ClariS TV #3より カレンがborderについて語っている部分の文字起こし
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ClariS TV #3より カレンがborderについて語っている部分の文字起こし

2020-10-27 00:52
    YouTubeにて期間限定で2020/10/16に配信された【ClariS TV #3】(https://www.youtube.com/watch?v=mETtyQY4XCo)において、4:30ごろからClariSのカレンが10周年記念ベストアルバムのPink Moon盤収録曲の中で最も思い出に残っている曲としてborderを挙げて語っていたので、該当部分の文字起こしです。
    数あるmeg rockの作詞提供曲の中でもborderは特に素晴らしいので皆で聴きましょう。

    ↓↓以下該当部分の文字起こし↓↓

    カレン:

    デビュー曲っていう意味も含めて、私は"border"がいちばん思い出に残っていて、というのも私はもともとすごくアニメが好きで色々観てたし、特に「〈物語〉シリーズ」なんてね、最初から観てたから、最初のタイアップいただいた曲から好きなアニメの歌が歌えるなんて思ってもいなかったし、当時はそれにすごく感動したし、嬉しかったなっていう思い出が残っていて、それにこの"border"っていう曲の歌詞はですね、サビですごく私は衝撃を受けたんですよ。

    "君のいない そんな世界になって はじめて 今日という日を 後悔するなんて 嫌だ

    今 しかない いつだって 知ってたのに 今日も 云えなくて"

    っていう歌詞を歌いながら、すごく自分に向けても歌ってるように感じていて、だからこそ、思ったことを思ったときに伝えなきゃ、過ぎ去ったときじゃ遅いんだよ、っていうのをね、すごくメッセージ性のあるものを自分にももらったし、そこからClariSとして活動していく中で、ファンの皆さんだったり、支えてくださるスタッフの皆さんだったり、それこそクララだったり、自分が思っていることはちゃんと伝えていこうっていう、そういう気持ちにさせてくれたのがこの曲だったから、とても素敵なメッセージをもらった曲だったから、カレンはこの曲がいちばん思い出に残っています。


    クララ:

    いいよねー。私もこの楽曲はメッセージ性がすごく強いから、いつもライブで歌って盛り上がる曲なんだけど、盛り上がりつつ、その感情をみんなとも共有できている感じがあるから、すごく特別な楽曲だなあって思ってます。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。