だけのは(10)崩れていくリズム
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

だけのは(10)崩れていくリズム

2020-01-21 21:00
    正月の三が日を過ぎてからというもの、体調不良が続いてしまっているという話を前回にしたのですが、相変わらず絶賛継続中。

    それからというもの、睡眠時間がガッツリずれ込んでるんですね。
    普段は23時に就寝し6時くらいに起きるというリズムだったんですけど、昨年末くらいから特に顕著で24時から7時にずれ込んだり、さらには25時から8時という感じになったりしてそれが日常化してしまってるんです。

    特に何かをやらないといけないからというプレッシャーの為ではなく、動画見たりとか読書したりとか(深酒したりとか)って感じで、なんやかんやでずれ込んでいるんですね~。

    これは非常に良くない。

    睡眠時間自体は安定しているというのが救いですね。

    睡眠時間が安定しないと、生活リズムが崩れます。

    私は自営ですので全てが自己責任ではありますが、毎日決まった始業開始時間は無いのです。

    朝起きた時間で文字通り全てが始まるんですけど、開始時間が定まらなくなるんです。

    それが定まらないと、どんどんずれ込んでいって作業に対してのモチベーションが変化していくんです。

    例えば「この作業は午前中までに終わらせよう」という感じのものがずれ込んで「午前中」までに終わらないと、「自分の中での締め切りが守られなかった」事になってしまいます。

    さっさと修正して続きをするんですけど、この「締め切りを守れなかった」という事実が私を包み込んで、ネガティブであったり「どうでもいいや」という感情に染められてしまうんです。

    その感情が積み重なってしまうと、モチベーション・やる気がそがれてしまい、午後以降の作業効率が非常に悪くなってしまうんですね。

    集中力が欠如してツイッターをダラダラと見るという感じです。

    だったら目覚ましかけたらいいんじゃね?

    と思うかもしれないですが、私が一番大事にしているのは「睡眠時間」です。

    睡眠開始時間ではなく「実際に睡眠をしている時間」の事です。

    これが減ってしまうとたちまち寝不足の状態になってしまい、全体の集中力がそがれてしまうんです。

    睡眠不足と飲酒時の脳の状態が似ているらしいので、丸一日酔っ払い状態で過ごす事になり、判断力・決断力・集中力にとても大きな影響を与えてしまうんです。

    例えば23時でも24時でも25時でも良いのですが布団に入って朝6時に起きるとします。

    そしたら5~7時間の睡眠時間となるのですが、25時に寝たら5時間しか確保できないので、間違いなく昼前後に猛烈な睡魔に襲われてしまいます。

    23時睡眠開始の習慣を続けていると、目覚ましをかけなくても朝6時にいつも起きていました。

    だもんで、目覚まし時計はあるけど電池が入ってなく、壊れて音もならないんじゃないかなって感じなんですね。

    自然に起きられるという状態が「睡眠時間をある程度確保出来ている状態」であると考えています(それでも眠い時は寝るけど)。

    無理に「起床時間だけ」を厳守していたとしても、それだと「ブルーマンデー症候群」になってしまう可能性もあるんですよね。

    という訳で、私の生活の中でリズムを整えるためにも「睡眠開始時間」というのは2番目に大事なものなんですが、それがズレているんですね。

    皆さんは睡眠時間は確保出来てますか?

    前回確か「酒を減らそう」という話をしたと思うんですけど、「飲酒機会」は減ったんですが、「一日の飲酒量」は同等ないしは増加傾向にあります。

    昨年末には「断酒」をしたんですけど、またやろうかな・・・。

    気分をあげて、日々を過ごしていこう(自戒)
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。