ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

「三つのスリル(手塚治虫著)」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「三つのスリル(手塚治虫著)」

2021-07-23 19:00
    三つのスリル|マンガ|手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL

     テストで一人だけ見事に0点をとり、教室で居残り勉強をさせられていたロッペイ少年は、トイレに行った時に廊下で立たされている同じ年ごろの少年・デルタと出会う。
     どうもデルタのいる世界とロッペイのいる世界は違うようで、デルタが0点をつけられた歴史のテストはロッペイの知っている歴史では全問正解なのだ。

     ロッペイはこの歴史、間違ってるよと指摘するとデルタはタイムマシンを持っていて、一緒に歴史修正の旅に出る。この修正が三つあって三つのスリルということみたい。

    ①恐竜時代に行って、いないはずの恐竜・オヤコドンを全滅させる。
    ②江戸時代に行って、宮本武蔵を勝たせる。パチンコで小次郎によそ見をさせる。
    ③大航海時代に行き、引き返そうとするコロンブスをアメリカ大陸に導く。

     だがここまで歴史を変えたことでデルタがぼくの両親が消えちゃったじゃないか、とロッペイにつかみかかる。

     というところで夢オチ。手塚さんけっこう夢オチ多いな。
    「夜よさよなら」に収録されている。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。