七夕と小暑
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

七夕と小暑

2015-07-07 06:00
    ・本日は七夕。子供の頃は七夕って、クリスマスとかに比べると、イマイチぱっとしないお祭りだった印象がある。
     短冊に願い事、というのも幼稚園でやったような気がするが、それ以降はやっていない。
     何の漫画だったか、年に一度しか会わない男女が、人のお願いなんか聞いている余裕があるわけないでしょ、というようなことを書いていて、ごもっともと思った。
     七夕当日は雨のことも多かった。これもどこでかはっきりしないのだが、本来の旧暦の7月7日は晴れが多く、その日は天の川に月が重なって橋がかかったように見えるのだ、とも読んだ事があって、なるほど、と思った記憶があるのだが、これも出典がはっきりせず、本当ではないかもしれない。

     七夕のケーキとか、特別な食べ物なども地方によってはあるのかもしれないが、バレンタインやクリスマスほど商魂たくましくは作られていないようだ。
     今ぐぐったら、そうめんとか「索餅(さくへい)」というお菓子を食べる地方もあるみたいだったが。じゃあ夕方スーパーに行ってそうめんが安かったら買ってみるか。


    (追記)
     スーパーで「七夕そうめん」なるものを売っていたので購入。そうめんコーナーはささやかだが七夕そうめん特集だった。


     「七夕わらび餅」なるものも発見。普段はこういうのは買わないのだが、ハレの日だから
    いいか、とこちらも購入。小学生の頃は、夏になるとリアカーみたいのでわらびもちを売り歩いているおじさんがいたっけ。




     本日は小暑でもある(そういえば夏至はブロマガに書くの忘れてしまった)。これから本格的な暑さがはじまりますよ、ということで、暑中見舞いも出してよくなるらしい。
     子供はそろそろ夏休みがせまってきて落ち着かないのかな。

     今年は今のところあまり気温が上がらず、半袖だと朝夕涼しかったりするが、それもいましばらくか。そういえばまだ蝉の声を聞いていない。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。