映画「シンドバッド・魔法のランプと動く島」(ちょっとネタバレ)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画「シンドバッド・魔法のランプと動く島」(ちょっとネタバレ)

2016-01-22 21:07

    ・日本アニメーション40周年記念作品・三部作の二作目。昨年12月公開予定が、1月に延期され、宮下新平監督が47歳の若さで急逝されたという情報もあり、ここまで来るのにいろいろと困難があったのではと思う。
     映画の最後に「宮下新平監督に捧ぐ」とのテロップが出る。ご冥福をお祈りします。

    公式サイト。
    http://www.sinbad.jp/

     内容についてはタイトルや予告で結構ネタバレしちゃってるので、ほぼ大人には見当がついてしまうが、子供にはまた違うかもしれない。

     キャラクターにしても設定にしても話にしても、どこかで見たようなものが寄せ集まっている感じで、私なんかが子供の頃の東映まんがまつりってこんなんだったよな、と同世代の人は思うはず。そう考えると、これは最近のもののパクリではなくて、源流が今も枯れず生き残っている、というべきかもしれない。

     前作を簡単におさらいすると、母一人子一人である土地に暮らすシンドバッド少年(父親は船乗りで、海に出たまま帰って来ない)が、たまたまあるお姫さまを助ける。空飛ぶ馬に乗っている魔法族という特殊な力を持った一族のお姫さまだが、彼女を追って来る空飛ぶジュータンに乗った悪者といろいろあって離れ離れになる。入港していた船長の船に乗せてもらうことになり、母親に別れを告げて故郷を離れる。お姫さまも偶然その船に救助されて、一同彼女の一族がいたはずの島へ。悪者たちも潜水艦で追ってくる。お姫さまはなかなかうちとけず、名前も映画のラストまで言わなかったが、彼女がようやく心を許して、シンドバッドに名前を教えるあたりで終わる。

     今回は(以下予告に無いネタバレ部分は文字を白くしてあります)嵐にあって船に修理の必要が生じたため、その時悪気は無いのだが、船のみんながお姫さまの魔法でちょちょっと直してくれ、みたいな事を言ってしまう。お姫さまの表情は曇るが、誰もそれに気付かない。
     ある島に立ち寄った一行だが、お姫さまが何かを感じて島の奥へ行ってしまう。シンドバッドと、もう一人の子供、アリも彼女を追う。どうも彼女の一族が残した魔法のランプがこの島にあるらしい。そこにお約束の悪役もやって来る。今回は第一作で一番偉そうだった悪者のさらに上らしい黒幕が登場。スターウォーズで第一作ではダース・ヴェイダーしか出なかったけど、二作目では銀河皇帝が登場したような感じ。ただ、この黒幕、映画の中では最初は顔を映さないようにしているのだが、予告ではいきなり顔出し。イイノカナ~。渚カヲル君みたいだな、と思ったら声も同じ人だった。
     大人たちは子供たちが勝手に船を離れたのに気付かず出港してしまい、その隙に悪者に子供たちだけ捕まってピンチになるが、突然島が揺れ出し、巨大な怪物も登場する。
     何故島が揺れたかというと・・・(その理由がわかるところの絵柄でちょっと笑ってしまった)海のトリトン(アニメじゃなくて手塚治虫の漫画版の方)のガノモスを思い出しました。
     結局悪者は退散してランプは手に残る。お姫さまと黒幕は旧知の間柄で、その会話を通じて彼女の過去が少しシンドバッドにわかる。
     悪者がこの時に、さっさと魔法を使ってみせろ、魔法族は人間では無い、みたいな事を言い、シンドバッドは自分が魔法で何とか修理を、と言った事が彼女を傷つけていたと自分で気付く。
     島は沈むが、ある生き物にお姫さまが話しかけて助けてもらい、無事一同は彼らがいないのに気付いて戻ってきた船に救われる。
     船長は子供たちに、勝手に船を離れた罰として、夕食抜きだ、と叱りつけるが、これまでお客さん扱いだったお姫さまは、他の二人と同じように自分も一緒に叱られて罰を受けたことがちょっと嬉しい。

     次回予告によれば、魔法族の秘密がわかるらしい。五月公開と言っていたけど、大丈夫かな?

     いろいろ心配なのは理由があって、
    ・前回もそうだったけどパンフが作られていない。経費節減なのか?
    ・チラシが前回より小さく、ハガキサイズのものになってしまった。経費節減なのか?
    →(1月25日追記)違う上映館では普通サイズのチラシもあったそうなので、2種類
      作ったのであれば
    それだけ気合が入っていたのかもしれない。失礼しました。
      普通サイズ欲しかったなあ。

    ・前回はノベライズ版が劇場でも売っていたんだけど、今回無い。本屋で探してもアマゾンで
     探しても見つからない。もともと12月に映画公開と同時発売だったはずだったのだが、
     執筆が遅れたのか、1作目売れ行きがかんばしくなく発売されなかったのか・・・
    ・第一作のDVDも出たはずなのだが、劇場に置いていなかった。前作のノベライズと
     DVDは売店に置いてもよかったのでは。商売っ気がありすぎるのもアレだけど、ここまで
     無さすぎるのもちょっと。
    ・映画ポスターがよく見えないところにしか貼ってない。
    吹き抜けのこんなところに。よっぽど眼が良くないと・・・

    エスカレーターから撮ってみました。

    もう一回。ほんの一瞬しか見えません。

    バス停にも貼ってあったが映り込みが激しい。
    角度を変えても同じ。

    ・上映館も少ないが、上映回数も少ない。子供を狙うなら、午前中だけでなく午後の上映回が
     もう少しあってもいいのでは。専業主婦じゃないと子供を連れて行くのも難しい時間帯。
     社会人のアニメファンが会社帰りに見るのも難しい。
    ・観客私含めて5名だった。うち子供1名。まあ平日昼間というのもあるんだろうけど。
     これは地元の幼稚園とかにもっと営業すべき。
    ・同じショッピングモール内の本屋でもDVD展でも関連フェアとか何もやっていない。
     配給会社なのにィ

     少し希望もあって、
    ・今回はグッズがあった。クリアファイル2種、

    クリアファイルと、ハガキ大になってしまったチラシ。細かすぎてあちこち字が読めないw

    ポストカード2種(3枚1組が2セット)、
     アクリル製のストラップみたいのが6種類。前回はあったのか気付かなかった。
     但し、ポストカードは同じ絵柄しか見えず、買わないと中身の違いがわからない。一応
     両方買ってみたが、もう少しいい絵柄があるでしょう!


     左がAセット、右がBセット。買う時に見えるのは1枚目だけで、これは両セットとも同じ絵柄。キャラクターが出ている1枚はともかく、ランプと島と(タイトル回収だけどさ)暗い中の後ろ姿って・・・それともこれも買ってのお楽しみで、他にもいろいろ絵柄があるんだろうか。ならハズレってことでいいけど、妙な商売っ気出さなくても・・・
     ストラップは買わなかったけど、黒いカプセル入りで絵柄は選べないみたい。こういう
    所で妙な商売っ気出さなくても・・・ちゃんと中身を見せて売ってもバチは当たらないと
    思う。ポストカードもバラ売りでいいのでは。
    ・上映館に、品川プリンスシネマが入っていた。前回は無かったと思う。だがガラガラかも?
    ・観ていた子供さんが、次回予告を観て、また連れて来てね、とお母さんに言っていた。

    ・第一作のDVD。仕方ない、今後の支援のために買っておくか・・・


     お急ぎ便を頼むと勝手に登録されてしまうという悪名もあるアマゾンプライム会員だと
    無料で見れるらしい。
    http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%89-%E7%A9%BA%E3%81%A8%E3%81%B6%E5%A7%AB%E3%81%A8%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AE%E5%B3%B6-%E6%9D%91%E4%B8%AD%E7%9F%A5%E3%80%80/dp/B016POJ82A/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1453461871&sr=8-2&keywords=%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%89+%7E%E7%A9%BA%E3%81%A8%E3%81%B6%E5%A7%AB%E3%81%A8%E7%A7%98%E5%AF%86%E3%81%AE%E5%B3%B6%7E

    第一作のノベライズ。続編情報が見つからない・・・


     主題歌CD


     第一作目について書いた私のブロマガはこちら。
    http://ch.nicovideo.jp/metabou/blomaga/ar825442


     第三部上映時には、一、二作目の同時上映とか、全3時間だと子供にはつらいかもしれないのでおさらい的に一時間ぐらいに再編集したものとかを一緒にやるとか、工夫してほしい。
     知名度が低すぎるので宣伝ももっと必要と思う。 公式ページを見るとスマホ関係ではいろいろやってるようだが、そちらは私は逆にわからないのでスミマセン。
     ドラえもんとかポケモンの上映館で予告してもらうとかは予算的、系列的に難しいのかな。私でよければMMDで支援動画くらい作るけど。集客力は無いですけど。
     ノベライズやDVDも今後もちゃんと出ますように。

     第三作の公開を待っています。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。