矢田寺のあじさい、大宇陀の重伝建(その2)。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

矢田寺のあじさい、大宇陀の重伝建(その2)。

2015-06-21 12:24
    その1より。
    矢田寺を後にして、
    奈良県は大宇陀の重要伝統的建造物群保存地区(略して重伝建)を見てきました。
    時間的に遅かったのでお店は閉まってましたが、建物をぐるっと。

    入口の看板。松山地区というらしい。


    上の看板の森野旧薬園。小石川植物園と並ぶ日本最古の薬草園とのこと。


    開いてたら入ってみたかった。


    吉野葛を作っていたのかな?


    セピア風に撮ってみる。



    旧型ポストもまだまだ現役。デザインはこっちがいい感じ。



    結構変わった看板。


    上に樽。



    なお裏側には「酒」と書いてました。


    路地。


    薬の館。薬問屋の細川家住宅を改修した建物なんだとか。


    看板にも豪華な屋根が付いている。
    他の地域ではワタシは見たことないですね…。
    気付いてなかっただけかもしれませんが。

    看板の豪華さで店の大きさを誇示していたのかな?


    付いてたランプが時代物。



    前からたまに見かけて気になってる木のこれ。なんだろ?陰干し用?


    松山地区西門。
    宇陀松山城下に向かうためには宇陀川を越える必要があり、その入り口となった門らしい。

    雨降ってきてレンズに水滴が。

    この一帯は織田信長の次男信雄が所領していたとのことです。
    吉野・伊勢と奈良盆地の交易路のため市場として栄えたんだとか。


    浄土真宗、万法寺。屋根に注目してたから写真としてのバランス悪くなった感

    瓦の狛犬と、桔梗紋。
    桔梗は織田家の家紋ですな。






    今回は屋根瓦に注目してみました。
    家紋とか結構楽しく見てるのでいいねぇと思いつつ

    水?苗字が水か、水道絡みか…。
    そもそもこの辺だといつごろ水道ができたのかな


    よ、読めない…。
    卒?夲?



    福?


    ここは家紋っぽい。
    後で調べて分かりましたが、「丸に九枚笹」という家紋とそっくり。


    葉っぱから察するに菊の花。



    これは「丸に立澤潟」という家紋そっくりでした。



    にゃーん。


    目つきは悪かったw



    万法寺の鬼瓦。



    梅?
    これまた調べると「丸に加賀梅鉢」なんだとか。


    葛のお店。


    小さ目な鬼瓦。変わった位置についてました。


    今回はアジサイと屋根に注目した旅。
    お疲れ様でした。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。