似てるけど違うもの
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

似てるけど違うもの

2016-06-03 19:00
    ・よくある例として「ひやむぎ」と「そうめん」の違いは、みたいな問題がクイズに出ることがある。
    日本農林規格(JAS)は、主原料に小麦粉と塩を使い乾燥させた「乾めん類」について「機械製麺の場合、長径1.3ミリメートル未満が『そうめん』、1.3ミリメートル以上1.7ミリメートル未満が『冷や麦』」と規定している。
     実際には上記に当てはまらない例(半田そうめん)などもあるらしい。詳細は以下HPで。
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDB18002_Y4A710C1000000/

    そんな感じで、そうだったのか~ と思った例をいくつか。

    ・「ダンボール」と「ボール紙」
    ダンボールは資源ごみで回収してトイレットペーパーか何かになるらしいが、ボール紙は
    雑紙扱いで、やはり資源にはなるが別ものらしい。
     これまでダンボールとボール紙を一緒に縛って出していて申し訳なかった。
     自治体によって扱いが違ったりもするみたいだけど中野区のがわかりやすかったので参考。
    http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/473000/d017567.html

    ・白熱灯と蛍光灯とLEDランプ
     別ものだというのは知ってたけど、蛍光灯は何だか水銀が有害だからということでそれだけ別に蛍光管として回収して、白熱灯はガラスとか金属とかと一緒に回収するところが多いみたい。蛍光灯も割れるとガラスになるとか?LEDはまだ載ってるところが少なくてよくわからない。

    ・「ジャバ」と「ジャバスクリプト」
     どっちもよく知らないんだけど全く別物だというのを最近聞いてへー、と思った。ただそれだけ。

     知らない事はたくさんあるが、全部覚えようとすると人生が終わってしまう。なるべくゴミ分別はちゃんとやるけど。VHSやDVDが燃えるゴミだというのも知らなかったな。

     タイトル間違ってたので修正。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。