【艦これ】たぶん図解!他より一歩進んだ艦隊防空を目指す【推測と仮説多め】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【艦これ】たぶん図解!他より一歩進んだ艦隊防空を目指す【推測と仮説多め】

2015-09-16 20:41
  • 37
2015/09/17 計算式修正済み

めっちゃ長いです

難解すぎる艦隊防空事情、wikiの情報を紐解きながら理解していきます
対空CIも含めたシステムを駆使し他の鎮守府より一歩進んだ艦隊防空実用化を目指します
当然完全に正しい情報と保証できるものではありませんし大破が出ても責任は負えない!
あくまで目安に、参考程度に御覧ください

ちなみに筆者が式を調べたわけではなくWikiの受け売りである
この撃墜計算式を導き出してくれた検証班には感謝したい…
この情報が無駄にならないようしっかり理解し、見ていこう
図で頑張って紹介していますが、結構面倒臭い計算や解説が入るので注意


対空砲による敵機撃墜と対空CIの流れ

stage1


敵の攻撃機1スロ毎に艦隊の中から1隻が敵機迎撃艦として選ばれます
当然ながらこの迎撃艦の対空値が高ければ高いほど多く撃墜可能
誰が選ばれるのかわからないので対空の高い艦を集めて使ったほうが被害は減る

また敵の攻撃対象がこちらの迎撃艦とは限らないので、こちらも覚えておきたい

stage2


選ばれた艦が 割合撃墜  固定撃墜 を発動、このシステムについては後述
どちらも成功率は50%(と推測されている)で両方成立しないこともあります
両方未成立だった場合の撃墜はわずか1機のみ、4回に1回は撃墜が全く成立しない時があると覚えておこう

stage3


ここで問題の対空カットインが発動
イメージ的には迎撃艦をフォローするような形で発動しています
対空CI種別に応じた撃墜数を敵攻撃機全スロットへ向け発動、撃墜します
もちろん迎撃艦に摩耶が選ばれ、そのまま自身が対空CIする事もあります

また対空CIの追加効果として、迎撃艦が固定撃墜を成功させた時に追加撃墜ボーナスを得るという物があるらしい、今回はこの追加撃墜ボーナス式が全く1ミリもわかっていないので、これを計算に入れずに進行していく、ご了承願いたい
誰かこの撃墜ボーナス式わかる人いたら教えて......


要は
攻撃をされてる艦
迎撃をしている艦
対空CIしている艦
個別に選ばれるということ
攻撃されて尚且つ迎撃に選ばれることもあるし
攻撃されている艦対空CIを出すこともあるし
迎撃している艦対空CIを出すこともモチロンある

ここで迎撃が終了、 割合 固定 の撃墜+対空CIによる撃墜分敵の艦載機が消滅します

実用的な対空カットインと撃墜数
ここで表記されているCI撃墜数は発動時に敵全スロットに向けて行われるものです

秋月型(秋月・照月など)
高角砲
高角砲
電探
CI撃墜数:7

高角砲
電探
CI撃墜数:6

高角砲
高角砲
CI撃墜数:4

防空に特化した秋月型は隠し能力として高射装置を内蔵している、凄い!
高射装置内蔵だからこそ高角砲2つで対空CIも発動可能
特に高角2電探の対空CIは固定撃墜数7と摩耶専用CIに迫る勢いの撃墜数を誇る
欠点がないように見えるが秋月型の対空CI順序は最遅のようだ
他で対空CIが成立してしまうとそちらが優先されてしまう
せっかく撃墜7の対空CIが発動しても、撃墜4CIに上書きされてしまうこともあるため
秋月型を使うなら他の駆逐艦は対空CIさせないようにしたい

水上艦(駆逐・巡洋艦・戦艦・空母・水母など)

10cm連装高角砲+高射装置
対空電探
CI撃墜数:4


12.7cm高角砲+高射装置
対空電探
CI撃墜数:4


代表的な対空CIの編成、高射装置が内蔵された高角砲と対空電探を装備し発動させる
発動時に起こる撃墜数も4と悪くなく、駆逐艦の装備に迷ったらこれにしてもいい
秋月砲+10cm高角砲+対空電探という構成にすれば秋月砲を節約しながら夜戦連撃も可能

こちらの発動順序が秋月型の対空CIより速いらしく
こっちで成立してしまうと秋月型の対空CIを上書きしてしまう
当然秋月型のCIは無効になりこちらの対空CI撃墜数が適応されてしまうため注意したい

摩耶改二

高角砲
25mm集中配備機銃
対空電探
CI撃墜数:8

高角砲
25mm集中配備機銃
CI撃墜数:6

摩耶改二の専用カットイン、撃墜数が非常に多いのが特徴
対空CIを取ると弾着連撃が不可能になってしまうのが唯一にして最大の欠点か
また優先順位も水上艦の対空CIより高いらしく、こちらが優先して出る
通常艦隊では対空CIなんかしてるより弾着で黙らせてしまったほうが速いが、火力過多になりやすい連合艦隊向きの仕様と言えるだろう
ただし連合の場合も置き方に注意が必要で、対空CIで落としても砲撃戦で事故が起きては元も子もない、弾着連撃が出来ないため最初に動く艦隊には配備しないことを推奨
つまり
水上連合の場合は第一から動くので摩耶を第二艦隊に
機動連合の場合は第二から動くので摩耶を第一艦隊に配備したい

判明している対空加重倍率と艦隊防空値

加重対空値の計算

現在判明している装備対空倍率
高角砲   ×4 
対空機銃  ×6 
対空電探  ×3 
高射装置  ×4 
主砲    ×0 
三式弾   ×0 

現在判明している加重対空値の式
加重対空値=倍率×{装備対空+(0.7×√改修★数)}
       ↓4つの装備の加重対空値の合計を素の対空(装備無し時)と足す
最終対空値=加重対空値+素の対空値

例 画像をクリックするとオリジナルサイズで見れます




艦隊防空値の計算
こちらは艦隊防空と呼ばれる数値で、数値として出てくる値は低いですが艦隊全体に効果を及ぼします
艦隊全体への効果の代わりに、固定撃墜のみの反映のようです

加重対空値全員の艦隊防空値を合わせた値が固定撃墜対空値になるようです

つまりこう
装備加重の合計艦の素の対空艦隊防空値固定撃墜対空値
装備加重の合計艦の素の対空割合撃墜対空値


計算式はこちら
艦隊対空ボーナス値 = [装備対空値 × 装備倍率(艦隊防空)]の合計(端数切捨て)  
装備補正

主砲
副砲対空機銃 ×0.2
高角砲高射装置   ×0.35
対空電探       ×0.4
三式弾        ×0.6

載ってない装備については未検証


陣形補正
こちらの陣形補正は艦隊防空値のみに影響を及ぼします

単縦陣×0.77
梯形陣×0.77
単横陣×0.77
複縦陣×0.91
輪形陣×1.2

今回は単縦陣で計算します
あと艦隊ボーナスを正しく適用させるために仮定艦隊を組んでみていきましょう
大淀以外の艦隊防空値は仮定です

割り当てる計算式
艦隊防空値 = [陣形補正 × 各艦の艦隊対空ボーナス値の合計](端数切捨て) × 2

画像はこう クリックするとオリジナルサイズで見れます

上のように計算していくと
10cm連装高角砲+高射装置 加重対空値40 
90mm単装高角砲★★★★ 加重対空値37 
21号対空電探       加重対空値12 
25mm三連装機銃集中配備 加重対空値54 
40+37+12+54=143
この装備による加重対空値は143になる

まずは割合撃墜対空値を求める、素の対空装備加重合計
74+143=217
次に固定撃墜対空値を求める、大淀の素の対空装備加重さっき出した艦隊防空値を足す
74+143+32=249

この装備と艦隊では
割合撃墜対空値は217
固定撃墜対空値は249
ということになる


この艦隊防空値は連合艦隊になると12隻分の艦隊防空ボーナスが加算されるため
恐らく通常艦隊ではありえない量の艦隊防空ボーナスを得られる可能性がある
ますます連合艦隊の防空装備に注目していきたい

紹介しているガバガバ装備の大淀さんの最終対空値が多分みんな理解できたところで…
次は撃墜式のお勉強、仮想敵はみんな大好き空母棲姫  通称空母おばさん

艦爆52艦攻56を搭載する強敵であり永遠の悩みの種
最終的にはコイツの艦載機を枯らしたい!と願う提督も多いはずだ
というわけで空母棲姫の 最も搭載が多い 艦攻56 に注目し計算していく

以下の式に当てはめて撃墜を見ていこう
割合撃墜 迎撃成功率50%
最終対空値×0.9÷360×敵機数

固定撃墜 迎撃成功率50%
最終対空値÷10 端数は切り捨て 

不確定要素が多分にあるため、撃墜判定などの仮定を付ける

仮定すること
①大淀が空母棲姫の艦攻迎撃艦に選ばれる
②摩耶が対空CIを発動(撃墜8のCI)
③大淀の 割合撃墜 成功する
④大淀の 固定撃墜 成功する
⑤敵制空権劣勢での損耗率20%

確定していること
①大淀の割合撃墜対空値は217・固定撃墜対空値は249
 味方制空権優勢  敵制空権劣勢 
③陣形は単縦陣
味方艦隊には撃墜1の最低保証がある
⑤対空CIによる固定撃墜は割合撃墜の後に行われる

この条件で計算を進めていく、では状況開始!

①索敵、敵艦隊発見 航空機発艦
確定3:単縦陣を選択
陣形は単縦陣

②制空戦開始
確定2:味方制空権優勢・敵劣勢
味方制空権:優勢!
敵 制空権:劣勢!


③制空権の確定により敵全艦載機が20%損耗!
仮定5:敵制空権劣勢での損耗率20%


④艦隊に敵攻撃機が飛来
仮定1:大淀が空母棲姫の艦攻迎撃艦に選ばれる



⑤大淀迎撃中、それに合わせて摩耶が固定撃墜8の対空CIを発動
仮定2:摩耶が撃墜8の対空CIを発動
仮定3:大淀の 割合撃墜 は成功
仮定4:大淀の 固定撃墜 は成功
確定1:大淀の割合撃墜対空値は217固定撃墜対空値は249
確定4:最低保証があるため最終撃墜数に+1
確定5:対空CIによる固定撃墜は割合・固定撃墜の後に行われる




ここまでで撃墜計算式は終了し砲撃戦へ移行
もし敵機が残っていたら艦隊に飛来することになる


かなり難解だがなんとか理解して欲しい、次に注意事項をまとめて見よう

・割合撃墜はあくまで'割合'なため基本的に枯らせない
艦戦が割合でしか撃墜されず絶対に枯れないのと同じように
この割合撃墜だけでは敵機全滅はまず不可能
出来るとすれば割合が100%になることだが、それには最終対空値400が必要

ん?この400という数値どこかで…

装備なしの状態で対空390…この装備を足すと…あっ…(察し)
推定最終対空値482 割合撃墜120% 固定撃墜48機
まさにその通りで、防空棲姫の対空はただのやっつけではなく
装備込みで割合撃墜100%超のために調整されていたと言える、恐らく丙で割合撃墜を100%にするための装備で、甲基準ではオーバーしてしまったのかも知れない
防空棲姫が担当したスロットは割合か固定どちらか成立するだけで、加賀の46スロが無傷でもいとも簡単に消し飛ぶ

・固定撃墜を基準に防空設備を整える
固定撃墜は文字通り固定であり敵機数に左右されない、成立すれば安定した撃墜数を稼げます
これに対空CIの撃墜数を合わせて敵を枯らすのが今回の課題

・両方共撃墜成立は50%
割合と固定撃墜が50%の成功率と推測されている以上、必ず発動なんてものは得られない
事故るときには事故ってしまうと割り切る心も大事
でも狙って枯らせたら素敵…素敵じゃない?

ここまでのお話をおわかりいただけただろうか…長くなってスミマセン
いよいよ固定撃墜と対空CIを使って艦隊防空実用化を目指す

現時点で艦隊防空のキーになる装備はこれ

25mm三連装機銃 集中配備
ババーン!現時点の最強対空機銃、その対空加重は+54にも及ぶ
これ一つで迎撃艦の割合撃墜13% 固定撃墜が5機もアップ
しかもこれ…全艦種に装備できるとあって実はカナリできる子
索敵が許すならば駆逐の3スロ目にはこれを載せたいほどに有能優秀万能
摩耶改二が持ってくる上に設計図を使用しないので牧場する価値があるかも知れない
25mm三連装機銃からも改修可能で、余ってる人はデイリーでコツコツ目指してみるのもいい

10cm連装高角砲+高射装置

通称秋月砲、駆逐軽巡に載せれる最強高角砲である
対空加重値は脅威の+40、もちろん主砲なので2基乗せることで連撃も可能になる
秋月がいない場合は吹雪改二を二番艦にして明石工廠で94高射装置から装備更新可能
この装備2基に集中配備機銃を合わせると…その対空加重は134!
最終的にはこの2つの装備をなんとか用意して艦隊防空を仕上げていく事になるだろう
幸いにも装備改修の敷居は低い

ちなみに普通の10cm連装高角砲のほうは対空+7のため、加重対空は7×4=28になる
つまり2つで加重対空+56
秋月砲が足りないなら間に合わせでこっちの採用もあり
12.7cm連装砲よりは遥かに有用なためなるべくこちらの採用が吉か

12cm30連装噴進砲

誰もが忘れているであろう隠れ優秀装備、よく見たらコイツ対空機銃カテゴリだった(驚愕)
集中配備機銃が揃っていないならFlaK機銃と対空値が並ぶ優秀さ
しかもこの装備は航空母艦を適当に改造するだけでもってくるため、かなり入手がしやすい
ちゃんと育てている提督ならもう5つ以上もっているだろう
対空以外の能力アップは残念ながらないが入手のしやすさとそれに見合わぬ能力値があるため、間に合わせとして使うには十分過ぎる装備である

12.7cm連装高角砲+高射装置

通称摩耶砲、高射装置が内蔵されている巡洋艦用の副砲である
94高射★maxから明石工廠で更新可能で、2番艦は摩耶改二
90mm単装高角砲を持っていなければ作る価値はあるが持っているなら作らなくていい
加重対空は32でなかなかの高水準

90mm単装高角砲

パスタ砲の中でOTOに次ぐ使えそうな装備、実際強い
なんとこの装備は高射装置を内蔵していようで、実質摩耶砲として扱える
史実では搭載されていなかったそうだが特例だろうか?
加重は32で摩耶砲と一緒
入手手段は今のところないがイタリア戦艦が大型入りすれば普及するだろう
摩耶改二の装備を
高角砲
90mm or 摩耶砲
対空電探
集中配備機銃
にすることによって夜戦連撃を保ちながら対空CIが出せる

3.7cm FlaK M42

Bismarck zwei,Bismarck drei,Z3 zweiの初期装備の対空機銃
集中配備機銃に最強の座は明け渡したが上方修正により対空+8にまで上り詰めた
機銃カテゴリだけあって倍率は六倍で48もの対空加重を産み出す
集中配備機銃の間に合わせとしては最高の装備で、これを装備して加重対空値が十分なら集中配備は不要なほど高性能、火力命中が上がるのもポイント
無理に牧場することはなさそうだが、ビス子とZ3を育てきっている人は3つ持っているはずなので有効に活用したい

ここからは事故を減らすための艦隊防空を目指す

結論から言うと目標となる最終対空値は150!
(装備加重+艦隊防空値の合計の数値)

集中配備が54の加重を持っているため案外あっさりいけそうである
実際集中配備機銃があれば簡単に届いてしまう値だ
また仮定を取り入れて見ていこう

今回仮想敵として扱うのはこいつら


判明している対空装備の倍率(こちらは装備自体が起こす装備艦への対空加重)
高角砲  ×4 
対空機銃 ×6 
対空電探 ×3 
高射装置 ×4 
主砲   ×0 
三式弾  ×0 

判明していない装備については×0で計算を行う(烈風など)
より精査するため実際に艦隊を組んで見ていきましょう

今回の仮想艦隊 重巡2戦艦2空母2


装備による艦隊防空ボーナス 陣形は単縦陣で計算する
①妙高 +1
②長門 +2
③陸奥 +2
④瑞鶴 +0
⑤翔鶴 +0
⑥摩耶 +7
-----------------------------
この合計数に陣形補正をかけ2倍にする
12×0.77×2=18

この艦隊の艦隊防空値は18

お呼びした迎撃艦はこちら

25mm集中配備 対空9×6=54
ここに素の対空値80と艦隊防空値を足す
54+80+18=152
この装備の固定撃墜対空値は152になる

割合撃墜対空値は
54+80=134


仮定すること
①制空権劣勢時の損耗率は20%
②妙高の 割合撃墜 失敗
③妙高の 固定撃墜 成功
④摩耶が固定撃墜数6の対空CIを出す
⑤妙高が全ての艦載機を迎撃する
⑥敵艦攻の雷装は15
⑦敵触接の補正は20%


確定していること
①妙高の割合撃墜対空値は134・固定撃墜対空値は152
②味方制空権優勢・敵制空権劣勢
③陣形は単縦陣
④味方艦隊は撃墜1の最低保証がある

①会敵
確定3:陣形は単縦陣
単縦陣を選択

②制空権優勢
同じ処理を2回するとアレなので艦攻だけで見ていきましょう
仮定1:敵制空権劣勢のため20%損耗
確定2:味方制空権優勢・敵制空権劣勢

flagヲ級の艦攻32→25機
flagヲ改の艦攻36→28機

③迎撃フェイズ
仮定2:妙高の割合撃墜は失敗
仮定3:妙高の固定撃墜は成功
仮定4:摩耶が撃墜数6の対空CIを出す
仮定5:妙高が全ての艦載機を迎撃
確定1:妙高の割合撃墜対空値は134・固定撃墜対空値は152
確定4:味方艦隊には撃墜1の最低保証がある

妙高の割合撃墜は失敗→撃墜0機
妙高の固定撃墜は成功→撃墜15機

摩耶の対空CIが発動→撃墜6機
最低保証撃墜の+1機
15+6+1=22機の撃墜

④飛来する敵機
22機の撃墜により敵艦攻減少!
flagヲ級の艦攻が25→3機に
flagヲ改の艦攻が28→5機に

雷装15 3機・触接20%の艦攻ダメージ
通常48
強撃91

雷装15 5機・触接20%の艦攻ダメージ
通常56
強撃105

⑤結果
通常威力60程度の攻撃力まで落ちれば直撃しても重巡や軽巡の装甲なら弾けます
ここまで減ってようやく艦隊防空で事故を防げた、と言ってもいいでしょう
当然妙高の割合撃墜が成立していれば十分枯れる範囲です、両成立する確率は1/4ですが十二分に枯らせることがわかってきたと思います
また今回は対空CIによる変動ボーナス(固定撃墜が成立した時にボーナスが乗る)を計算に入れていないため、残機5程度ならもしかしたらこの変動ボーナスで消し飛ぶ可能性もある

強撃を引いてしまうと結構危ないです、駆逐艦に当たれば間違いなく吹き飛びます
ここまで来て言うのもアレですが、結局強撃を引いても撃墜が成立しなくても当たらなければダメージを受けないため、避けることを祈るのは大事

防空における装備例
結局どうすれば敵空母を枯らせるのか事故を減らせるのかですが
艦隊の中から1スロ毎に迎撃艦が決まる以上、対空値の低い艦が選ばれることもあります
所謂ハズレ艦というやつ
つまりこう
1 最終対空180
 最終対空100
3 最終対空90  ←コイツが選ばれたらどうしようもないし
 最終対空200
5 最終対空170 ←対空の高い艦が選ばれても撃墜が成立しなければ0と一緒
 最終対空140

対空の高い艦が迎撃として選ばれ、尚且つ撃墜が成立しないと敵機は落ちない…
限りなく運ゲーの極地ですが…最終対空の高い艦を多数配備することで艦隊全体の撃墜アベレージを上げていくことで多少なりとも事故を防げます

陸上型を相手にしない限り三式弾はいらないので、そこに集中配備機銃を積むことも出来る
これにより最終対空値を高めていく、提唱したい装備はこう


重巡編

最終対空値 熊野113+艦隊防空値  妙高134+艦隊防空値
やはり最上型では無理か…堅実な艦隊防空を目指すなら妙高型や鳥海の採用を急ぎたい
当然これでは三式特攻は付かないため、ボスが陸上型なら機銃を下ろし三式弾を乗せること
摩耶改二は元の対空値が高いため適当な装備でもかなりの撃墜を見込める
全体に及ぶCI撃墜は無くなってしまうが無理に対空CIにしなくても効果は高い


だが結局ボスを倒せなくては意味が無いことを覚えておきたい
また艦隊防空はかなりの不確定要素を含むため、無理に最高を求めなくても問題ない

一般的な重巡装備

一般的な重巡は連合艦隊でも通常艦隊でも4スロ目が大体フリーになる
当然ボスが陸上型なら三式弾を積みこむし、渦潮や命中率を対策するなら電探を乗せる
特に重巡はボス撃破を想定した役割を持つことが多いため艦隊防空を求める前にボスを倒せる火力を求めることのほうが重要な場合も多い


イベント最終海域で見られる装備

このように、ボス撃破を想定とした火力装備の場合は艦隊防空をする余裕が無い
あくまで艦隊防空は火力が余った時の逃げ道と覚えておこう
ボス撃破に必要な火力を調達したら、後は有効な艦隊防空装備を詰め込むだけで航空戦が激しい道中や、特に撃破は出来ずともボスにさえつければいいという削りの場合に大きく攻略に貢献してくれるだろう

軽巡編

軽巡は通常3スロのため機銃を乗せる枠がありません、ですが大淀は別
掟破りの秋月砲積み、最終対空値208+艦隊防空値
火力がガタガタになるためこれをやるなら秋月砲改修必須か?
秋月砲は小口径主砲のため問題なく弾着連撃も可能だ
ちなみに3号砲2/零観/集中配備で最終対空値128+艦隊防空値になる
無理に秋月砲を配備しなくても妙高型に匹敵するためここまでする必要はないかも
だが空母棲姫をなるべく枯らしたい人は採用する価値あり


一般的な軽巡の装備

軽巡は大体が3スロなため、通常は装備枠に余裕が無い
この場合防空装備にすることは不可能なのでそこまで重視しなくてもいい
阿武隈に防空装備をもたせると個性を殺してしまう、必ず阿武隈改二は火力に特化させたい

装備枠に余裕が出来る大淀や搭載0の水偵を載せれない軽巡は多少の装備枠に遊びがある
もっとも最終決戦に搭載0軽巡を連れて行く愛溢れる提督は大体魚雷CIにしているので防空装備を積み込む余裕はないと思われるが…



駆逐編

最終対空値 夕立193+艦隊防空値 綾波186+艦隊防空値
連撃駆逐といえばこの二人、この装備なら無改修でもこの対空値に届く
恐らく艦隊防空を足すと200を超えてくるため、ヲ改クラスの艦載機でも対応できる
イベント最奥部でも通用可能なこの駆逐装備はきっと攻略の手助けになるはずだ
ちなみにこの装備では対空CIは出ない事を覚えておこう
対空CIを出すなら秋月砲1対空電探が必須、この場合駆逐二人の内どちらかは機銃は諦める形になる
雷装+3(火力+3も?)という強力な効果が付く25mm三連装機銃★maxを装備させてもいい
この場合(秋月砲2/25mm機銃★max)の加重は
夕立170+艦隊防空値 綾波163+艦隊防空値 
これに雷装+3(火力+3?)の改修ボーナスが付く



イベント最終海域で見られる駆逐装備

我らが雪風、時雨なんかも魚雷CIで使う人が多い
結局はこちらも一緒でボスを倒せなきゃ意味が無い
'ボスを撃破する'という役割を与えている艦娘は防空装備にする余裕が無いのだ
あくまで余剰火力を有効に活用し道中の安定化を図るための防空装備なので、こちらに意識し過ぎないよう火力と防空のバランスを取って行きたい
中破やらなにやらで火力も削げていくので十分な安全マージンは必要だが、ここらへんは提督それぞれだと思うので個人でバランスを考えてもらいたい

最後に
この艦隊防空システムは特化しても不確定要素が多すぎるため悪手になることも多い
あくまで余剰火力になった場合の装備方針の逃げ道ということを深く覚えておくこと
これまでは火力と夜戦装備、どちらにしようか。だったのが
火力は集めたし、残りこんなに夜戦装備はいらない、なら防空装備にしてしまおう、と今回の記事で思っていただけたら嬉しい

どちらかと言うと削り段階や乙・丙周回向けの装備かもしれない
低難易度では火力があまりがちになるので道中の安定化を図るために入れてもいい
最終決戦では敵旗艦を撃沈しないとクリアできないため
必ずそのことを頭に入れて艦隊の装備を整えてもらいたい

これからは
①どの艦娘が対象を枯らせる可能性があるのか理解し
②その枯らせる防空装備をした艦娘を火力を維持しながらどれだけ増やせるか

に注目して組んでいきたい

連合艦隊でのオススメ方針としては
摩耶対空CIを筆頭に、駆逐1人は集中配備を装備させた連撃アタッカー、もう1人(普通の駆逐か秋月型)が対空CIで発動率をカバーする感じ
駆逐アタッカーの装備を魚雷CIにするなら機銃は諦めたほうが良さげだが、各自で能力をみて決めてもらいたい

摩耶CI(撃墜数6,7)→駆逐CI(撃墜数4,6,7)
対空カットインを二人混ぜ発動率をカバーすれば撃墜役も増え安定感は増す
連撃駆逐に機銃を装備させていれば3/12人が高撃墜役になれる
ここに集中配備機銃を装備した重巡が増えれば増えるほど艦隊防空の有用性は増していく


おまけ
仮想連合艦隊 画像をクリックするとオリジナルサイズで見れます

この編成は駆逐の対空CIを捨てているが
綾波か夕立どちらかに対空電探を持たせ対空CIを発動させてもいい
長門型の対空も高いため、ヲ改クラスに対し撃墜役として期待できるのは
長門・陸奥・摩耶・鳥海・夕立・綾波と6人の約半数が有効撃墜数を叩き出せる
もちろん火力に余裕があれば妙高にも機銃を配備し7人、軽巡を増やせば8人と増えていく
だが空母に機銃を持たせるのはやめたほうがいいだろう、それなら艦攻を1つ増やしたほうがマシである
何らかの理由でボーキサイトを節約したい場合は機銃装備はもちろん有り
集中配備が足りなければ通常の25mm三連装機銃やFlaK機銃・噴進砲などを配備させよう


この艦隊の艦娘が空母棲姫の艦攻56スロを担当した時の撃墜数

実際は制空権優勢以上をとっているため56機飛んで来ることはまずないです
制空優勢で簡単に計算すると
おそらく摩耶の対空CI撃墜8を合わせると綾波あたりがギリギリ枯らせるボーダー
ヲ改の艦載機を枯らせるのは割合・固定両成立で加賀まで
ヲ改を固定のみで枯らすには固定撃墜18程度必要になります、艦攻の開幕攻撃を無効化するレベルの撃墜なら固定13機程度でも可能



気になることがあったらお気軽にコメントまで

修正・追記履歴
2015/09/17 wikiの計算式変更に伴って大幅な加筆を行いました、ご指摘ありがとうございました
2015/09/18 説明文を修正・加筆
2015/09/18 艦隊防空が割合撃墜にも加算されていたため式を修正・加筆
2015/09/21 わかりにくい解説を少し修正
2015/09/21 装備紹介を追加


広告
他27件のコメントを表示
×
わかったけどわからん(見栄っ張り
要は空母おばさん棒立ちさせたかったら航空優勢以上とって摩耶の対空CIが発動して迎撃艦に対空特化装備の綾波が選ばれて50%×50%の確率引いてやっと棒立ちさせる事が出来るって考えでおk?
まぁ棒立ちはともかくフラヲ改相手だと摩耶対空CI発動して割合撃墜か固定撃墜の50%が発動すれば装甲で防げて道中事故率減らせられるって考えでいいんかな・・・
これもうわかんねぇな・・・(池沼
42ヶ月前
×
わかった(全然わからん・・・)、ゆっくり動画で解説お願いしたいです
42ヶ月前
×
とりま防空棲姫がマジでヤバイ奴だったって事はわかった。
メイン編成が対空寄りの娘ばかりなので読み込んで参考にします!
42ヶ月前
×
素晴らしい!
つまり今回のイベ(アプデ)で一番扱いが変わった装備は艦載機ではなく対空機銃だったのか

しかし、艦隊全ての艦艇に対空性能が求められるようになるとは・・・
今回のイベで照月取り損ねたツケが早速きたぞ・・・
42ヶ月前
×
一行で言うと「対空CIしない子は対空機銃(欲を言えば25mm集中)持たせておくと航空戦や空母からの砲撃でダメージ軽減できるかもしれんが最低限の火力は維持しとけ」って感じでいいのかしら?
42ヶ月前
×
駆逐の3つ目を毎度毎度電探にしてたけど機銃がよかったのか
照月もあれの改修できるし、また改修しなきゃいけないリストが増えたな
42ヶ月前
×
航空戦ってStage1制空争いStage2対空砲火Stage3航空攻撃という分類になってると思うんだけど
Stage2の対空放火シーンをただStage1,2,3とか言ってるのはなんかすげぇ違和感・・・
(Stage2-1,2-2,2-3とかなら分かる)
42ヶ月前
×
対空CIを秋月に任せる場合は 秋月砲2 対空電探より 秋月砲2 集中機銃のがいいんだろうか
42ヶ月前
×
>>38 IZUMIさん
秋月の高角砲2CIは撃墜数4と平凡なので、対空CIとして機能させる以上は電探は絶対載せたいですね
撃墜4CIを使うなら他の駆逐艦でいいので、なるべく高角砲+電探の6・7撃墜を狙っていきましょう
秋月型の場合は素の対空も高いので集中機銃を装備させなくても十分な対空があります
42ヶ月前
×
あぁ、装備説明のとこに書いてある集中機銃の固定撃墜5がプラスされるわけじゃないんですね
お早い回答ありがとうございますー
42ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。