【艦これ】次イベで使えそうな新しい事のまとめ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】次イベで使えそうな新しい事のまとめ

2019-04-27 00:44
    色々フワっと紹介、形だけでも頭にいれておこう

    新しいことについて

    艦載機関連
    一部の機体・ネームド機の対空射撃回避力が向上
    おおよそ3割程度の対空砲火による撃墜率低下
    とりあえずここに書いてある機体は落とされにくくなったとフワっと覚えておこう
    どこに何を乗せるとかの詳しい計算なんかはイベントで行き詰ったとき考えます

     艦攻 
    97艦攻(友永)
    天山(友永)
    97艦攻(村田)
    天山(村田)

     艦爆 
    99艦爆(江草)
    彗星(江草)
    62爆戦(岩井)

     陸攻 
    一式陸攻(野中)

     噴式 
    噴式景雲改
    橘花改

     水上爆撃機 
    瑞雲(634空)
    瑞雲12型
    瑞雲12型(634空)
    瑞雲(634空/熟練)
    瑞雲改二(634空)
    瑞雲改二(634空/熟練)

    艦載機フィット

    一部の艦に搭載することで火力が上がるようになった

     艦攻 

    97艦攻(友永)
    飛龍改二 +3
    蒼龍改二 +1

    天山(友永)
    飛龍改二 +7
    蒼龍改二 +3

    天山(村田)
    赤城改 +3
    加賀改 +2
    翔鶴改二甲 +4
    瑞鶴改二甲 +2
    龍驤改二 +1

     艦爆 

    99艦爆(江草)
    飛龍改二 +1
    蒼龍改二 +4

    彗星(江草)
    飛龍改二 +3
    蒼龍改二 +6

    彗星一二型(三一光電管爆弾搭載機)
    飛龍改二 +3
    蒼龍改二 +3
    鈴谷航 +4
    熊野航 +4
    伊勢改二 +2
    日向改二 +4

    他にもあるかも、とりあえず重要そうなのだけまとめ
    伊勢型改二でのみ射程長の艦爆二式艦偵を組み合わせると射程超長に出来る、使う機会が少ないだろうが覚えておきたい
    火力が上がるってことは砲戦のみならず、支援にも影響してくるので覚えておきたいところ

    特定の艦爆で昼砲戦での対地攻撃が可能に

     艦爆 
    彗星一二型(634空/三号爆弾搭載機)
    試製南山
    F4U-1D
    FM-2
    Ju87C改系列

    今現在(2019/4/25)ではこの5機が対地攻撃に参加可能
    空母に対地してほしくない場合は載せないようにしよう
    対地攻撃時はFBAなどの戦爆CIが出ない模様、ただし熟練度はしっかり乗るので明らかに空母が過剰で対地攻撃に参加させてもいいなと思ったら混ぜるのは全然アリ
    この変更の利点は水上艦へのFBAと熟練度を乗せた対地攻撃の両立である

    注意したいのは空母の夜襲攻撃における挙動は対地攻撃不可能な艦爆が乗っていても夜間に対地攻撃するということ、ここを勘違いしないようにしよう



    伊勢改二・日向改二 特殊攻撃の先行実装

    海空立体攻撃
    主砲1~/彗星(634空)系2 キャップ後1.3倍

    瑞雲立体攻撃
    主砲1~/瑞雲系2 キャップ後1.35倍

    一番嬉しい新実装要素、ともかくこれで伊勢型改二は主砲2彗星634系2で弾着を出すことが可能、瑞雲立体攻撃のほうが少し強いが偵察機系なしでの弾着が放てるようになったのは大きい

    主砲
    主砲
    彗星(634空)⇔瑞雲
    彗星(634空)⇔瑞雲
    徹甲弾⇔艦戦

    こんな感じの組み合わせが良さそう、でも徹甲弾CIより倍率が控え目なので空爆込みで火力を期待することになる
    砲火力だけを期待したいなら別な艦でいいし、単純にこの新特殊攻撃を出すために装備を組むのではなく、伊勢型改二の強み(制空補助や開幕攻撃補助など)を活かしたうえで選択していきたい

    日向改二 回転翼機2機 or 対潜ヘリ1機で先制対潜が可能

    回転翼機はカ号とかオ号とかそのへん
    ヘリはこれ


    活用としてはヘリ1で先制対潜を出すのが主になるが、対潜ダメージは当然装備の対潜値依存なため仮想敵を倒す場合はダメージに注意
    主に低難易度で活用できそう(低難易度では弱い潜水艦が多いため)な仕様である
    輸送連合の第二には入れられないし水上や機動連合でも高速+まで上げないと編成ができない
    あと落ちにくくなったからと言って瑞雲を装備してしまうと砲戦でも潜水艦に攻撃が吸われるようになるため色々注意が必要、しかしたら7隻編成マップなどで活用できそうなので覚えておこう



    金剛改二丙 実装

    まさかの第三改装実装 開発資材300が重すぎて在庫が心配

    出来るようになったこと
    WG搭載可能
    瑞雲搭載可能(水戦×)
    閉幕雷撃

    気をつけなきゃいけないこと
    第二改装から装甲が低下(94→88 -6)
    火力は第二改装から据え置き

    つまり何が言いたいかというと、第二改装に比べて連合第一での適性が落ちていること
    連合第一に金剛改二丙を出すなら別の金剛型改二を出したほうが装甲値の関係で都合がいい
    つまり連合第一は適当に霧島に任せとけばOK
    WG搭載可能により対地性能に関してはかなり期待が持てるようになった
    というのも三式弾2.5倍のソフトスキン型は重巡でも夜戦キャップで叩けてしまうが、問題は三式弾1.7倍のハードスキン型である、これに対処するために主砲2三式弾WGの構成が連合第二で無理なく取れるようになったのは嬉しい所、長門型は低速なので差別化も出来ている
    下に続く

    わかりやすいようなわかりにくいような比較画像
    金剛丙の対空は89まで上がるけどまだ上げれてない

    夜戦火力は金剛が5高い、耐久性ではBismarckに軍配
    当然夜戦などでは攻撃倍率が掛かるので5違うってことは相当違うことになる

    金剛改二丙 試製35/試製41/九一式徹甲弾 98→146
    146+42=188
    188×1.2(夜間連撃)=225(critical時338)

    Bismarck 38改/試製41/九一式徹甲弾 99→146
    146+36=182
    135×1.2(夜間連撃)=218(critical時327)

    こんな感じで連撃で通常命中で7criticalを引くと11の差がある
    たかが5と覚えずしっかり見極めて使おう
    あと瑞雲が使えることでキラ付けが格段に楽になった、支援戦艦としての立ち位置もあるかもしれない

    今更すぎる既知のことについて

    基地関連

    一式戦隼Ⅲ型甲★max > 一式戦(54戦隊)である

    制空値4違う

    空襲で14まで損耗すると3違う



    隼Ⅲ型maxを使った第一航空隊の一例

    半径8までを届かせるならこれ



    54戦隊は半径7なので半径は8に留まる
    二式陸貞熟練を入れる編成なら改修隼Ⅲ型が完全上位互換




    二式大艇+隼Ⅲ型 半径9



    二式大艇+54戦隊 半径10


    9以上を届かせるならやっぱり改修隼Ⅲ型になる
    54戦隊が上回ってくるのは54戦隊+陸攻34型のみで制空劣勢が可能で半径7のボスの時である
    それ以外では総じて改修隼Ⅲ型が強いので絶対にmaxを1個作っておこう
    空1の差で制空劣勢テーブルに乗って陸攻が増やせることがあるので怠らないようにしたい

    改修に必要なモノ
    52艦戦 3×6=18
    烈風 2×4=8
    ネジ(6以降確実化) 52個

    改修担当艦



    イベントはGW明けっぽいので頑張っていきましょう
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。