復刻版を販売しようとしたがかたくなな性格もあってか失敗。それでは、と養子を迎えてこの子を機械にまかせて養育し、父の機械が有用であることを世に示そうとしたが、子供は知恵遅れとなり失敗した。
     だが、これは本当は失敗ではなかった。全自動ナニーは人間には愛情を持たず、機械にのみ心を開く子供を作り出していたのだった。

     ある企画で想像上の展示品をイラストレーターが描き、これに作家がテキストをつけるというのがあって、グレッグ・ブロードモアという人のイラストに応じて執筆したものとのこと。

     赤ん坊の面倒をみるために開発された、ロボットまでは行かないマシン とのこと。
    たぶんこのイラストだと思う。
    https://io9.gizmodo.com/a-sneak-peek-at-the-art-packed-weird-fiction-book-youll-5748248

     著者はB・F・スキナーという行動主義心理学者が似たようなことをして娘を廃人にしたみたいなつくり話があるけど実在の娘は健康的に幸福に育ったこと、
     20世紀前半に子育て理論家みたいで有名だった心理学者のジョン・B・ワトソン(ホームズとは無関係)の子供は全員うつ病になったと何故か書いている。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。