【東北きりたん車載】秋田から一人でどこまでドライブ出来るかやってみた Vol.4 投稿しました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【東北きりたん車載】秋田から一人でどこまでドライブ出来るかやってみた Vol.4 投稿しました

2019-10-18 22:36
    という訳で4作目です。



    先日投稿しました。

    投稿者コメントでも書いてますが、今回から編集方法を変えました。

    その話をする前に過去のことを少し。

    私は2010年~2012年頃に動画投稿をしていたことがあります。
    その時はIdolM@sterのキャラを使ったゲーム実況を作ってました。
    (動画はニコニコ動画上に残ってますが視聴不可にしてます。古いし恥ずかしいし)
    ただ、その頃はVoiceRoidもCevioも知らず、音声を当てるという発想もなかったのでキャラの立ち絵と字幕で構成してました。

    その後しばらく作ってなかったのですが、ゆっくり実況やVoiceRoid、Cevioの実況動画が増えてきたので自分でも作りたくなって最近再開した次第です。

    昔は「Dxtoryでキャプチャしたゲーム動画をAviUtlで編集してエンコード」という流れでやってましたが、YMM3で口パクや瞬きさせることが可能なのを知って、この車載動画の3作目までに関しては、「YMM3+VoiceroidUtlで作成したデータをAviutlで加工してエンコード」という手順で編集してました。

    ただ、前回のブログで少し触れましたが、私のPCのスペックが低いから・・・というかそもそもフルHD画質で作るのに無理があるのか、編集中に変な挙動をすることが増えてきました。

    そこで、別にYMMが悪いわけではないのですが、PCの負担というか、編集の手間を減らすため、「直接AviUtl+PSDToolkit+かんしくんで編集してしまおう」という事で、AviUtlのプラグインを見直したりPSDToolkitの使い方を覚えたりして今回から使ってみることにしたわけです。
    あと、現在音声ソフトは「東北きりたん」の他に、Cevioの「さとうささら」も所持しているので、Cevioを使っても同じ様に編集できるよう、PSDToolkitを採用したという理由もあります。

    実際にPSDToolkitを使った感想としては、「下準備にちょっと時間かかるけどその後はすごい楽」という感じです。

    ・・・作るのは楽になりましたが、台詞回しなどは未熟なままなので面白いかどうかは別ですが。


    という訳で、お暇な方は見てやってくださいませ。

    ではでは。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。