ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

寄生獣 感想(ネタバレ無し)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

寄生獣 感想(ネタバレ無し)

2014-12-05 21:43
    ・実写版寄生獣を見てきたので感想を書く。ネタバレ無しとネタバレ有りに分けるつもり。ただし、どちらも漫画版は読んでいるという前提で書きます。
     私がかなり漫画版を忘れてしまっているので、あまり詳細に比較とかはできませんが。
     ネットで情報しらべながら書けばより正確になるのであろうけど、とりあえず頭の中にある事だけざっと書いて、後で調べてわかった事を付け足す感じにしたい。

     まず配役の印象から。私は普段テレビを見ないので、あまり役者さんに詳しくない。なので名前の漢字とか間違ってるかも。

     主役のシンイチ。染谷将太。将太というと将太の寿司を思い出してしまうが、メンチカツが好物という設定。あ、これネタバレか?ごめんなさい。CMで雰囲気だいたいわかると思うが、まああんな感じ。絶賛というほどではないが、悪くはない。

     ミギー(の声)。舞妓HAAAAANの人。名前が出てこない。下妻物語にも凄いリーゼントで出ていたあの人。アニメ版では女性声優だが、こちらは男性。人それぞれ漫画を読んで思い浮かべる声は違うだろうから、どちらもアリと思うが、私は男性の声を思い浮かべていたのでこれでいいかな。阿部サダヲだ思い出した。

     村野里美。橋本愛。ちょっとイメージ違う。なんか橋本愛だと、人類側じゃなくて、あっち側のような気がする(あくまでも個人の感想です)。

     田宮良子。深津絵里。田宮良子は長身のイメージを持っていたので、ちょっと小柄な気がする。存在感はあったと思う。冒頭の予告にも使われているナレーションもこの人。

     シンイチの母。余貴美子。漫画だともっと若いような印象があった。なんか漫画より所帯やつれしている感じ。原作より子離れしていない感じ。

     島田秀雄。知らない役者さん。笑顔が自慢。漫画版でどんなキャラだったかあまり覚えていないが、これはこれで悪く無かったと思う。→東出昌大という人だった。活字に見覚えがある。ごちそうさんに杏の相手役で出てた人か。

     A。知らない役者さん。戦闘的で猜疑心の固まりで田宮良子のお腹の子の父。特に感想なし。→池内万作という人らしい。

     老刑事。園村準。原作の刑事どんな顔だったか覚えてない。

     若い刑事。知らない役者さん。上記に同じ。→山中崇という人ですって。

     里美のクラスメートの女生徒。知らない役者さん。丸顔ポニテ。シンイチと里美の仲をひやかすおせっかいというかお調子ものというか。脇役としては出番、セリフがかなり多いので、どこかの芸能事務所が期待の若手を押し込んだのか。だがこの役はキャリアに傷をw→今のところ公式サイトには誰なのか掲載されていない。

     政治家になる寄生獣。北村一輝。原作では実は人間だった人。原作より肉食系に見える。

     SAT隊長。一瞬だったのでよくわからなかったが、豊原ナントカさんかなあ?→豊原功補という人だった。これでコウスケと読むのか。

     最強の寄生獣、後藤。浅野忠信。五人羽織の奴。チラッと顔見せ。

     
     ラーメン屋。知らない役者さん。原作にはいなかったかも。→オクイシュージという人。舞台の人みたい。

     エンドロールのテロップは役者名だけで、役名はわからないが、ほぼこんな感じ。

     あとは寄生獣とか、寄生獣に食われる人とか、警官とか先生とか。

     役者さんで一人注目の名前が。田島令子。と言えば、バイオニックジェミーでエメラルダスでキングシーサー(を呼び出す巫女)。どの人かわからなかったのだが、年齢的に当てはまりそうなのは、田宮良子の母親かなあ?母親のカンで娘じゃないって見破る人。同姓同名の若い人だったのかもしれないけど。→ウィキや事務所のプロフィールを見てきたけど、特に記載が無い。やはり同姓同名の人なのか、私の見間違いか。
     田島さんが歌った バイオニックジェミーの歌、レコード持ってる。プレーヤーが無いので聞けないけど。

     →全然わからなかったけどジャーナリスト役で大森南朋も出てたようだ。原作にいたか覚えてない。

     その他公式サイトには出てるが登場しなかった(と思う)人が何人かいる。後編に出るようだ。


     ロケーション。実在なのか創作なのかわからないが、バス停には東福山とあった(と思う)。他にも電柱や駅などに結構名称が書かれていたが、覚えていない。
     全般的に地方都市のイメージ。ロケ地は三鷹市とか、東京近郊の地名が多かったと思う。


     CG。ミギー他寄生獣。一部は予告でも見れるが、悪くは無い。及第点ではないか。
    戦いのときの触手?の動きは、もっと早くてほとんど眼に見えないような印象を持っていたが、結構ゆっくりに見える。田宮良子が自分の力を示すシーンは素早くて良かった。
     ミギーはCGだけじゃなくて、腕人形みたいのも使ってるのかな?

     ストーリー。詳しくはネタバレ有りの方で書くけど、まあ上手くはしょった感じ。

     全体的な評価。漫画の実写化としては、上手く行っている方では。今回は前編なので、後編も見ないとなんとも言えない部分があるけど。某***ャマンとか**ルマンに比べれば数段上。それで喜んではいかんのだが。

     エンドロールの後に後編の予告があるので席を立たないように。

     眠くなったのでネタバレ有りは明日以降に。

     
     

     

     


     



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。