「千恋*万花」実況 動画説明文まとめ 後編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「千恋*万花」実況 動画説明文まとめ 後編

2018-08-01 01:10
    みぃそんです。

    忘れてたわけなんかじゃないんだからねっ!





    その21

    YouTube

    僕は昔、「妹が欲しい!」と切に願っていました。兄妹がいないため、兄・姉・弟・妹のどれかが欲しいな~とは思っていたのですが、特に妹をキボンヌしていました。
    なぜ妹かと言われれば明確な理由もなく、恐らくアニメや漫画などで妹キャラを魅力的に感じる機会が多かったからだと思います。
    しかし、今は圧倒的にお姉ちゃんが欲しいです。お姉ちゃんです。お姉ちゃん。
    今も二次元においては妹キャラの方が好きですし、お姉ちゃんキャラなんて基本好きになりません。しかし、リアルで姉か妹かどっちが欲しいかと言われれば前者になっていまいました。
    これは恐らくなのですが、最近僕はYouTubeにASMR動画(主に添い寝とか)を上げられてる方の動画をよく見ていましてというか聴いていまして、寝る前のひと時を共に過ごしているわけですよ。そういう動画って母性があるものが多くて、そうすると自然に姉を欲すわけです。簡単ですね。
    もしかしたらこの動画を観て「私がみぃそんくんのお姉ちゃんになってあげる!」って方が現れるかもしれないので、こんなお姉ちゃんがいい!っていうのを書いておきますね。

    ・僕と同じ趣味(アニメとか声優とか)
    ・割と厳しいけど、優しい時は優しい
    ・よくおでかけに連れて行ってくれる
    ・僕のことを応援してくれている

    以上です。

    ニコニコ動画

    みぃそんです。
    昨日久々にイカリングを食べました。とても美味しい。
    僕はおかずをかじってチマチマ食いながら、それに見合わない飯を濁流の如く掻き込むのですが、今回はイカリングがたくさんあったので、イカリング一輪に対してお米一口という超絶リッチ行為をしてしまいました。幸せでした。
    今度はお肉でこの食い方をしてみたいです。


    その22

    YouTube

    派手な髪の色ってやっぱり二次元以外だとどうしても違和感がありますよね。実生活でよく目にする髪色といえば黒や茶、それに加えて金髪やご老人の白髪くらいで、やはり少数派の緑髪や桃髪は奇異の目で見られてしまいます。
    しかし、一つ次元を落とせばむしろ青髪や金髪がデフォみたいな作品もあったりします。
    でもこれって何だか不思議じゃないですか?だって、恐らくアニメや漫画作品も元々黒髪は茶髪が主で、そこから赤髪なんかが出てきたけど最初は奇異の目で見られたいた、でも段々馴染んできたみたいな背景があると思うんです。つまり、二次元がその道を辿ったのなら三次元も同じ道を辿れると思うんです。
    しかし現状は赤髪の人が町を歩いていると指をさされたり、「あの人怖い・・・」と思われたりしてしまいます。見た目で人を判断するというのはあまり良くないので、この風潮は無くさないとダメかもしれませんね。

    リアルでツインテの人は大体ぶりっ子。


    ニコニコ動画

    みぃそんです。
    いつもここに長々と小話を書いているわけなんですが、この前ふと、よく考えたら単語数が多い分検索妨害みたいになっているんじゃないか、と考えました。
    YouTubeの検索機能は雰囲気で使えるのに対して、ニコニコの検索機能は単語がキチッと合っていないと検索できないので、不純物を綺麗に取り除くことができます。それ故、目的と全く関係の無い動画が表示されると少し腹が立ってしまうことも少なくはないです。
    自分がそれを体験してるだけに少し気を遣おうと思ったので、「替え歌」と書いてあった場所をすべて「本業」と書き直させて頂きました。
    これで「替え歌」で検索したときにこの実況がひっかからなくて済むね!

    って今書いちゃってる~~~~~~wwwwwwwwww


    その23

    YouTube

    年末にスマブラの新作が発売されるということで最近3DSのスマブラをまたちょこちょこやっているのですが、僕と一緒のタイミングで復帰した人が多いのか、以前よりもガチ部屋の勝率が高くなっています。
    何となくスマブラの話を始めてしまいましたが、ここから語るようなこともないので別の話をしますね。

    恐らく(体験版は)そろそろ終盤のはずなんですが、全然終わる気配がありません。美少女ゲームのプレイ経験があまりないのでわかりませんが、こういったゲームの体験版ってこんなに遊べるものなんですね。感心とか驚きよりも申し訳なさが勝ってしまいそうなくらいです。
    まぁ裏を返せば、ここまでストーリーにずぶずぶさせてしまえば製品版も買ってくれるだろうって魂胆かもしれませんが、それにしてもすごいですね。「その23」まできてしまいましたが、普通のゲームならここいらで最終回でもおかしくないパート数ですもんね。
    おかげさまでキャラクターについても段々深く知ることができていますし、何より実況が楽しくなってきました。不慣れな実況動画ですがもう少しお付き合いください・・・


    ニコニコ動画

    みぃそんです。
    最近ギターを始めました。アコースティックギターです。
    一年ほど前に近くの教室で少しだけ習っていたことがあるのですが、意志の弱い僕はすぐに辞めてしまいました。
    その後何回かまた始めようとするのですが続かず。今回ものこのこと始めてしまいました。
    僕は特技といえる特技が何もありませんし、それに楽器をやると作曲もできるようになると聞くので、上達すればいいことだらけですね。ですが、明確な目標がないので続けられるか不安です。それに並行してキーボードの練習もしています。
    果たしてみぃそんが楽器を巧みに操れる日は来るのか。乞うご期待・・・


    その24

    YouTube

    僕はいわゆる「甘味処」というところに行ったことがありません。
    正しくは、「チェーン店ではない個人経営の甘味処」です。甘味処といえば、お店の前にある長椅子に座り傘で陽を避けながらお団子を食べるなんて光景がパっと思いつきますが、僕は“陰”の人間なので、日陰とはいえ屋外はやめてお店の中でお食べになりたい所存でございます。
    実況内でも少し触れましたが、僕はわらび餅に黒蜜をかけてある(もちろんきなこも一緒に)アレがとても好きで、是非そのようなお店に足を運んだ際には食べてみたいのです。
    というのも、某甘味処チェーン店に初めて行った際に食べたのがそれで、なんならわらび餅に黒蜜をかけたものを食べたのもその時が最初だったと記憶しています。「こんな店に入りやがってお金の無駄だ」とぷんすかしていた小学生の僕をなだめた食べ物も同じくそれでした。大人の味とまではいきませんが、なんだかいつも食べているものがいつも食べていないみたいな味に変わるその黒い液状のものに僕は思いを馳せていたのです。
    千恋*万花の聖地にもきっと甘味処がたくさんあるでしょう。もし、そこに行く機会があれば僕は着物姿の店員さんにこう言うでしょう。

    ソフトクリーム、一つください。


    ニコニコ動画

    みぃそんです。
    最近全然読み物を読んでいません。「読み物を読む」って言い回しは「歌を歌う」みたいなむず痒さがありますが、それは置いておいて、小・中学生の頃小説ばかり読んでいた僕は、高校に入った途端にそのペースを落とし、ここ何年かは全くといっていいほど小説を読んでいません(この前ユーフォを読んだくらい)。それどころか最近は漫画さえ読んでいないのです。
    小学生の頃から買っていたWJを買わなくなりましたし、今流行りのネットコミックみたいなのも一切読んでいません。ずっと家にいるため無限に娯楽を享受できるはずなのですが、時間がありすぎると逆に娯楽には手が伸びにくいものです。アニメも全然観ていませんし、ラジオも聴いていません。
    じゃあ何で時間を潰しているのかと聞かれれば、YouTubeとニコニコ動画に他なりません。悪魔のツールです。時間専用のダイソンです。吸われてしまう。
    とはいえ読み物を読みたい気持ちはあるので、動画を観るのは少し控えたいですね。


    その25

    YouTube

    高所恐怖症や閉所恐怖症など、「恐怖症」と呼ばれるものは数多くありますが、僕は恐怖症までとはいきませんが刃物がすこぶる苦手です。
    誰だって怖いとは思いますが、シンクや机に小刀が置いてあるだけで鳥肌が立ったり寒気がしますし、それを使うなんて考えたくもないレベルです。
    今はマシですが以前はカッターや彫刻刀もダメで、学校で使う機会がある時なんかは本当に苦労しました。
    料理をする上で包丁を使えるようになっておくことは必須で、使えないなんて考えられないみたいな雰囲気があるので、僕は一人暮らしが不安で仕方ないです。
    この前玉ねぎを切った(包丁を使ったのは多分二回目)時も、怖すぎてくし形切りにする予定がもうポテチみたいになってました。茉子ちゃんに弟子入りしたい。


    ニコニコ動画

    みぃそんです。
    夏になると外に出るのが億劫になりますが、それに反してやりたいことは「山登り」だの「聖地巡礼」だの「写真撮り」だの屋外で繰り広げられるものばかりです。
    毎年夏が終わると「あぁもっと夏を満喫していれば良かった」と後悔しています。その経験から考えるに暑いのを我慢してでも外に出てやりたいことをするのは確実に人生RPGにおけるいい経験値稼ぎになると思います。それに運動不足も解消されますしね。熱中症になるまで活動するのはダメですけど。
    夏は短期バイトが増えますが、通信制の学生は日雇い労働ができないので夏の活動資金を稼ぐのが難しいです。この前応募した長期バイトも返事がないままですし、なかなか上手くはいきませんね。

    そういえば次回最終回です。


    その終

    共通

    ということで今回を合わせて「その26」まで続いた千恋*万花の実況も今回でラストです。
    美少女ゲームどころか普通の実況動画を撮ることさえ不慣れな中、毎日投稿してこれたのはシナリオの面白さ、キャラクターの可愛さ、その他諸々このゲームの全てにあると思います。本当に楽しい実況でした。

    こんな感じの大物実況者感のあるコメントを書くのが好きなので書いてみましたが、自分で書いててちょっと気持ち悪くなったのでいつもの感じで適当に書きます。
    動画内では触れませんでしたが、録画ミスして同じところ(40分間)を三回実況するとか、録画のサイズが合わなくて毎回動画の大きさを調整していたとか、ゲーム内音声とマイクの音声の調整が最後まで上手くいかなかったりとか、もうそれはトラブルまみれでした。実況動画難しい。
    それに加えて残念な活舌と貧弱な語彙力のおかげでとても見づらい動画になっていたかもしれませんが、ここで「ごめんなさい」と書くと「そこはごめんじゃないよね」と言われてしまいそうなので、素直にお礼の言葉で締めさせて頂きます。

    ありがとう、だね。






    そんな感じでーす。

    前編→ここから
    中編→ここから


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。