ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「グレイッシュメロディ(水樹和佳子著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「グレイッシュメロディ(水樹和佳子著)」

2021-06-14 19:00


    ・水樹和佳子さんは主にSF作品を手掛けて「伝説」「イティハーサ」で星雲賞を二度受賞した漫画家さんだったけど、諸事情で漫画家を事実上引退して今は別の仕事をされている。
     この作品は一度姿を消してから5年後にポツンと出版された、今のところたぶん最後の単行本だと思う。
     今は電子書籍で私の知らない作品集が出たりもしている様子なので、もしかしたら最後ではないのかもだけど、ネット上にきちんとした作品・出版リストが見つからないのでよくわからない。
     ご本人の漫画家時代のHPは今も残っているけど最終更新は2002年のまま。この本は2006年に出たけど特にHP上で紹介はされなかった。
     あとがきを見ると旧知の編集者がもう一度描きましょうよ、みたいに気長に口説いて日の目をみたようなことが書いてある。

    1.POPO
     13歳の少年が一応の主人公で、彼には弱い霊感がある。つまり霊が見える。彼には職業不詳の父親がいて、イケメンで細身だが身体は鍛えていてテレビや映画関係の仕事だと言っているのだが一度も作品を見たことが無いので、これはウソだろうと思っている。
     その割には収入はあるようで、仕事の電話の応対を聞いていると仕事してやってるみたいに態度がでかい。このあたりで思春期の少年は父親はおそらくいかがわしいけどよく売れるタイプの映像作品に出ていてそちらで売れっ子なのだろうと推理していて、その手のものにクラスメートが関心を持っても自分は近付かないようにしている。
     そんなわけで父親はどこに行くとも言わず自称仕事で長期間家を空けることも多く、母親は理由がよくわからないけど失踪して行方不明。そこでわりと大き目な家に父子で二人暮らし。買い物や料理など家事は中学生の少年がやらざるを得なくなっている。

     ある日酔っ払った父親が犬と女の子の幽霊と、主人公と同じような年頃の家出少年を拾ってくる。どこでどんないきさつだったかよく覚えていないらしい。女の子の幽霊は犬にくっついている様子。この犬を家出少年が拾って、その子が悪者にからまれていたのを助けてやったらしいのだが。

     少年は父親と一緒に女の子の幽霊を成仏させてやろうと、家出少年が犬を拾った場所に行ってみるのだが・・・
     父親は警察から不動産屋まで知り合いが多く、いろいろと顔が効く様子。

     子供の幽霊は持っているエネルギ―が多い。未来がたくさんつまっているから。成仏するときにはそのエネルギーをこの世に置いていく。何かに姿を変えて。

    2.サブ男につける薬
     主人公の少年は七年前にこの街に引っ越してきたらしい。父親は昔は警察官だった様子だが妻の家出を機に退職したらしい。その後映像業界に転職と本人は言うのだがまったく見かけない。家出少年は居ついてしまった様子でいつのまにか少年以上に父親の情報を引き出している。スタントマンなんでしょ、と聞いたが違うと言われたらしい。
     そこに父親が君のご両親と連絡がついたよ、引き取りにくるそうだと言ってくる。家出少年と書いたけど実は女の子だった。だが迎えに来たのは母親ではなく、代理人と称するキツイ女性。母親は心労で入院中で、代理人女性は母親がバレエ団にいた時の先輩らしい。
     家出少女はけっこう有名な俳優の娘だったとかでその俳優は父親とは面識があった様子。だがその俳優は昨年事故死していて、母親というのは亡くなる半年くらい前に結婚した若手女優で、その俳優にこんな大きな子供がいることは非公表だったとか。義母となった母親は少女に才能があるといってアイドルとしてデビューさせようと奔走していたらしい。

     そんなこんなで家出少女は出ていく。変装を解くとけっこう美人で、モデルもやっていたという。だが代理人が家出少女を連れていくと、母親が病院から姿を消したと騒ぎになっている。連絡を受けた父親は出かけて行って、母親の行方を捜すことになる。
     この件を通じて、主人公の母親が何故いなくなったのか、父親の仕事が本当は何かも聞かされることになる。

    ・苦手なもの
     4ページのオマケ漫画。父親の弱みをつかもうと、警察官時代の後輩だった交番のおまわりさんに話を聞きに行く息子の話。すると父の一番の弱点は自分だとわかる。


     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。