小寒
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

小寒

2016-01-06 06:00
    ・今年はやけに暖かい年末年始だったが、本日(タイマー投稿なのでまだ本日ではないけど)は小寒で、一年で最も寒い時期の入り口、寒の入りの日。私は喪中の人には年賀状と一緒に出してしまうが、寒中見舞いは本来寒の内に出すものらしい。明日は七草。スーパーで売り出す七草セットが安くなってたら買う。
     7日は昭和が終わった日でもある。当日私は正月休みで大阪にいたのを覚えている。昭和64年、平成元年は1989年だった、というのがパッと出てこない。
     例年仕事始めは土日の恩恵で7日とか8日になる事が多かったように思うが、今年は4日が月曜日ということで、もう出勤2日目、3日目という人も多そうだ。
     もちろん年末年始休めない、郵便や鉄道、警察消防や報道関係の人もいる。神社仏閣は稼ぎ時だから仕方ないけど、お疲れ様です。
     コンビニも三が日くらいは休んでもバチは当たらないと思うのだが。どうも正月の店が閉まってしまうので準備をせねば、という緊張感みたいな、メリハリみたいなものがコンビニのおかげでずいぶん薄れてしまったようにも思う。そういう時代を知らない人には休むなんてとんでもないのだろうけど。せめてバイトの時給は大幅に割り増ししてあげてほしい。

    私はこのブロマガで暦の事を昨年の正月から書きはじめ、最初に二十四節気で書いたのは小寒だった。あちこち忘れちゃって抜けているけど、一応一年間暦について気にしてきたことになる。
     前回を見てみたら、やっぱり七草セットのことは書いてあった。恒例行事だから仕方ない。

     どんな日、なんていう説明はだいたいネタ本から引っ張っている。ネタ本は一つではないが、メインにしているのは以下のもの。他に某神社の発行している暦なども参考にしている。


     この手の本は一気読みするよりも、日々の季節のうつろいに合わせて読んでいくのがいいように思っている。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。