• 呪われた右

    2019-07-14 20:41
    タイトルだけ見ると漫画か小説のタイトルみたい。
    そういえば、「神の左手悪魔の右手」ってのありましたね。楳図かずお先生か。
    あと何故か「半神」ってのもふと思い出した。まあ今回の件には関係ないけど。
    別れた嫁さんから借りて読んだ萩尾望都先生の漫画、かなり衝撃的だったな。

    というわけでこんばんは。Milliusです。
    さて、タイトルについてはひとまずおいておいて、前回判明した「網膜剥離」のその後について。

    行きつけの眼科で網膜剥離と診断されたのが7/9。
    翌日、紹介状を持って朝早くから大学病院に向かいました。
    一通り検査を行い、最終的に大学病院の先生が行った治療というのが、「目の中にガスを入れて、剥がれて浮いた部分を押さえつける」という内容でした。
    一応手術の類になるそうなのですが、仰向けに寝て、痛み止め(麻酔)の眼薬をさし、瞬きしないように目に筒のようなものを当てて固定し、針かなんかで局所に穴を作りそこからガスを注入する…といった感じでしょうか。

    正真正銘の「涙目」になってました。あまり痛み止めが効かないのか、途中で痛くなり医師に訴えて薬を増やしてもらったり。
    というかもともと眼薬もうまくさせず、コンタクトなんてもってのほかという人間だったのでとにかく怖いのなんの。
    で、目の中に気体…というか液体みたいなものがあり、顔の向きで上に行ったりしたに行ったり。これって気体だから本来は上方向に滞留するみたいなんですが、見え方としてはどうも反転してるっぽくて、普段は下に溜まってるような感じなんですよね。
    私の場合、剥離してる場所が目玉の右上付近なため、夜寝るときなんかは顔の左側を下にして寝る(体を左に向けて寝る)ように指示されました。これで右上にガスが留まり、患部を抑えてくれるとのこと。

    とりあえずこの日はこれで終了。念の為右目にガーゼを当てて、殺菌用の眼薬を処方され、明後日に又来るよう言われました。

    そして明後日。
    この日は午後からの予約ということでゆっくり病院へ。
    前々日の治療後の目の状態を確認した上で、次に「レーザー網膜光凝固術」を行うことに。
    ガスである程度、剥がれた箇所が落ち着いたので、大掛かりな手術をせずにこのレーザー網膜光凝固術で行けそうだという結論になったみたいです。

    しかしまあ・・・なんというか・・・
    目薬さして、コンタクトレンズ入れて、医師が機械覗きながらレーザーを打ってくるわけですが・・・

    これって要は「溶接」みたいなものですよね?

    剥がれたところにレーザーを当てて固着させるって仕組みのようなので、まんま溶接だよなーとか思ったり。

    それにしてもこのレーザー、結構痛いです(汗

    当てる場所によって痛みに違いがあるので、油断してると急に「バチッ」と痛みが来たり。
    もう勘弁してほしい。

    という訳で一通り治療が終わり、来週の金曜日に再度通院して経過を見ることになりました。
    通常、このレーザー網膜光凝固術では2週間位でだいたい固定されるようなので、それまでは通院して様子見、それで駄目なら入院して本格的な手術、ということになりそうです。
    もうこのまま終わってほしい・・・
    あと、目の中のガスは1ヶ月程度残るようです。
    近くのものを見る時ちょっと邪魔だけどしょうがないか。


    まあ経過としてはこんな感じ。

    で、タイトルの意味なんですが・・・

    子供の時の事故で損傷したのが「右足」
    悪性腫瘍で失ったのが「右腕」
    原因は不明だけど今回起こった「右目」の網膜剥離。

    あと細かいところだと、

    3年前に旅行中に腹痛に襲われたのは胆石が原因。胆石は体の中心から「右側」

    右腕を切断した跡、転移した腫瘍を切除する手術を行ったが、転移した箇所が「右肺」の外側。

    という訳で、

    私の人生、いつも右半身だけ不幸に見舞われてます。

    もうなにかの呪いなんじゃないかと。

    救いはないのでしょうか・・・

    ではまた。


  • 広告
  • 今度は目の手術・・・どうなってんだ俺

    2019-07-09 20:41
    なんかもうね・・・

    今日、4ヶ月に1回の眼底検査の為に眼科に行ってきました。
    血糖値が高い頃からずっと定期的に行ってますが、今まで特に問題はなかったんです。
    前回は3月、つまり放射線治療の前に検査を終わらせて、異常なしと言われてたんです。

    それが今日。
    検査用の眼薬を点して、効いてきたところで写真撮影。
    最後に先生がその画像を見て診断するわけですが・・・

    今日はなんか画像を見た先生の様子がいつもと違う。
    再度、右目の左奥側を撮影し、さらに特殊な薬品を点けて、レンズみたいなのを目の中に入れて、光を当てて診察。
    そこで出てきた言葉が

    網膜剥離

    ・・・は?って感じでした。
    今の所は別に見え方は問題ないし、痒みはあるけど何時もの事だし。
    実感が全然ない。

    先生の話だと、目の中心からだいぶ離れたところが剥がれていて、更に一部穴が空いているとのこと。
    年齢的にはすぐにどうこうなるというレベルではないけど、放っておけば当然失明だし、対処が早ければ早いほど良いので、すぐに手術しましょうという話に。

    という訳で、いつも私が悪性腫瘍で通院している大学病院の眼科へ紹介状を書いてもらい、翌日すぐに行くことになりました。
    この今通ってる眼科の先生、私の住んでる市の眼科の組合の親分?みたいな人で、大学病院へも非常勤で勤務しているらしく、あっという間に話がまとまりました。

    実はここでちょっとした問題が。

    この検査で何事もなければ、来週の連休明け(7/15の深夜~7/17まで)に弟と車で長野に旅行に行く計画を立てており、すでに長野市内にホテルを予約済みだったんです。

    明日の検査及び手術の日程次第では当然キャンセルになってしまう。

    さらに、今月末には、3年前に一度実行し名古屋で急病で力尽きて戻ってきた車での一人旅リベンジも予定してたんです。

    なんと間が悪い・・・いや、旅行前に気づいたからこれ以上の悪化が防げてよかったのか・・・

    っていうかさ・・・

    私なんか悪い事しました?

    そりゃあさ、4歳のときの交通事故は自業自得ですよ。
    でもその後の処置をミスったのは病院側だし。

    そのせいで運動が苦手になって、インドア派になったせいか、メタボになって血糖値は上がるし、しまいには急性心筋梗塞で死にそうになるし。

    かと思えば原因不明の悪性腫瘍で右腕1本もっていかれてまだ居座ってるし。
    (あ、先週CT検査行ってきて、増殖は抑えられているとのことで放射線治療の効果はあったみたいです)

    さっきも書いたけど、調子良くなったと思って車で一人旅してたらいきなりの腹痛に見舞われ、名古屋城まで見て来て、死にそうになりながら帰ってきて病院に駆け込んだら胆石だったし。

    いきなり吐き気とめまいがして病院に行ったら「良性発作性頭位めまい症」と診断されて10日位入院するし。
    カロリーと血糖値に気をつけようと、グラノーラばっかり食べてたら「高カリウム血症」で緊急入院する羽目になるし。
    (※これは私が抗がん剤の副作用で腎臓が悪いのでなっただけであり、グラノーラ自体に問題があるわけではありません。念の為。グラノーラに限らずカリウムの多い食品を摂りすぎてもなります。)

    そして今回の網膜剥離。
    べつに血糖のせいではないみたいなんですがね。

    もうどうしろと。

    子供ころのいじめも経験してるし、会社に入ってからのパワハラも経験してるし、離婚も経験してるし・・・

    もうゴールしてもいいよね?
    とか言いたくなる。

    まあ言いたくなるだけでする気はサラサラないけど。

    もうやだ。

  • 最近の城プロRE:(華燭の典と偽りの花嫁~閻魔の闘技場)

    2019-06-26 22:09
    という訳で、今回は最近の城プロについて語りたいと思います。

    まず、「華燭の典と偽りの花嫁」というイベント。
    今これを書いている時点ではもう終わってますが、なんと言っても私にとって最大の目玉は「秋田城がメインのイベント」であり、ガチャではなくイベント報酬で「秋田城(花嫁衣装)」が入手できたこと。
    これに尽きます。

    以前の記事で秋田城がお気に入りだと宣言しましたが、初登場から1年経ってないのに別バージョンのキャラが報酬で配られるとは、流石人気投票で初登場16位になっただけのことはあります。


    丁度艦これのイベント後半と被ってしまったのですが、このお陰で意識が城プロ向きになっちゃった感じですね。
    当然限凸を終わらせ、何体か多めにゲットして未改築の☆5の素材にしたりしてました。

    ちなみにシノン城(花嫁衣装)のほうもゲットしました。こちらはガチャではないですが有料の確定入手ってやつですね。(画像はないです)


    まあこんな感じで家老に任命。

    さて、丁度艦これのイベントと同じく6/25にこのイベントも終了したわけですが、続いて始まったのが、前々から告知があった「閻魔の闘技場」。
    マップ自体に様々なギミックがあり、更に戦功も、編成に条件加えないといけなかったりとなかなかやってて楽しい。
    今のところ、難までは全部戦功ゲット。普通は30回周回して限定任務報酬もゲット。難はもう少しで30回周回終わりそう。終わったら今度は超難に挑戦予定。

    てなわけで「赤の霊魂」を貯めてゲットしたのがこちら。(ゲット時のSS撮り忘れました)



    ご覧の通り、「羅砂[閻魔庁]」を3つ交換して限界値を上げてます。あと1つでカンスト。
    これも、本体だけであれば普通だけを周回して、特別戦功と限定任務報酬だけで入手可能です。まあ最初だからかもしれませんけどね。

    城プロの良いところは、「無課金でも普通に全マップクリアできる」事だと思います。
    現に完全無課金の実況プレイ動画を長期に渡って上げてらっしゃる方もいます。
    ニコニコとYoutubeの両方に上げているので見ている方は多いかと。

    前回も書きましたが、この城プロというゲーム、以前一度やらかしてサービス停止してた過去があります。それを「千年戦争アイギス」の運営が引き継いで現在に至るわけです。

    その「やらかし」が、「露骨なまでの課金への誘導」だったこともあり、現在はかなりそのへんの発言には神経を使ってるように見受けられます。

    ゲーム内においても、霊珠(いわゆるガチャ石)を頻繁に配りますし、今回もこの「閻魔の闘技場」開始記念?ということでログイン時に10連ガチャ券を無料で配ってます。

    そもそも、通常の築城(艦これで言う製造)で出る城娘でも十分優秀な娘がいますし、大体2週ごとに行われるイベントで簡単に入手できる城娘も十分優秀です。

    私が一番良いと思ってるのは、「復刻イベント」と称して過去のイベントも定期的に行っている点です。
    普段だと、この「新イベント」+「復刻イベント」の2つが同時に行われていて、いつも何かしらのイベントがあるので飽きません。

    ・・・まあ、艦これと違ってゲームシステム上「ランダム要素」がないので、あまりストレスが貯まらないってのも大きいかと。
    敵の進行ルート・行動パターンはいつも同じ。
    手持ちの城娘を使い、どう配置し、どう能力を使い、どうトークンを利用するか。
    人それぞれやり方が異なってもクリアできる。低レアでもレベルを上げてゴリ押しできる。
    人によって好みはあるでしょうが、個人的にはかなり好きなゲームです。

    とまあ、前回の艦これとは真逆な記事になった気がしますが、艦これ運営にも頑張ってもらいたいですね。

    ゲームでストレス溜めたくはないですから。

    ではでは。