精神の更新と自動化の狭間 ーー意識はどのようにして自動化を逃れるか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

精神の更新と自動化の狭間 ーー意識はどのようにして自動化を逃れるか

2019-06-03 19:45

     どうも。ユーザー名が変わってますが、《み》です。久々に自分の過去記事を見直してましたが、やっぱり分かりずらいように感じられたので、ざっと数個ある記事の中の簡略記事を書いてみようと思います。

     「一つの魂に、一つの脳が対応する」というのは自明なのか?

     もし魂を人格のようなもう少し具体性のあるものにした場合、頭の中で汝や彼を生み出せる謎が残ります。というかむしろ、今までに心に入り込んできた旧友や家族などの人格が脳に記録され、自動化された心なるものが存在しているように僕には思えるのです。

     一つの身体をあたかも自分自身が脳の中心あたりを視点にしてコントロールしているように見えてしまっているのですが、実は判断を行ったり思考したりする段階で、僕以外の過去の人格が主導権を握っているような経験をしていると自覚することがここ最近よくあります。独りのときの人格と誰かがいる時の人格は確かに異なりますが、そういうことではなく、脳の中かどこかに保持されている「他人」が、時に判断や思考を指揮しているのではないかと考えるに至りました。例えば何か物書きをしたり喋ったりする際、思いもよらないことを書き出したり口走ったりする経験や、緊張してどもってしまったり答えるのに言葉がつまるという経験があります。これらは今の僕からしたら脳が自動で言語探索を行いながら二人三脚で僕という意識とタッグを組んで一つの何かを作り上げる過程を現実世界に投影している、そういうもんなんだと思っています。

     こういうのは少し考えれば当たり前のことだと思います。意識と無意識が役割分担しているただそれだけのことで、何も新しいことを述べていないように見えるからです。しかしながら、僕はこれによって何か新しいことを伝えようと、少なくとも自分にとって新しい何かを懸命に伝えようとしているのです。まるで既に出来上がった事実というトンネルをくぐって、何かを見出したいかのような、そんな気分です(そう、今僕は何かを探していて、何かを探索するためだけに、このような長ったらしい文を書いているに過ぎないのだ!!!)。

     確かに少し考えれば当たり前だし何も言ってない(まるで自動化されてるかのようだ!)、しかし僕はこれを通して何かアップデートしてみたくてたまらず、何かを更新しようとしている、そしてそこにこそ、「真の自己」なるものが備わっているのではないかと僕は思っています。

     (ちょっと脱線しますが)例えば(今文章を作成している中、何を書こうか忘れてしまったのですが、)このように言葉を用いて、常に上記に目を向けながらふと書こうとした内容を忘れそうになってるところを思い出そうとしています。まるで意識としての自分が逃げ出したかのような、、、いや違う。どこか感性の赴くままに夢中に書いてたら忘れてしまったのです。じゃあ予め目次みたいなの書いとけって話なのですが、自分のブロマガでそういう事をしたいわけではないのです。今まさに僕がやってるのは、何か急に失ってしまったこの現象に対する記録と抗いです。どんなに抗っても泥沼にはまって、結局何を言いたかったのかを忘れてしまうあの感覚、どこか言葉のバリアを編みに編んで隠れようとして結局全く思い出せなくなってしまう、あれに抗っているのです。

     結局諦めてしまいました。いつものことなんです。どうやっても余計な脱線を繰り返してしまい、何もかも本当に言いたいことを思い出せなくなってしまうのです。まるで文章を書き進んでいく内にいろんな表現方法があり、その表現の森に迷い込んで、何を書きたかったか森を飛び越えて大局観を以て眺めてみると、森の経路が無数にあって結局どの道を進んでいたのかさえも分からなくなっていく、、、そんな中で見いだされるのが、観察している自己です。

     初めから宣言して戒めてたつもりでしたが、全く簡略記事になることがかないませんでしたので、後で久々に三行まとめ置いときます。

    ーー

     さて、一息置いてみると、以下のことを言いたかったらしいです。
    ・自己は多数の自動化された人格に支配されている(その種類は言葉の数くらい)

     そして僕が本当に言いたかったことはたぶん以下の通りです。
    ・計算結果によって自動化された未来の自分も現在の自己に介入しているのでは?
     これについては意識体について言及してた”過去記事”を参照してください。そこに自分は未来が見えると物申していますが、世界や宇宙に関する予知能力というより、自分のための予知・予測です(幼いころからしょっちゅうこういう現象があります)。んで、直近であれ遠方であれ、その未来の自分も含めた人格も自己に含まれている、それが無限に無限かなたまで織りなされ、まるで入れ子かフラクタルか分からない複雑性を見出しているように思えてなりません。僕にはそれがある意味視覚的に感じ取って見えるところまで来ています。異常なのかもしれませんが、現段階でこのように申し上げる以外、適切な表現が思い浮かびません。

     何かこう詰まった感じになって一息ふぅと力を抜くと、なんとか言いたいことが洗練された形で出てきてしまうんですね。本当は厳密に”これこれ”と表現したかったのが”あれこれ”になってより最適化された形で表現意欲が意識に返ってくるわけです。こりゃ意識の説明に何重もの労苦が伴うわけでして、これはもう集中しすぎるとどこまで進んでいくのか分かりません。

    ーー

     ところで、なんで意識って眼球の中心あたりにあるんでしょうね? 知覚の中心ともいうべきそこに、なにか物理的な障害をもたらしたとしてもたぶんそこに意識はあり続けるんでしょうね(あまり想像したくありませんが)。別におへその部分に知覚の中心部を持ってきても良かったはずだし、あと、なんで視覚ってこうも強くこうあるべきだと制限かけてくるんですかね? 上下左右逆にした視覚世界を用意したとしても順応できてしまいますが、頭に浮かぶイメージは無意識に持続的に作り出すことは決してできないようになっています。不思議なもんですよね。

     そして僕はもう、何かを自動化し、固定化することに成功したのかもしれません。そして新たな新規のアップデートされた淡い何かによって、また僕の意識は持続し、常に僕は新しくなっていくのを実感し続けることができるわけです。まるで同じように繰り返す毎日や日常が、意外なまでに変化し続けていることを(普段の日常に何も変化がないと徹底的に思い込むことによって)いやというほど思い知らされたかのように。

     最近こんな感じで浮き沈みが少しあります。今はもうややフラットな波ですが、言いたいことがたまりにたまるとこうやっていろんな表現の森をかいくぐって森が大海になる前に走りぬこうとするのですが、残念ながらまだ僕にはまだそういった剣(つるぎ)のような貫く一表現を瞬時的確にアウトプットすることが難しいようで、途中途中何度も推敲しては、タイピングの速さに文章表現が飲まれていき、流され、「せっかくこう書いたんだしこの路線で行こう」ってなっては、ブレーキかけて「いやこうした方がいいんじゃないか?」という思惑も消しきれず、かといってスルーするのも胸元が気持ち悪くなりますので咀嚼していくわけです。

    ーー

     とりあえず今回はここまでにしておきます。

     書きたいことは書いたのですが、また新たに何か言いたいことがつっかえてる感じがあり、それがいわゆる新しいこと、新たな真なる自己の芽生えが実際に確かめられたような気がします。

     それではまたどこかで、会えたなら。


    ーー

    三行まとめ
    ・どんなに人格が新しく更新されたと思っても、過去になれば自動化されてしまう

    ・どもったり思わぬ言葉が出るのは、無意識の自動化された人格に流されてるから

    ・未来さえも、必然的なところに関しては自動化されて現在の自己に眠っている?


    【追記】
     忘却してしまう理由はたぶん、その忘却してしまった記憶よりも先んじた意志が生じてしまい、結果としてそれが打ち消してしまったからなのではないかと思っています(あくまで意識の世界の話であり、主観的なところが多分に含まれていますので悪しからず)。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。