「息吹(テッド・チャン著)」⑦大いなる沈黙
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「息吹(テッド・チャン著)」⑦大いなる沈黙

2020-02-28 19:00




    ・大いなる沈黙  The Great Silence
    ・フェルミのパラドックスと呼ばれるものがあって、宇宙には知的生命体が満ちているはずなのに出会わない。これを大いなる沈黙とも呼ぶ。

     人類の知らないところで、地球にはもうひとつの知的生命体が存在していた。だが、今滅びようとしている。彼らは知的生命体同士の衝突を恐れて人類との接触を避け、知性を隠そうとしていたのだ。そして今、彼らは滅びようとしている。

     彼らは自分自身を特定する、生物学者がコンタクト・コールと呼ぶものを持っている。
     知的生命体たる条件の一つは、音声学習者であること。聞いた音を模倣して発音し、新たな音をつくることもできる。犬はいくつかの命令を理解できても自分ではその命令を発声することができず、知的生命体にはなれない。書いてないけどイルカも同じだろう。

     かつて人類との交流を試みた個体がいた。彼はアイリーン・ペッパーバーグという科学者(この人は実在の人物)と30年以上コンタクトを続け、自分に知性があることを理解させた。だが若くして世を去り、彼を引き継ぐものは出ていない。彼が死の間際にアイリーンに言い残した言葉は
    「あなた、いい人。愛してる」だった。

     今、彼の同族は彼らの文化や言語と一緒に滅びようとしている。彼らはアレシボの電波望遠鏡に、「あなた、いい人。愛してる」という人類に対するメッセージを残して去ろうとしている。




     この作品は映像につける字幕として依頼されたそうで、完成品はAllora&Calzadillaというアーティストの作品としてユーチューブなどで公開されているとのこと。たぶんこれだと思う。
    https://www.youtube.com/watch?v=U8yytY7eXDc
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。