第100回音MAD晒しイベントの与太話とか。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第100回音MAD晒しイベントの与太話とか。

2016-12-14 01:15

    ついに迎えた第100回音MAD晒しイベ。今回は個人作と合作ダブルで走らさせていただきました。

    まずはこちら、摩天楼合作。

    実はこの企画知ったのがかなり遅めで、満員ギリギリのとこに滑り込みで入らさせてもらいました。
    当然残り枠もかなり限られており、その中でやれる事は何ぞやとアレコレ悩んだ挙句SKILLパートをチョイス。
    原曲からしてほとんどシャウトで構成されてて史上空前絶叫バトルな感じなのでKBCなら何とかできるだろう、と思った次第です。
    方向性は最初から見えてたんで音声を5月、映像を8月に提出とかなり余裕を持たせて捌けました。やりたい時できる時に即行、これ大事。

    内容について、残念ながら特筆すべき事は特に無いです。原曲に忠実に作ったらこうなりましたという。
    (後にこの内容が思わぬ伏線となるわけですが当時の自分には知る由も無く)

    なお動画にて「にじみ出るレオル感」というコメントをいただきましたが…ありがとう、最高の褒め言葉です。
    プロいというか実際プロな御方に少しでも近付けたっぽい的な評価と受け取ってます。

    続いて個人作はこちら。

    第100回に相応しい選曲といえばこれしかないだろう!と迷わず決めました。
    かつて自分の音楽観を432BPMの超弩級高速で蹂躙粉砕した名曲「Speedcore Dandy」そのリビルドver.です。
    昔作ったやつをキーボードラムマシマシにしたり人力ボカロでちゃんとスピーコーダンディとか叫ばせたり全面的にリビルド…もとい「再破壊」やらかしました。
    旧版がm1dy氏公認という事もあり、本制作に関しては楽曲使用の事前承諾を得たという異例のケースでした。
    (MAD素材の事前承諾に関しては関西平家BOYSという前例がありますが)

    後にm1dy氏に見せたところ「MADのリビルドとは新しいな」と好評価をいただきました。
    m1dy氏に関しては近年の音ゲー参戦で認知度がググッと上がってきたのですが、10年来のファンとして非常に嬉しく思います。
    「m1dy Deluxe」路線が好きなら「Speedcore Dandy」「37 Dicks」「Face Was」「TOKYO STYLE SPEEDCORE」あたりを、
    「m1dy Dynamic」のようなおふざけ要素が好きなら「MEGASHIT」を聴いてみる事を強く勧めます。メーガーネ!メーガーネ!
    特に「m1dy Deluxe」は過去曲から声ネタを多数引用している事もあり、m1dy曲を聴きこむほどに「あ、元ネタこれか」となるでしょう。

    実は当作品に関しては、とある理由により超突貫で完成させました。
    そう、それは10/29の事…
    修造誕生祭の新作仕上げてさあコレ作んべと取り掛かった矢先、突然のDM通知が。
    「ニコニコ10周年メドレー作ってるんですが映像の緊急ヘルプ頼んでいいですか(要約)」
    そうです。ニコニコ動画十年祭プロジェクトのオファーが掛かったのです。

    次回「『ニコニコ動画十年祭』メイキング」御期待ください。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。