「くりこさん、こんにちは(寺島令子著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「くりこさん、こんにちは(寺島令子著)」

2020-04-03 19:00



    ・くりこさんと陽一さんは京都に暮らす新婚夫婦。一つ屋根の下に陽一さんのお母さんも別居している(同じ団地の3階と4階。3階がお母さん)ので、何かと口うるさいがお互いに便利でもある。

     くりこさんは巨人ファンで陽一さんは阪神ファン。なので巨人阪神戦がある日の夜は険悪になる。

     陽一さんはもともと太っていてくりこさんは太っていく。二人ともビール好き。陽一さんはけっこうヘビースモーカー。

     くりこさんはズボラで大雑把。でも毎日陽一さんの弁当は適当に作る専業主婦。
    陽一さんも時々負けていないボケを発揮する、似合いの夫婦。

     四コマ漫画なのでひとつひとつレビューできないけど、そんな雰囲気でたまに読むと楽しい。

     京都の銘菓が作中もしくは巻末で紹介されている。

     イノダのコーヒー、雲龍(というアンコのカタマリみたいなお菓子)、ふたばの豆餅、稲房安兼 茶のだんご、越後屋多齢堂のかすていら、御倉屋の旅奴など。あと酒粕に白砂糖を乗せて二つ折りにして火であぶって食べるとおいしいそうな。



    出町ふたば
    https://mi-journey.jp/foodie/19803/
    稲房安兼
    http://www.inafusa-yasukane.com/
    越後屋多齢堂
    http://www.echigoya-kasutera.com/
    御倉屋の旅奴
    http://mikuraya.jp/?mode=f1

     また京の名所名物を毎回の表紙というか縦長の一コマ目で紹介。

     大文字送り火、伏見の酒蔵、高山寺参道、京都タワー、淀大根、伏見人形のおヒナ様、都をどり、上賀茂大田神社のかきつばた、北山杉、平安神宮、八坂神社のおけら詣り、北野天満宮の梅、哲学の道、ツツジの随心院、宇治の茶摘み、保津峡、琵琶湖疎水の水路閣など。
     

     著者の寺島令子さんはダドンのような眼をした独特のキャラクターで「チルドレン・プレイ」というデビュー作で評判になって、こんな感じの楽しい作品をたくさん描いている。
     ご本人も京都出身らしい。

     ご本人のツイッターを見ると今も元気に活動されている様子。
    https://twitter.com/Reikotera

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。