今更ながら羽生結弦と国民栄誉賞ネタ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

今更ながら羽生結弦と国民栄誉賞ネタ

2018-06-04 10:03
    まあテレビのワイドショーとかで未だに騒いでるからね。仕方ないね。

    この件、すでに他の方の多数のブログで記載されている事なので簡単に言うと、

    ・羽生結弦に国民栄誉賞与える前に、それ以上の活躍・貢献をした他の選手(内村航平等)に与えるべきではないか。っていうか何故与えられないのか。

    ・羽生結弦が美化され過ぎてる件
      ・パトリックチャンに大怪我させた件(羽生結弦がエキシビジョンで飛び蹴り食らわせてる映像あり)⇒マスコミはスルー
      ・高校生の頃いじめられてたらしい⇒後輩選手へのいじめっぽい行為はスルー(体育会系のおふざけという理由は通用しません)
      ・練習中によく他の人と当たる⇒スケートなんてそんなもんとスルー⇒過去の選手ではそのような話は無し。子供の頃の映像でも危険行為を確認できる。(浅田真央と某選手の件は論外。)
      ・韓国選手へのコンス(朝鮮式お辞儀:目下の者が目上の者に対して行う。日本でも故意に流行らせようとする動きあり)、記者会見中の朝鮮飲み(これも目上の者に気を使うためのもの。国壊議員(誤字ではない)に多い。)⇒開催国に対する敬意だとスルー

    これくらいかな。後は「日本国旗を下に置けないから誰かに持ってもらおうとした件」とか、仙台市でのパレードの際に、日本の国旗が大嫌いな市長が沿道の市民が降る為の国旗を準備しなかった為、有志(和田政宗議員など)が手配したことなどは完全スルー。

    ・・・とまあ、人気の人だけあって話題には事欠かない。でも私はこの人は正直どうでもよい。子供の頃、小学から中学までいじめの対象になっていた私としては、この人が時折見せる後輩への接し方が見ていて不快。自分がいじめられてたならあのような事は普通出来ないはず。これを私の単なる「ひがみ」と捉えられるならそれでも構わない。

    さて、次にここで私が気になるのが、国民栄誉賞の授与の基準。

    広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったもの

    かなり曖昧なのです。
    元々この賞自体かなり問題があり、Wikipediaのほうが詳しく書かれてます。(丸投げ
    ⇒「国民栄誉賞」の中の「受賞に係る問題点」

    っていうか、私はこの国民栄誉賞もそうだけど、とにかく「基準はあるものの決定者(審判等)で選考・採点が変わるものが好きではないのです。

    今回の場合、「国民栄誉賞」と「フィギュアスケート」の両方が当てはまります。
    他にはなんだろ・・・シンクロとか飛込とかスノボとか体操もかな。あ、サッカーなんかのファールの取り方とかもかな。八百長とかたまに聞くし。
    サッカー以外で出てくる「芸術点」ってやつが「国を背負って出場するオリンピック競技」としてどうなのかなって話。ただでさえ最近のオリンピックなんて利権まみれなので尚更な感じ。

    勿論主観や私情、利権などが入り込まないように都度採点基準に関しては改良されているとは思いますが、そもそも改良が必要な時点で駄目だと思うのです。
    又、国民栄誉賞に関しても多少の改定などが進んでいるようですが、国民の声などの外部団体の声が大きいからこの人に授与しよう・・・とかならない様、厳格に受賞基準を定めてほしいですね。

    尚、Wikipediaにも「総理の政治利用」とか書かれてますが、最終的な決定者は総理であっても最初から最後まで一人で全部決めるほど暇じゃないでしょう・・・とは思います。
    特にこれを現政権への批判に置き換えてる人たちは見当違いというほかありません。

    ・・・あと、いっそのこと、オリンピックの芸術点を決める際に、コンピューターで全て映像判断とかしたほうがいいんじゃないですかね?
    っと思ったけど、そうすると「このコンピューターのプログラムを組んだのは日本だから、日本に有利になるように組まれてるに違いない!」とか言われるんでしょうかねぇ。これじゃあどこが作っても同じだよね。速さや高さだったら分かりやすいけど。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。