艦これ設定 世界編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

艦これ設定 世界編

2017-01-18 16:57

    妄想度数100%です。
    「てめえの妄想なんかに付き合ってられっか!」な方は、ブラウザをバックするか、
    このページを消すかして頂くようお願いします。
    それでもよろしければ、このまま下へスクロールして下さい。




























    艦これの世界は20XX年の近未来が舞台となっており、我々が住む現実世界の延長線だが、
    よく似て非なる世界である。
    地名のみが現実と少し異なっている(例:現実「キスカ島」 艦これ世界「キス島」)
    それ以外は辿ってきた歴史も概ね現実と同じである。


    西暦20XX年4月23日。この日、突如として地球全土が謎の電波障害に覆われた。
    専門家達にも原因不明なこの電波障害によって、世界中のあらゆる長距離無線通信が
    ノイズ混じりで使用不能となり、さらに海底ケーブルも原因不明の断絶トラブルが発生し、
    連絡手段は極狭い範囲での無線通信と限られた有線通信のみとなり、各国は連絡も連携も
    まともに取れない半孤立状態になり、世界は未曾有の大混乱へと陥ってしまう。
    後にこの電波障害と海底ケーブルの断絶の原因は深海棲艦によるものと判明する。
    電波障害は正確には電波障害ではなく、深海棲艦から発せられている怨念の類である。
    ノイズのように聞こえるが、実は一定のパターンがあり言葉が発せられていることが分かる。
    ただし、普通の人間がこれを聞けばそれだけ精神が崩壊し、廃人と化してしまう。
    一種の呪いと言ってもいい。


    さらに電波障害発生と時を同じくして、この日世界中の海域を航行中の船や飛行機が、
    突如、原因不明のまま消息を絶つ事件が起こっていた。それも民間だけでなく、巡視船や
    潜水艦、軍用機までもが行方不明となる大事件だったのだが、先の電波障害の影響で
    それどころではなく、軍の機密にも触れるということもあって、多くの人の目から逸れて
    しまい、この事件は関係者の間でも極僅かしか知られず、行方不明者の捜索も、原因の
    究明もされることはなかった。
    もちろん、これも深海棲艦の仕業である。通信手段を絶たれた船や飛行機は救難信号も
    出せぬまま深海棲艦によって攻撃され、多くの人命が失われた。


    さらに深海棲艦は世界中の港や島にも攻撃を開始し、多くの町が破壊され、人類の経済活動は
    一部の先進国以外はほとんど機能が停止させられてしまった。
    世界は故郷を失った難民で溢れ、海洋資源が獲得出来ないことによるエネルギー不足問題、
    困窮する食糧問題、暴動と略奪で悪化の一途を辿る治安。特に日本は、近年ようやくメタン
    ハイドレートの実用化と輸出に成功したばかりだっただけに海洋封鎖のダメージは深刻な
    レベルである。
    メタンハイドレートの実用化ということもあって、かつて科学水準は現実より進んでいたが、
    生活や文化水準は深海棲艦による攻撃もあって現実よりもかなり低下している。
    人類の生活圏も深海棲艦の攻撃を恐れて、なるべく海岸線から離れた内陸部で生活している。


    補足説明
    電波障害(深海棲艦の呪い)については計器も羅針盤も狂わされてしまうので、
    目的の場所にたどり着くには困難を窮める。ゲーム中で航路の指示が出せず羅針盤が
    荒れ狂う理由付けとしている。
    任意分岐については通信技術の進歩によって、近距離までなら司令部から直接指示を出せる
    ようになったから、ということなら無理なく説明できるかな。


    次は艦娘の設定について書いていきます。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。