【経験者は】PCトラブル解決のコツ【語る】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【経験者は】PCトラブル解決のコツ【語る】

2016-07-05 03:48
    皆さん、お久しぶりのミルキーキャラメルです。

    WindowsVistaから始まったMicrosoftの迷走も続き、最新版のWindows10ではとうとう互換性を大幅に切り捨て、バグ山盛りなOSと化してしまいました。
    そこで問題となってくるのがPCトラブルへの対処です。
    今回はそんなPCトラブル解決のコツを書いていきたいと思います。


    1.最終目標を決めよう
     
     PCトラブル対処でまず大事になってくるのは、最終的にどのような状態にしたいか、という
     目標です。

     例えば、インターネットに繋がらないという問題に遭遇した場合最終目標は
     ”ブラウザでGoogleに接続する”というように決めて対処していきます。

     インターネットに繋がらない と一言に言っても原因は様々で、もしかしたらルーターが
     壊れていたり、OSの不具合だったり、セキュリティソフトが競合を起こしていたり
     もしかしたらそのブラウザで繋がらないだけで別のブラウザを入れたら繋がったり
     というように様々な結果が推測できます。

     ここで目標を決めて居ないと、妥協案で「別のブラウザでインターネットに接続する」なり
     「PCを別の物に買い替えてしまう」なり、最終的な解決策が二転、三転としてしまい
     対処法の資料集めが中々進まなかったり、途中で方針がコロコロ変わってしまい
     いつまで経っても復旧が進まなくなってしまいます。

     ですので、まずは明確な最終目標を決めてから作業に取り掛かりましょう。

    2.中間目標を決めよう

     最終目標が決まったら解決までの道筋となる中間目標決めに移ります。
     
     これは、”ここまで行けばあとはもう安心”という位置に設置しておく場合が多いです。
     例えば”インターネットに繋がらない”という症状の場合は
     モデムとルーターが正常に動作しており、PCがインターネット接続を認識している
     という状況を最低限作り出さなければなりません。

     ここで重要なのは、あまり細かい条件は指定せず、最終目標に到達する為の最低条件
     だけを中間目標に据える事です。

     あまり事細かに中間目標を設定してしまうと、中間目標に縛られてしまい
     有効な解決策を見逃したり、形式に拘るがあまり目的と手段が入れ替わるようなことに
     なりかねません。

     あくまでも中間目標は最終目標に辿り着く為の最低限の条件程度に留めておきましょう。

    3.全てを投げ捨てる覚悟を持とう

     中間目標が決まったらいよいよ実作業に移るわけですが、PCトラブルは原因が多岐に渡り
     対処に慣れている人でも全容を解明する事は容易なことではありません。

     簡単なソフト不具合だと思っていたらあれよあれよと問題が出てきて最終的に
     PCごと買い直しになった等と言うような話も決して珍しくは無いのです。

     ですので、PCトラブルに対処する時は決して油断せず、最終目標とその道筋となる
     中間目標に辿り着く為ならいかなる犠牲も許容する覚悟が必要になってきます。

     実例を挙げて話しますと、Windows7環境でRamDiskを導入した所、グラボのドライバ
     と競合を起こし、OSが起動不可能になったパターンがあったのですが
     何故かリカバリ領域からも起動できず、最終手段として、全てのデータと安定性を犠牲に
     Windows10への更新した、という背景があったりします。

     他にも、Windows10にセキュリティソフトを入れたところ、グラボのドライバと競合を
     起こし、セキュリティを犠牲に泣く泣くソフトをアンインストールしたという事も
     ありました。

     このように、不具合の解決と引き換えに何か大事な物を犠牲にする
     という選択が迫られる状況は割と頻繁に起こります。

     普段からバックアップを徹底する等の対策は万全にしておいた方がいいでしょう。



    いかがでしたでしょうか?
    技術的な事というよりトラブル対処の心構えメインですが参考になったようでしたら幸いです。
    以上、ミルキーキャラメルでした!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。