• 公然の秘密

    2019-02-09 22:32

    誰もがわかっているけれども、口に出さないこと。無いこととしていること。

    これは大きな闇の話なのですが
    戦後に活躍した作家の安部公房の小説に「公然の秘密」という小説があります。
     
    ストーリーを簡単に説明すると
    橋が架かっている水路から、ある日腐りかけた小象が這い出してきて街を練り歩きます。
    その小象の存在は、街の誰もが知っていましたが、無いものとして生活していました。
    小象が水路から這い出たことにより、問題が表面化し、直面しないといけないという話です。
     
    これは「笑う月」という随筆集の中に収録されている、短い小説です。
     
    小説曰く、
    「いないも同然だと信じていたからこそ、許せもしたんだ。」
    「しかし、存在しないものは、存在すべきじゃない。」 
    「弱者への愛には、いつだって殺意がこめられている。」
    と。


    闇を抱えている場合、そのようなところにはまり込んでいるケースは多いように思います。 
    その闇(公然の秘密)に落ち込んでしまったら、 
    そこから抜け出そうとしても、安部公房の小説の小象のように、世間の本音は
    そのまま腐っていればよいのに、ということになるようです。
     
    自分の身の回りを観察してみても、程度の差や、問題の大小はあれ、そういった不文律はよくあるように思います。

    その場合、問題を口に出して表面化しても、救いの手は現われない(表面的な同情はあるだろうが)ような気がします。
    水面下での自己変化か、そのまま腐るかの二択になるような気がします。

    闇にはまり込みそうになったら、初期の段階で自分の存在が公然の秘密にならないように注意したほうがよいでしょう。
    そうは言っても、気づいたらそうなっているというパターンは往々にしてありますが。

    抽象的な話になって恐縮ですが、最近そんなことを思いました。


  • 広告
  • 闇について

    2018-10-05 21:05


    大まかに下記の三種類に分けられると思います。

    ①宿命的な闇
    ②自らはまり込む闇
    ③引きずり込まれる闇

    ①宿命的な闇
    宿命的な闇とは、その人が生まれながら抱えている、いかんともしがたい闇のことで、
    この宿命的な闇は諦めるしかないでしょう。
    抗っても闇は深まるか、努力してもどうにもならないものはあります。
    それは受け入れるしかありません。

    ②自らはまり込む闇
    自らはまり込む闇については、享楽、怠惰、倦怠、そのようなものです。
    快楽の結果として身を亡ぼすというようなものです。
    自らはまり込む闇は、はまり込まなければよいでしょう。
    難しいかもしれませんが、ある程度の自制心を心がけ、君子危うきに近寄らずというように、避けるしかないでしょう。

    朱に交われば赤くなるというように、環境は大切で、闇を抱え込んだり、闇落ちして、その状況が当たり前だと思い込む傾向が人間にはあります。
    人間は、昨日とほぼ同じことを今日考えているので、当たり前だと思うと抜け出せなくなります。
    闇に触れても入り口で逃げれば何とかなります。勇気をもって逃げるのが吉です。

    別のパターンだと、ミイラ取りがミイラになる感じで。自分のアクションが起因して闇に放り込まれる。その場合も逃げればよいでしょう。


    ③引きずり込まれる闇
    問題は、他人が引きずり込もうと狙ってくる闇(意図的かどうかはしらないが)、これについても避けるしかないでしょう。

    この人為的に引きずり込もうと狙ってくる闇については、けっこうパターン化されているので、次回以降、一つ一つ僕の知る限りのパターンを紹介していこうと思います。
    向こうから仕掛けてくる攻撃方法を知っていることによって、はまり込む確率が低くなると思います。


  • 心のセーブポイントをつくる

    2018-09-19 23:40

    このブログでは人間の闇について観察していますが
    基本的に闇の対応策として、これまでに「寝る」、「明徳を明らかにする」を提案しましたが、もう一つ「心のセーブポイントをつくる」ということをお勧めしようと思います。

    闇に対応するには、自分の芯(価値観)を持っていることが重要だと思います。

    著名人の言葉を借りるとすれば、レゲエ歌手のボブ・マーリーは「心に家をつくる」という言い方をしていました。曰く、心に家をつくれば、どこにいてもそこに戻ることができる。誰にも脅かされることのなく、落ち着けるところ。と。

    自分が心地よいと思える心の位置、状態。そういうところに定期的にアクセスしましょう。

    その場所はチャットやSNSを含むインターネット上でもよいかもしれませんが、インターネットの盲点として、インターネットで出てくる情報と出てこない情報があります。
    インターネットの情報では得られないものが得られるところ。
    そういうところに繋がると良いと思います。

    生活圏のリアルコミュニティーとは離れた、教養人のリアルコミュニティー。そういうものにアクセスすると良いと思います。

    世論を離れた、その世界観の見え方。そういうものは重要で、定期的にそういう時間を持てれば、闇に沈みそうになっても戻ってこれます。その世界観が自分のアイデンティティーと結びつけば、闇が襲ってきても致命傷にならないですみます。
    習慣が身を助ける。という諺なのかもしれません。

    教養人のリアルコミュニティーを、「道」という言葉に言い換えてもよいかもしれません。
    週に一度、数時間であっても、そういうものにアクセスする時間というのはあってよいと思います。


    寝る」、「明徳を明らかにする」、「心のセーブポイントをつくる」この三つを抑えておけばたいていの闇は消せると思います。
    次回以降、闇の本題に入っていこうと思います。