麻雀での技術的失敗とかいろいろ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀での技術的失敗とかいろいろ。

2014-07-27 01:13
    ワタシはネット麻雀(特に東方幻想麻雀4N)を打ってますが、自分で打ってたり他枠見てたりで気付く失敗をちょっとまとめてみました。

     ただ、キルトクール・ハルトフールのようなミスチョイス・仕方ないタイプの失敗を書くとキリがないので、麻雀の技術的な失敗を書いてます。



    ①ドラ表示牌見てない初手ドラ打ち
     ノーコメント。自分で何度もやっとる…。

    ②他家の鳴きに目が行き過ぎて別の黙聴に振る
     染まってると気になる。卓が地霊殿とかだと手牌オープンに目が行き過ぎたり。

    ③トップ目オーラスで手役出来ててリーチいらんのに良型待ちだったのでリーチ
     無理しなくても流せばいい。聴牌即リーがクセになってます。

    ④残り1~2巡なのにで逆転見込みなしの安手愚形リーチ
     これまた聴牌即リーがクセになってます。千点供託する作業。

    ⑤トイツ落とし・ターツ落としする時、2枚目をきっちり処理せずに引いた牌うっかりツモ切り。しかもツモ切った牌の方が危険度が低い牌。
     1巡で場は変わるため、使えなくなった牌は早いうちに切るべし。
    例:2479m45678p22345sという手牌から9mを切り、
     →次巡、場に3枚見えてる西ツモしていらないからとツモ切り(これがミス)
     →その巡目に他家リーチかかって7m切れねぇ何切るよ?(´・ω・`)

    ⑥早い巡目のペンチャン落としで、リーチもないのに外から切っている
     ペンチャン落としは通常2→1、8→9と切るべき。基本は内側の方が危険になりやすい。
     13や79のような端のカンチャンは1や9から切ると4や6引きによる両面へ進化する場合があるため外から切ることが多いが、ペンチャンは進化しないため内から切る。
     (但し12455mのように変化がある場合の12とかだと話は別だが)

    ⑦ピンフはオタ風がアタマにできるのにトイツ落とししてしまい、アタマ作るのに悩んでいる
     字牌はダメと思いがち。役牌はダメだが場風でないオタ風はOK。
     大抵リーチ掛かるまでに1枚は場に切れてて振り込む相手はチートイや国士くらいしかないため、相手の立直に対応した安牌として使えるし、リーチ者の風牌でなければ一発消しアシストにもなる。

    ⑧自風牌1枚しか持ってないのに持ったまま中張牌を先に切る
     手や状況にもよるが、染め手でもない限り手が狭くなるので苦しい。


    一部は状況にもよりますが、こんな感じでしょうか。
    ⑥とか異論ある人もいそうだけど。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。