チャージマン研!を初めて知ったときと初めて動画を作ったときのお話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

チャージマン研!を初めて知ったときと初めて動画を作ったときのお話

2020-12-02 00:00
    一つ、お話をどうぞ。
    あれは2009年秋の頃、
    少し前に見た「チャージマン研!」の存在を思い出し、
    え~、当初は昭和のアニメだしこんなもんじゃない?とあまり大きな印象はなかったのですが、
    ふとした頃、何気なーく思い出して見返したら、これがどっぷりとはまり込んでしまいまして、
    あっという間に全65話+パイロット三部作と当時のチャー研MADを見て漁りました。
    確か三話目ぐらいで海底油田の話見たのは覚えてます。


    そして、色々チャー研MAD動画を見ているうちに「これくらいなら自分でも作れそう」と、
    思うわけですが、
    まあ音声MADなんて一見難しそうな動画は、作る前から無理…!と
    思い込んでいたので、
    簡単な映像切り貼りMADならいけっぺ、とね、と
    慣れない編集ソフトと格闘しながら作るわけですよ。
    当時はWinXPのノートPCでして、Windowsムービーメーカーで作りましたよ。
    これがもう、えらいフリーズしてですね。とっても大変でしたのよ。


    そんで試行錯誤してようやく一本動画を作り、
    初めての投稿、緊張で汗と鼓動が止まらず、今も緊張はしますがね。
    投稿してしばらくすると、自分の動画に他の方がタグ付けしてくれてるんですよ。
    これが最初はとっても嬉しくてねす。
    よくもこんなキチガイ動画を!とか期待の病人(キチガイだっけ)とか付けてくださってねえ。
    自分の動画にタグ考えて付けてくれる人がいるなんて…!感謝っ…! て思いました。


    コメントもすこーしだけ付いてらっしゃり、所々感想が書いてあって。
    初めての動画なんて、再生数は初日は100も行かないくらいで、
    数日経ってようやく1000の、マイリストも20あるかぐらいだったのに、
    自分で作った動画がこんなに再生されて評価されてる……!
    って思っちゃって、つーっても当時は嬉しかったです。


    そこからというもの、少しずつ投稿していって、
    あれほど自分には無理と思っていた、音MADもチャレンジして、
    仕舞いにゃチャー研以外の色々なジャンルも作っていって、
    合作参加や主催、何万再生何万マイリス…、マイナー素材の小流行り※1
    と、色々達成出来ました。
    人間頑張ればそこそこぐらいには成し遂げられるもんですね。
    まあいつの世も、初心忘れるべからず、ですよ。
    ところで、あたくしの最新の動画はどのくらいの伸びだったかな。
    あらま、再生数1000にマイリスト約20。


    ※1…No,9051とか校内対抗アメリカンフットボール看板とかアキラダンスだとか。
    音MADのマイナー曲での流行は達成出来てないので、こちらも成し遂げたい…!





    Cha-KEN Advent Calendar 2020

    の企画に参加してみました。

    https://adventar.org/calendars/5094



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。