MIDIキーボード漂流記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MIDIキーボード漂流記

2020-01-18 12:40
    DTMをするにあたって必須な物として、PC・DAW・オーディオインターフェイスに次いで上がるのがMIDIキーボードだと思います。マウスでの入力だけでもDTMは出来ますが、鍵盤があった方が何かと作業も捗ります。自分もこれまで何度か鍵盤を購入してきました、それを振り返って見ますと・・・
    Roland JP-8000

    こちらはPCでのDTM以前、単体MTRとMPC2000で音楽制作をしていた時期に購入しました。所謂ヴァーチャルアナログシンセで、単体のシンセサイザーとして買った物ですがPCに移行してからも入力用として使っていました。引っ越しを決めた時に部屋のスペースの問題から手放す事になりました…その時期は少しDTMから離れていたというのもあります。

    そしてDTMに復帰しようという時に、取りあえず買ったのが
    KORG nanoKEY

    非常にコンパクトで安価な製品で、正直まともに演奏するのは難しい。しかしこれでも有ると無いでは大違いで、結構曲作りに使ってました。しかし買って3ヵ月程で一部の鍵盤が反応しなくなり使い物にならなくなりました。まあ如何にもチープな物だったので余りショックでは無かったです。

    もう少しちゃんとした物を使おう思い、次に入手したのが…
    KORG microKEY



    同じKORGの製品でミニ鍵盤37鍵の物ですが、こちらはちゃんと演奏が出来る!サイズも場所を取らないし、かなり気に入って使っていましたが…USBケーブルを付けたまま運んでいる時に、ケーブル側から落下させてしまいオシャカに。分解して見たら基盤が割れてました(泣)

    かなり短期間に2つも壊してしまい、ちょっと落ち込みましたが、気を取り直し次のMIDIキーボードを購入しました。
    M-AUDIO AXIOM25

    この頃になるとPCのスペックも上がり、ソフトシンセのパラメーターをリアルタイムで動かしたいと思うようになり、ツマミの沢山付いた多機能な物を検討して、これを買いました。値段や大きさを考慮した結果25鍵のモデルにしたのですが、しばらく使ってみてこれは失敗だったと思いました。25鍵(2オクターブ程度)だと、選んだ音色の音域が鍵盤からズレている事も多くあり、オクターブボタンを何度も押す羽目になります。基本的に片手での演奏になってしまうのもマイナス点でした。加えてこの製品はドライバーに不安があります。Windows用ドライバーは2010年から更新がありません。2010年と言えばWindows7の時代で、それにもかかわらずメーカーサイトではWindows8や10にも対応しているように書かれています。しかし実際Windows10でも動くには動くんですけどね…。ともかく数年来鍵盤数の少なさに不満を抱きつつ使用してきましたが、オーディオインターフェイスも新調しモチベーションが上がっている今!MIDIキーボードを買い替える事にしました。

    と、その前に番外編として、こんなのも買ってました。
    KORG nanoKEYstudio

    これはスタジオやライブ、その他様々な出先に持ち出して使おうと思い買った物。Bluetoothによりワイヤレスで使える所に魅力を感じたが、電池を食うので結局USBケーブルでつないで使う事が多いです。演奏性は初代nanoKEYよりは若干マシな程度。真ん中のタッチパッドが楽しい。

    本題に戻ります。今回MIDIキーボードを買うにあたって検討を始めると、幾つか候補に絞られてきました。
    Native Instruments KOMPLETE KONTROL A49
    M-AOUDIO Oxygen 49
    NOVATION LaunchKeyMKⅡ49
    NEKTAR Impact LX49+
    2万円程度まで、49鍵以上、ツマミが付いている、デスクの下に入るように横幅90cm以下の物。以上が選択の条件でした。田舎住いなので最寄りの楽器屋さんに行っても国産メーカーの物しか無く比較が出来ないので、ネットで検索しまくって比較検討しました。

    比較を初めて直ぐにNIの KOMPLETE KONTROL A49 が第一候補に上がりました。NI社のKOMPLETEを持っているので、それに入っている音源をスムーズに操れるようになるのは非常に魅力的です。しかし自分の使っているDAW Cubaseとの連携は”対応予定”となったまま放置状態のようで…。正直この一点が解消されればこれを買っていたのですが、どうしても引っかかるので別の物を検討、そこで急浮上してきたのがNEKTAR Impact LX49+でした。
    具体的には下記のサイト
    https://www.dtmstation.com/archives/51997422.html
    こちらで使用感が詳細に描かれていて、各主要DAW用の設定プログラムが用意されておりCubaseとの連動も簡単に出来そうだったので、読み終わった時にはこれに決めていました。(藤本健の文章力恐るべしと言うべきか?)

    NEKTAR Impact LX49+

    実物は非常に軽く若干チープな印象ですが、鍵盤の感触等は自分には充分弾きやすく感じます。しかしユーザー登録や設定プログラムの導入には一苦労ありました。まず入っていた紙に従ってユーザー登録をしましたがそのサイトにはDAWと連携が出来ると書いてはありますが、どうやってやるか説明が全くありません。改めて見るとそこは日本代理店のサイトで、設定プログラムのダウンロードはNEKTAR本社サイトでのユーザー登録が必要でした。この辺りは日本代理店のhookupさん、もっと分かり易くしてほしいです。

    改めてNEKTAR社でユーザー登録と製品登録をすると、仕様DAWを聞かれるので自分の使用しているDAWを選択、するとプログラムがダウンロード出来るようになります。完全に英語のみのサイトなので自分は少し入力等に時間が掛かりましたが、全体的には結構簡単に出来ました。
    使用感はまだ少ししか触ってないですけど、49鍵なのでオクターブボタンを頻繁に押す必要が無くなったのはもちろん、トランスポートとフェーダー、VSTインストのフィルター周りやエンベロープが面倒な設定なしで連動するようになったのが単純に嬉しいです。ただサードパーティーのVSTには簡単設定は適用されないので、Native Instrumentsの音源を使う事の多い自分としては、KOMPLETE KONTROLがCubaseに対応したら買い替えてしまいたくなりそうな予感はあります。

    しかしNEKTARって今回初めて知った会社なのですが、主なDAWにきちんと対応したプログラムを用意している辺りかなり好感が持てます、かなり気に入りました。日本代理店はちょっとあれですが…


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。