初不動
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

初不動

2015-01-28 06:00
    ・本日は初不動だそうだ。と手元の暦に書いてある。例によってはっきり知らない言葉なので、広辞苑で調べて見ると「その年の最初の不動尊の縁日。1月28日」とある。

     不動とか不動尊という言葉も、よく聞くけどちゃんと調べた事無いのでこれを機会に調べてみる。広辞苑でひくと「不動:動かないこと」。いや、そうじゃなくて「不動明王の事」こっちですね。

     私は不動明王というと、「阿」「吽」の金剛力士像みたいなものを連想してしまうのだけど、これは全然別のものみたいだ。知らなかった。お恥ずかしい。

     では不動明王って?いろいろ調べると混乱してしまうのだが、こんな感じの理解でとりあえず。会社でいえば部長、課長、係長・・・みたいな感じで「如来」「菩薩」「明王」「天」という、仏教の神様にも役職みたいな区分があって(仏教の絵本みたいなのでそんな例えをしている本があって そうか!と思ったことがある。それまでは 神様に格付けがあるという発想が無かった。特に「天」というのがよくわかってなかった。その本を探してみたが、タイトルも著者も覚えておらず、仏教で検索すると山のように候補が出てくるので見つけられない)。


    見つけられないと書いたが、多分これだ。手元に無いので確認はできないが。

     で、「明王」は下から2番目のグループに属する神様。不動明王は大勢いる明王さんの一人という事で、「すべての悪と煩悩をおさえしずめ,生あるものをすくう(デジタル版 日本人名大辞典+Plus)」とか、「悪魔を下し,仏道に導きがたいものを畏怖せしめ,煩悩を打ちくだく(大辞林)」とか、まあそんな役割らしい。
     明王の中では一番の有名人で、「五大明王」とか「八大明王」とか有名どころを集めた場合、その筆頭として扱われるらしい。この場合の顔ぶれは宗派によって違ったりするらしいが、不動明王がトップなのはどこも変わらないみたい。私はその顔ぶれを見ても不動明王以外は全然ピンと来ない。
     ちなみに私が間違って連想していた「金剛力士(あるいは金剛仁王)」はその下の「天」グループの神様だそうである。

     不動尊というのは不動明王とかお不動さんとか呼ぶのと同じような意味らしい。で、ご本尊として不動明王を祭っているお寺も、同じようにお不動さんとかなんとか不動とかなんとか不動尊とか呼ぶみたいだ。
     で、縁日というのは「神仏の降誕・示現・誓願などの縁(ゆかり)のある日を選んで、祭祀や供養が行われる日である」そうだ。単純に屋台が出る日というわけではないのだな。
     誰が決めたのか、どういう由来なのかは見つけられなかったが、なんとか不動の縁日は毎月28日と決まっていて、最初つまり1月の縁日を初不動、最後つまり12月の縁日を納めの不動とか言うそうだ。不動明王でなく観音様を祭っていれば初観音、天神様なら初天神、みたいに呼ぶらしい。もう過ぎちゃったけど8日は初薬師、18日は初観音、21日は初大師、24日は初地蔵、初愛宕、25日は初天神、だったようだ。全てに縁日があるのか調べきっていないが、月の後ろの方に縁日が多いみたい。初地蔵は4日というところもあったり、違う日にやるところもあるようだが。

     何とか不動で有名どころを思い出すまま調べてみると
     目黒不動
     高幡不動
     深川不動
     

     あたりでは28日に縁日をやっているようだ。今日は無理だが、土日が28日の月があれば行ってみようかな。べつにお不動様の縁日に限らずともいんだけど、縁日なんかもう何十年も行ってないし。

     子供の頃はよく連れて行ってもらった。今は無いような気がするが、白いホーローの洗面器にヤドカリを入れて売っていて(ヤドカリは滑って登ることができず、逃げられない)、よく買ってもらった。で 死なせてしまう。
     引越しをする貝殻が無くて死んでしまったヤドカリもいた。今思えば殺生な事をした。

     あの頃は子供向け月刊誌が隆盛な頃で、何故かそうした雑誌の付録だけ売っている屋台なんかもあった。定番のお面や綿菓子、ヨーヨー吊りや金魚すくいなどもあったけど、私はヤドカリと雑誌の付録が一番のお目当てだった。

     あとあれはなんと言うのか、ハシゴをカプセルみたいなものがカタカタ下りて来るオモチャがあって、買ってもらえなかったんだけど その実演みたいのはよく見ていた。

     調べてみたら 「はしごだるま」というのがあった。私が記憶しているのはダルマじゃなかったんだけど、おそらくこれの変種だろう。江戸時代からある玩具みたいだ。




     今も売っているお店があるようだ。
    http://www.inokuchi.net/p_win/33508.html

     あとこれも名前がわからないのだが、円形の線路を電車が走って、半分くらいはトンネルになっているオモチャがあった、いろいろ変形のパターンがあって、上を飛行機が旋回したり、走るのがバス?だったり、船?だったり、同じようなものをたくさん並べて売っていた。先のはしごだるまもそうだが、こうしたものを見かけたのはオモチャ屋さんではなく縁日の屋台ばかりだったような気がする。大手の玩具メーカーではなく、個人経営の町工場みたいなところで路上販売用に作っていたのだろうか。

     ネットに映像があった。ちょっと記憶と違うけど、この仲間。記憶では台座も円形だったが。懐かしい。



     https://www.facebook.com/masudaya1724/posts/699916523368285

     

      縁日に行って、万が一類似のものを発見したら買っちゃうかもしれない。

     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。