ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • PMDE用プラグイン置き場(15.07.12)

    2015-07-12 21:50
    最近プログラミングをかじり出したので、t0r0さんのPMDEプラグイン作り方講座をものすごく参考にして作成した自分用のプラグインを置いておきます。
    サンプルコードをたくさん利用させて頂きました。またアドバイス等も頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

    かじりたてなので変なところあるかもしれません。自己責任でお願いします。でも変なところの原因とか分かったら教えてもらえると嬉しいです。

    ソースコードのライセンスは参考元を引き継いでWTFPLです。



    ■DoublerAppendBone


    https://bowlroll.net/file/74605

    選択ボーンを付与親とするボーン群と、選択ボーンと同位置にある親ボーン群を検出し、同数多段化と付与対応をするプラグインです。

    http://ch.nicovideo.jp/mido6/blomaga/ar109189
    このブロマガ記事の「~実践編~」の簡略用プラグインです。

    ◆以下の処理をしています。

    1.フォーム画面で選択した1ボーンを付与親にしているボーンを検出する
    2.フォーム画面で選択した1ボーンと同じ位置にある親ボーンを検出していく(同じ位置から外れたらそこで検出を終える)
    3.1で検出した付与ボーンを、2で検出したボーン数分多段化する
    4.多段化したボーン群に、2で検出した親ボーン群と親子関係が対応するように付与親対応する

    おまけで「フォーム画面で選択した1ボーンを付与親にしているボーンを検出するプラグイン」(SearchAppendBone)と、
    「フォーム画面で選択した1ボーンと同じ位置にある親ボーンを検出していく(同じ位置から外れたらそこで検出を終える)プラグイン」(SearchDoublerBone)が入ってます。
    あとソースコードが入ってます。



    ■AddTwistCancelIK

    https://bowlroll.net/file/75688

    選択ボーンの捩りキャンセルIKを作成するプラグインです。
    袖が回らない構造のIKとか作りたい時等の手順簡略用です。

    例)着物を着ているキャラのひじボーンを回転した時、袖が回らない構造を作りたい。
    →ひじボーンの動きには付いてくるけど捩り回転をさせた時に袖が捩れない(回らない)ボーン、つまり捩りキャンセルIKを作ろう!
    →IKを作ったらそのIKLinkボーン(ひじならひじ+という名前で作成される)に、袖のウェイトを移し換えよう!手捩ボーンのウェイトもひじ+に移し替えるのを忘れずに!

    ウェイトの変換はされませんので、別途ウェイト変換プラグイン等で対応してください。

    ◆以下の処理をしています。

    1.フォーム画面で選択した1ボーンを3つ複製する(その際ローカル軸や軸制限等の情報は削除される。非表示化。変形階層順はそのまま)
    2.選択ボーンの表示先の位置を取得して、複製したボーンの内2つの位置を変更する
    3.名前変えたり親子関係整えたりする(IKの親:選択ボーン、IKTargetの親:IKLink)
    4.3つのボーンをIK系ボーンとして整える
    5.選択ボーンの下にIK、IKLink、IKTargetの順で並べる

    こっちはほぼサンプルコードを利用しただけなのでソース入れてないです。
    その内GUI化させたいです。




    今のところここまで。
    2015.07.12

  • 広告
  • M4Layerで重ねたスカイドームを床に仕事させたい

    2014-11-03 11:32
    力技の小ネタです。


    M4Layerでスカイドームを重ねまくった画像です。
    最後にまたM4Layerでバーナビーを置きましたが、このままではMirrorやMME_Water、WorkingFloor等で映りません。
    (1枚だけ・もしくはMMD上で加算させたものや透明度を弄って重ねたものなら映ります)

    M4Layerでのスカイドーム重ねは下記の37さんのツイートを参考にしました。

    うにさんの6面天球アクセサリをお借りします。

    作り方(付属のreadmeにも書いてあります)→ar366211

    天球化しました。(キューブマップと呼ぶみたいです)


    WorkingFloor2を読み込みます。

    やったーミラーになったー
    奥行き感とかはなくなります。その代わり軽くなります。

    ※分かりやすいようにWorkingFloorにだけセピアエフェクトをかけてます。
    かけ方はおたもんさんの静画を参考に。



    スカイドームは以下をお借りしました。
    skydome_Nirvana【月】、skydome_km ららら氏
    skydome-inner にるばな氏
    Dome_B102、Dome_B901 怪獣対若大将P

    他に良い方法があればご教授くださると嬉しいです。では、お疲れ様でした。
  • 金属っぽいスフィアを作ってみる~後編~

    2014-10-20 22:23
    お絵かきソフトの出番ですがその前に。小技の準備です。


    このような、円の縁の部分だけ黒で内側が白くグラデになっている画像を用意します。
    この画像を使ってもらってもかまいません。これは薄めなので3,4枚重ねて使います。
    こんな感じの画像が作れるならなんでもかまいません。私は確かInkscapeというドローソフトを使って作った気がします。

    上記の画像の色を反転したものも使います。


    あとついでにこういうのもあると良いです。


    これは縦割で真ん中が白、両脇が黒のグラデを作り、画像下半分を下が黒、上が白のグラデで乗算して薄くし、円の形に切り取った画像の更に上から、ぼやけた黒を中央に乗せて作った画像です。
    他のスフィア用に作った画像ですが、スフィアにテカリを入れるのに使えそうだったので。
    同じものである必要はないですし、なんなら次のお絵かきソフトでの工程中に手書きでもかまいません。



    ◆お絵かきソフトのターン

    正直この過程は下準備したものをほぼ適当に、それっぽくなるように重ねているだけなので、下の説明は無視してもらってかまいません。
    一例として乗せておきます。


    前編で作った金属っぽい画像Aの2枚を適当に複製しながら、適当に回転させたりしつつ色相を弄ったり弄らなかったりしながら、適当にオーバーレイしたり乗算したりします。

    Aの1枚目を不透明で。そのAの1枚目を複製して上下左右反転して少し色を弄って乗算(20%)、Aの2枚目を上下左右反転して色を暗くしてオーバーレイ(100%)した画像。

    小技用の縁だけ黒い画像を何枚か乗算します。これは4枚ほど。


    反転した縁が白い画像を縮小して、輪郭が分からないくらいにぼかします。

    ↑このくらいぼかします。それを何枚か加算で乗せます。今回は3枚ほど。


    小技3枚目を加算で乗せます。後で使いまわすのでこれを一度画像として保存するか、レイヤー統合したものを別で準備してください。


    前編で作成した金属っぽい画像Bの一枚目をオーバーレイ(40%)。


    金属っぽい画像Bの2枚目(ヴィンテージしたもの)を乗算(25%)。


    使いまわし用に一度保存(またはレイヤー統合)した画像を乗算(25%)、光が物足りなかったので小技3枚目を再び上から加算(21%)。


    中央の粗が目立つので真ん中に加算レイヤーで薄ーくぼやけた白をぽちぽちと乗せて、飛ばして誤魔化します。


    これでおしまいです。その後色調補正してうっすらノイズを乗せたものがこちら。


    ノイズはTVGで模様>雲ノイズを、無彩色・ビビットライトで薄く乗せただけです。
    (静画で配布した画像の白っぽい方は、TVGで生成した金属っぽい画像Bを省いたものになります。)

    以上、「金属っぽいスフィアを作ってみる」でした。
    この前後編の記事内画像(※前編のフリーソフトTVGのキャプチャ画像を除く)と配布した金属スフィアは改変可/再配布可/商用利用可/クレジット不要でご自由にどうぞ。
    お疲れ様でした。