【steam】タンクハンター カードゲーム 【workshop】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【steam】タンクハンター カードゲーム 【workshop】

2016-07-13 09:00

    steamにて絶賛発売中のボードゲームシミュレーター”Tabletop Simulator"

    http://store.steampowered.com/app/286160/

    にて、タンクハンタータンクバスター カードゲームのワークショップを
    公開させていただきました。

    http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=720839050


    また上記のゲームを所持していなくてもなんとか遊びたい!という稀有な
    方のために全カードの画像データを公開いたします。
    膨大な量と、サイズですので適当な大きさに加工してプリントしてください。


    全カードデータ(Dropboxにて公開中です)
    https://www.dropbox.com/sh/3nlci8e5j4ncrrk/AACPcNCotITEr0-R6-xqXZfga?dl=0

    追加データ、修正等があった場合も別データで公開しますので安心して使えます。








    タンクハンター、タンクバスターとは、今から四半世紀前の1989年に
    ホビージャパン社から発売されていた第二次世界大戦を舞台にした
    対戦型戦車カードゲームです。
    各プレイヤーはランダムに入手した戦車を使ってほかのプレイヤーの戦車を
    撃破し生き残った人が(あるいは一番得点を稼いだ人が)勝利する
    簡単でしかも熱いカードゲームです。

    今回ワークショップとして公開させていただいたものは、1989年に発売された
    「タンクハンター」「タンクバスター第2版」のデータはそのままに
    デザインを一新し、オリジナルのカード、ルールを用いて遊べるように
    したものです。

    そこで、今回から数回にわたって、このゲームを全く知らない、あるいは
    すっかり忘れていたプレイヤーの皆様に、ゲームの概要、基本ルール、応用ルール、
    オリジナルルールの順で、解説をさせていただきたいと思います。

    このゲームは基本的に何人でも遊ぶことができるものですが、公開したものは
    4人プレイを基準としています。たくさんの人数で遊びたい方は新しくテーブルを
    用意していただければよいと思います。






    第一章 カード

    さて、タンクハンターというゲームの目的は、”敵部隊を多く撃破し得点を稼ぐ”
    ことです。

    そのためには「敵を知り己を知れば百戦危うからず」。まずはカードの見方から
    説明したいと思います。

    カードには4種類あり、基本ルールでは、そのうちの2種類を使用します。

    ユニットカード

    最初のカードは”ユニット”カード。これはプレイヤーの部隊を表すカードで
    このカードを奪い合うことが、ゲームの目的となります。

    ユニットカードには様々な数字や情報が描かれています。これらの数字を使って
    「戦闘」を解決していきます。では早速見ていきましょう。




    何やらたくさん書かれていてややこしいですが、カードの向かって左側が
    そのユニットの攻撃力、右側が防御力と覚えていただければよいと思います。

    カード左上から説明していきましょう。

    国籍と実働開始時期…そのユニットが開発された国と戦場に投入された時期を
              示しています。基本・上級ルールでは意味を持たない
              情報ですがオリジナルルールでは重要になります。

    名称…       そのままです。一般的な日本での名称を記しています。

    簡易スペック値…  このゲームでは全く使用しない実機の簡単なデータが
              記されています。(主)は主砲の種類を、(副)は副兵装の
              種類を(銃)は20mm未満の銃器を表しています。
              それぞれ、口径/口径長という形で表されます。
              1000といった4つの数字はそれぞれ前方機銃・同軸機銃・
              対空機銃(車体上部)・後部機銃が何丁あるかを示しています。
              最後の丸数字は乗員数です。
              このスペックはあくまで目安なので誤記があるかもしれません。
              ご了承ください。

    兵種…       基本・上級ルールでは3種類に分類されます。
              戦車・砲・歩兵がそれぞれシルエットで表されます。
              攻撃対象の兵種が何かによって攻撃の種類が変わりますので
              よく確認するようにしてください。
              オリジナルルールには、これに航空機・艦船が加わります。

    AP(徹甲弾値)…  戦闘車両(戦車)に対する徹甲弾による攻撃能力を表します。
              大きければ大きいほど攻撃力があります。ゲーム中、最もよく
              使う数値です。

    HE(榴弾値)…   砲・歩兵に対する榴弾砲による攻撃能力を表します。
              大きければ大きいほど攻撃力があります。

    OVR(蹂躙値)…  砲・歩兵に対する蹂躙攻撃(踏みつぶし)能力を表します。

    PNT(得点)…   このユニットを撃破した時にもらえるポイント(得点)です。
              大きいポイントを持つユニットほど強く撃破しにくいという
              ことになります。

    カード中央にはユニット固有の能力について書かれています。

    固有能力…    一部の攻撃方法やイベントカードの対象となるユニットは
              ここにその固有能力が書かれます。例えば【関接射撃】と
              書かれていないユニットが間接射撃を行うことはできません。

    特別ルール…   他のユニットには適用されない特別ルールがここで説明され
              ます。

    正式名称・形式番号…開発時や文書等に記載されるときの正式な名称です。車種に
              よっては、複数の名称があります。ゲームには全く影響しない
              情報です。

    カード右側には防御系の数値が記されています。

    ARM(装甲値)… そのユニットの”徹甲弾”に対する防御力を表します。
              マイナスが大きければ大きいほど装甲が厚いことを
              表しています。
    AA(対空射撃値)…そのユニットの持つ対空射撃能力を表します。
              通常ルールでは「爆撃機」などの撃退に使用します。
              大きい数値ほど対空能力に優れていることを意味します。

    IF(間接射撃値)… 一部のユニットには間接射撃の能力があり、その場合この
              場所に数値が書かれています。大きい数字ほど榴弾による
              間接照準射撃を行えます。

    REC(偵察値)…  そのユニットの持つ偵察能力を表します。基本ルールでは
              この数値を使いません。マイナスが小さいほど偵察能力に
              優れていることを表します。

    ユニット番号…  ユニットカードの通し番号です。オリジナルユニットを
              合わせると現在400種類を超える車種(機種)が登場します。

    戦車ユニットに関する情報は以上です。続いて砲・歩兵ユニットについての説明
    ですが、呼び方が若干異なるだけで、意味するところは戦車とほぼ同じものです。








    新しく登場した能力値のみ説明します。

    PH(肉薄値)…   戦闘車両ユニットに対する歩兵ユニットの攻撃力を表します。
              戦車ユニットのAP値に該当するものです。

    FA(銃火器値)…  砲・歩兵ユニットに対する小火器による攻撃力を表します。
              戦車ユニットのHE値に該当するものです。

    TAC(戦術値)…  砲・歩兵ユニットの総合的な防御力を表します。
              戦車ユニットのARM値に該当するものです。

    これで基本ルール・上級ルールで使用するユニットカードの説明は終了です。
    オリジナルユニットの航空機・艦船ユニットについては後日説明します
    (能力値の名称は違いますが戦車の場合と内容は同じです)。

    イベントカード

    基本ルールで使用するもう一つのカードは、イベントカードです。
    イベントカードには様々なものがあり、引いたプレイヤーに有利となるもの
    不利となるものがあります。

    またイベントカードには対象となるユニット、使用時期、使用後の処理など
    使用するときに気を付けなければならないいくつかのポイントがあります。




    イベントカードの説明です。

    イベント番号…   イベントカードの通し番号です。オリジナルカードを含めると
              200種類を超えるイベントが発生します。

    イベント名…    イベントの名称です。

    使用時期…    そのイベントカードが使用できるタイミングを表します。

     
     直ちに処理する

     攻撃時 

     いつでも使用可能

     偵察・被偵察時

     自分のターン

     相手のターン

    使用後の処理…  イベントカードを使用したとき、そのカードをどうするかを
              表します。

     捨てる(捨て札置き場に置く)

     ユニットカード1枚に付ける

     1プレイヤーの場にあるすべてのユニットに付ける

    対象ユニット…   そのイベントカードの対象となるユニットを表します。

     戦闘車両(戦車)

     砲

     歩兵

     航空機(オリジナル)

     艦船(オリジナル)

    修正値…   使用したときに付けられるユニットへの修正値です。
           通常、この修正値はユニットの元々の能力値に”加える
           ことになっていますが、一部のイベントカードでは
           イベントカードに書かれた能力値で”代替”するものが
           あることに注意してください。

    イベントカードには「アクシデント」カードと呼ばれるものがあります。
    このイベントは引いたプレイヤーに対して効果を発揮し、引いたらすぐに
    処理されます。




    カードの上部に「ACCIDENT」と書かれたカードがアクシデントカードに
    なります。内容をよく読んで直ちに処理してください。

    以上で基本ルールで使用するカードの説明は終わりです。

    まとめ

    ・基本ルールでは「ユニット」カードと「イベント」カードを使用する。
    ・ユニットカードの能力値はおおまかに左側が”攻撃能力”、右側が”防御能力”を表す。
    ・能力値の名称が異なっても書かれた位置で、大体同じことを言っている。
    ・イベントカードで大事なことは使用時期・使用後・対象は何か。
    ・アクシデントカードが出たら、引いたプレイヤーに対して直ちに適用される。

    お疲れ様でした。次回はいよいよプレイの手順についての説明となります。
    長丁場でがよろしくお願いいたします。┏○ペコ









    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。