それくらい自分でやれ! vs これくらい手伝ってくれてもいいでしょ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

それくらい自分でやれ! vs これくらい手伝ってくれてもいいでしょ!

2014-08-06 12:07
  • 2

 「それくらい自分でやれ!」「これくらい手伝ってくれてもいいでしょ!」

 これは何か軽いことを手伝ってほしいときによくある対立構図ですね。特に家族関係にある場合は初めに「家族の一員として」が付きますし、お互いに疲れているときによく発生する対立構図です。みなさんはどちらのセリフを多用するでしょうか?

 ここで問題になってくるのは、微妙な価値観の相違が見られるということです。「お手伝い」という一つの行動に対してどういう価値観を抱くかがポイントで、この違いによってお互いがどのような信条を持っているのかが大体わかってきます。「ああこの人はこの程度のことでは手伝ってくれない人なんだ」「ああこの人はこの程度のことでヘルプを要求する人なんだ」等々、このような些細な情報からその人の(その時の)性格が読み取れてしまうこともあります。

 このように、もしも相手との距離感をつかみたいのであれば、何か頼み事をしてみるといいかもしれません。「自分ならこの頼み事は受けないだろうけど、相手はどうでるだろうか?」というような実験をすることで、自分と相手との関係が感覚的に把握できたりします。注意点は、自分と相手との上下関係が前提になっていることです。自分が上だから相手は断らなかったということもありえるので、いろんな条件下で試してみる必要があります。

 僕はあまりこういう実験はしませんが、最近しきりに「あれしろこれしろ」と言われることが多くなってきたし、自分も「あれしてこれして」と言うことが多くなってきて、その過程でこのようなことを思いついたわけです。

 ところで、自分が「あれしてこれして」と言うと「それくらい自分でやれ!」と言われるので、そういう相手には同じ論理をもってして「それくらい自分でやれ!」と言うのですが、そういうときに限って「これくらい手伝ってくれてもいいでしょ!」と言われるわけです。なんか……こう……複雑な気分です。

 二枚舌、ダブルスタンダード、自分勝手になる理由がなんとなくわかるようになってきた今日このごろ……。

 


 今回は要点もオチもありません。なんとなく思ったことを書いてみたかった。それだけです。


 ちなみにこのような対立関係に似たものとして、「信じてるならなんで詮索するんだ!」と「信用に足るなら詮索しても問題ないでしょ!」、「僕のこと信じてくれないんだ!」と「私を信じて何でも話してくれるわけじゃないんだ!」などがあります。これらは正しい正しくないの問題ではなく、その人の価値観によって決まることなので、どうしても性格がにじみ出てしまいますし、お互いに譲らなければ亀裂が生じてしまいます。難しいですね。


以上。
広告
×
 ヘイヨーさんは、基本的に「自分のコトは自分でやるタイプ」かな~?
 だから、あんまり手伝わないし、手伝ってもらわない。そういうのは、最初はいいんだけど、キリがないからね。
「前も手伝ってくれたんだから、今度も手伝って。次も!次も!」ってなって。
 よっぽど困ったら、助けを求めるし、協力もするけど。

 ただ、このやり方、あんまりよくないのかも知れない。こういう方法だと、全部の能力を1人で身につけないといけなくなって。
 それよりも、それぞれの人が自分の得意分野を持って、お互いに協力し合った方が、世界的には効率がいいのかも。
70ヶ月前
×
>>1
 器用な歯車をもつか、特化した歯車をもつか、悩ましいですね。

 現在親の家にいるのですが、母親は年で体力が落ちてきてしまい、今まで手伝う必要のないことを僕に手伝わせるようになりました。逆に僕が今までしてもらっていたことに対しては自分でやれと言われ、してくれないようになりました。

 段々と僕の方に負担が押し寄せていくようになり、親孝行として当然の成り行きなのはわかってはいるのですが、なかなか受け入れられずにいます。時には趣味であるお花の水やりまでやらせようとして、それこそ自分でやれよと怒ったこともあります。

 何が言いたいかというと、時が経つとともに歯車の種類や組み立ての構造が変化していくので、一つひとつの歯車自身が柔軟に対応しなければならない、そしてこういうことを一人ひとりが自覚しなければならないということです。ヘイヨーさんの言う通り、なんでも自分でやるのはよくないんだと思います。

 母親の負担が一気に自分のところに押し寄せてくるのを考えると、もっと小さい頃に手伝いした方がよかったのかなーと思う反面、いくら体力がないからと言っても自分の趣味への責任まで息子に押し付けるなと言いたくなることもあります。

 ああ、悩ましい……。
70ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。