ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

山本太郎が請願法違反で逮捕? アホじゃろ。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山本太郎が請願法違反で逮捕? アホじゃろ。

2013-11-01 02:31
  • 1
山本太郎参院議員が園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した件について、
山本太郎も、彼を「平成の田中正造」と持ち上げてる連中も、
正直なところアホであり理解しがたい。

そもそも明治時代と違って天皇陛下は国政に関する権能は有しない一方で、
山本太郎は自身が主権者の代表である国会議員である。
国政への影響力で言えば山本太郎>>>天皇陛下であって、
山本太郎は自らの立場が有する力を行使すべきであり、
天皇陛下への直訴などしたところで、パフォーマンス以上の
価値はありはしないのだ。

一方、与野党からは「皇室の政治利用に相当する」と言う声が上がっているそうで、
参議院の議院運営委員会は今日の午前に理事会を開き、対応を協議するとのこと。
厳正なる処分が下されることを期待したい。


さて、以上がこの問題に対する私のスタンスであることを踏まえた上で、
ここから先の本題を読み進めて頂きたい。

天皇陛下に手紙を渡した山本太郎さんが請願法違反で逮捕か

所詮はハム速程度、と言ってしまえばそれまでなのだが、
こんな記事を信じ込んで山本太郎は逮捕だとか言ってる連中も、
山本太郎や彼を擁護する連中とベクトルが逆なだけで同レベルのアホである。

今回の天皇陛下への手紙が請願に該当するかと言えば微妙だが、仮に該当するとして、
請願法第3条の規定は、請願の提出先について示しているに過ぎず、
それが誤った場合の罰則規定など何ら存在していない。

さらにこういう記事を信じ込む連中はそのすぐ下の第4条を読む目も無いようだが、
第4条では請願の提出先が誤っていた場合について規定されており、
その場合はただ正しい提出先に送付されるというだけの話にしかならない。
また、第6条では「請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない」との規定もある。

第4条で誤った提出先に請願を出した場合について想定されているにも関わらず、
そうした場合の罰則規定がないこと、また、第6条の条文を合わせて考慮すれば
(と言うか本来はそんなことを考慮するまでもなく)請願の提出先を間違えたくらいで
逮捕なんかありえないと考えるのが、常識的な物の判断と言うものだ。

あと、別方向からの法的な話をすると、山本太郎はその資質はどうあれ
参議院議員の職にあるのは確かなので、国会議員の不逮捕特権の対象になるはず。
この点から言っても、やはり山本太郎の逮捕などありえないと言うことになる。


最低限の法解釈の能力も持ち合わせず、ハム速程度のこんなデタラメ記事を
何の疑いもなく信じ込むような連中は、政治についての発言は控えて
10年ROMってろと言いたくなるわ。
自分では一生懸命国のために何かをやってるつもりかもしれないが、
無能な働き者ってのは一番の害悪なんだぜ?


【余談】

今回の件で、山田太郎議員(みんなの党)や山本一太議員(自民党)が
園遊会でやらかしたと認識している人がいるらしい。
確かに名前は似ているし、政治にそんなにコミットしてなければ
混同する可能性は皆無ではないのだろうが、詳しくないのならそれなりに
最低限のことは調べてからネットで発言しろよなとは思ったり。
目の前にあるのはただの箱とか板かよっつの。ねぇ。

広告
×
同意w
↓これのどこが山本太郎逮捕になるのかという話だw

請願法

請願法(せいがんほう、昭和22年3月13日法律第13号)とは、請願を行う権利・手続に関して規定する日本の法律。全6条の比較的簡素な法律。日本国憲法第16条に規定される請願権の実際の運用に関して規定する法律であり、同憲法の施行と同時に施行された。

請願に関しては、住所・氏名を記載した文書によってなされるべきことを指定し、適式な請願に対しては関係機関に対して誠実に処理する義務を負わせているほか、請願を行ったことによって請願者が差別待遇を受けることがないことを規定している。

条文

昭和22・3・13・法律13号  

第1条 請願については、別に法律の定める場合を除いては、この法律の定めるところによる。
第2条 請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を記載し、文書でこれをしなければならない。
第3条 請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。
第2項 請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。
第4条 請願が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。
第5条 この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。
第6条 何人も、請願をしたためにいかなる差別待遇を受けない。
附則 この法律は、日本国憲法施行の日から、これを施行する。
-----------------------------------
しかも
ネットに公開されている手紙の内容は捏造って話もあるんだし
現段階では決め付けた言い方はやめた方がいいのでは?と誹謗中傷の嵐に対して思うw

妄想野郎どもが釣れた というところでしょうな。
全て想像の域を出ない。

あと
大日本帝国憲法下では刑法73~76条にて明文化されていたが、終戦後の1947年に廃止されている。
つまり、今の日本に不敬罪という罪はない。

天皇の政治利用というなら、安倍晋三が「主権回復の日」を強引に実施し、渋る宮内庁を無理矢理ねじ伏せて、「天皇陛下万歳」三唱なんかやる方が、よほど政治利用でしょうし、オリンピック誘致に皇族を利用するのも、政治利用でしょう。

山本太郎への誹謗中傷の嵐でワロタw
96ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。