NBAの視聴環境について(2019-20シーズン)※10月末まで年間契約半額キャンペーン実施中!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

NBAの視聴環境について(2019-20シーズン)※10月末まで年間契約半額キャンペーン実施中!

2019-10-19 00:28
    おはこんばんちは、メッタです。

    八村塁のNBAドラフト1巡目指名や、日本代表の躍進でバスケットボール界がかつてないほどの盛り上がりを見せる中、いよいよNBA2019-20シーズンが近づいてまいりました。
    昨年の今頃も「日本でNBAを見る方法」についての記事を書きましたが、今回少し仕様が変わりましたので改めてその放送について最新情報をお伝えしたいと思います。
    10月末までしか適用されない半額キャンペーン等もありますので、少しでも八村やNBAに興味のある方は必ずチェックですよ!
    Bリーグの視聴環境まとめはこちらを参照

    2016年頃まではNHKBS1やWOWOWなどで見ることができましたが、2017年10月に楽天が日本国内の配信等における独占権を獲得したことで、実質テレビでの観戦は不可能になっています。
    昨シーズンはRakuten TVと契約するかこれまで通り本家のリーグパスを契約するかの2択だったのですが、今回はなんとリーグパスも楽天の運営となったことで選択肢が自動的に1つとなったのです。

    ちなみに、「今までテレビで気軽に見れたのがお金を払わないと見れなくなった」ことに対する不満はいまだにあります。それは私自身もBSがきっかけでNBAにハマった経験があるので気持ちはものすごく分かりますが、放映権料がインフレ化しているメジャースポーツを実質無料で放送することは不可能に近いのでものだと思うので仕方のないことだと思います。
    ちなみに、NBAと全米向け放映権(ABC、ESPNなど)の契約は2016-17シーズンからの9年間で約240億ドルだそうです。
    こんなん、並みのテレビ局や企業が手が出せるわけがありません。
    MLBやNFL等の事情までは詳しくありませんが、NHKはよくお金払い続けているなと思いますよ…(笑)
    ネットで気軽に見れるメリットと、テレビで録画ができなくなったというデメリットの天秤は人によって違うと思いますが、大事なのは「好きなコンテンツには喜んでお金を払う」という気持ちだと思っています。もちろん画面越しだけでなく、現地観戦だってチケットやグッズにはどんどんお金を落としてほしいです。
    (なおYouTube等のハイライトだけで満足する人もいると思いますが、1試合を通して見る方が間違いなくおススメです。試合の流れも含めて楽しめますし)

    え?気持ちでお金は出てこないって?
    学生さんは親を説得すればいいし、大人はほんのちょっと頑張って働けばいいだけですよ(辛辣)。


    すいません前置きが長くなりました(^^;

    ここからRakuten NBAの解説と契約方法をさせていただきますね。
    まずはこちらにアクセスを。
    https://tv.rakuten.co.jp/static/nba/rakuten/2019/

    しばらく下にスクロールすると、各契約プランの詳細が出てきます。



    どのプランを選ぶかは本当に好みの世界です。
    ただ、今回おすすめしたいのは間違いなく…

    LEAGUE PASS

    です。

    何と言っても、10月中に契約すると通常年間で2万円かかるリーグパスが半額の1万円で契約できるんですよ!
    (来季以降は2万円のようです)
    また、BASIC PASSでもそうですが月額より年額の方が間違いなくお得です。
    NBAのシーズンはファイナルまで含めると10月から6月までですから、提示された月額×9ヶ月だと年額より高くなってしまう計算になっています。

    いずれのプランを選んだとしても、ひとたび契約すればPC、スマホ、タブレット、さらにPS4からでも視聴でき、chromecastでテレビにつないで大画面観戦することも可能となります!
    もちろんシーズン途中からの契約もOKですし、年額だけでなく月額も選べますが、キャンペーンのことを考えると10月中に契約しちゃった方が絶対にマシです。

    【注意事項】
    ●2018-19シーズンまで本家のNBA LEAGUE PASSと契約していた方は自動更新されず、Rakuten NBAと改めて契約手続きを行う必要があります。
    ●2018-19シーズンまで「Rakuten NBA Special」を年額契約していた方は、自動的にRakuten NBAの「BASIC PASS」に移行しているようです。
    詳細はこちらのヘルプ記事参照
     なお、近日中にBASIC PASSからLEAGUE PASSへの乗り換えを行うことも可能となるようで、10月中に手続きを行えば上記の半額キャンペーンが適用されるとのことです。
    詳細はこちらのヘルプ記事参照
    ●楽○が嫌いな人は我慢してください。これは運命です。ジャパンゲームもこの企業のおかげで開催できました。文句なら某ミッキーに…おっと誰か来たy(ハハッ

    登録が完了しましたら、いよいよ快適なNBA観戦ライフの始まりです。
    スマホのアプリで見る方は専用アプリをインストール。
    Webの方はまず↓のURLをブックマークしてください。

    https://nba.rakuten.co.jp



    こちらがWeb版のTOPページです。
    画面キャプチャーなので真っ暗になっている部分がありますが、本来はここにハイライト動画が流れます。

    BASIC PASSの場合は、「BASIC」というタグがついたカードしかフルゲームを見ることができません。
    なお、日本語実況がつくのはこのBASIC PASS対象試合です。
    (英語実況も選択可です)

    【リーグパスを使いこなすためのコツ】
    無理して全試合見ようとしないことだと思います。
    ライブ観戦が一番の醍醐味ではありますが、空いた時間や移動時間などを利用して過去の試合をまとめて見る使い方だって非常に有効ですし(ライブチャットには参加できませんが)、朝起きた直後、寝る直前にまとめてチェックする…など皆さんのライフスタイルに合わせてうまく活用していただきたいと思います。
    また、アプリで見る方はデータ通信量が気になることもあると思いますが、ダウンロード機能もありますので自宅などWi-Fiのある環境で過去の試合をダウンロードしておけば出先で通信制限を気にすることなく快適に観戦できますよ。

    また、BS1やWOWOWで実況・解説をしていたフリーアナウンサーや塚本清彦さん、中原雄さん、佐々木クリスさんといったおなじみの解説陣が日本語実況を担当し、ゲストでは水野裕子さん、BOSEさん、ハリー杉山さんなどの通称「賑やかし軍団」が盛り上げてくれ、定期的に配信される「俺たちのNBA」という居酒屋コンテンツもあるので(笑)、リビングでくつろぎながらバラエティ番組を見ている感覚で彼らがあーだこーだ言っているのを楽しむこともできると思います。ライブで見ている人は、すかさずSNSでツッコんだりね(笑)


    ということで、皆さんもNBA Rakutenを活用してNBAライフを満喫してくださいね!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。