だけのは(18)マスク売り場の隣
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

だけのは(18)マスク売り場の隣

2020-03-17 21:00

    先日、ドラッグストアに行きました。

    近所の小規模で日配品・冷凍食品も僅かですが陳列できるくらいの規模の店舗です。

    ここまで前回の投稿の引用

    言ってしまえば前回のブログで取り上げたところと同じ店舗に定点観測に行ったという事なんですけど、前回と違って、トイレットペーパーやティッシュやキッチンペーパーの在庫がありました。

    商品によっては売切れたりというのは発生しているのですが、7割以上の棚は商品で埋まっている状況で、全く購入できないという一時期の状況からは抜け出せているようです。

    相変わらず「お一人様一個まで」というような但し書きはありましたが、ようやくそこまで大きくない程度の規模のドラッグストアでも、商品が充足されている状況になってきましたね。


    少し離れたところにあるやや大きめのドラッグストアでは、数日前まではトイレットペーパー・ティッシュペーパー売り場はガラガラだったのですが、入荷はあるようなので、そして売り場に張り付いている客人もいなかったので、多分今頃は解消しているのではないかと感じます。

    皆さんの周囲ではいかがでしょうか?


    ただ、相変わらずマスクやアルコールスプレー等に関しては、不足している状態です。

    先日ツイッターに店頭の入り口にでかでかと「マスクね~ぞ!」という感じで注意書きを張り出している写真を投稿したんですが、まだまだ供給が追い付いてない状況ですねぇ。

    2月中旬くらいに「週1億個の製造を見込んでいる」というような発表がありましたが、現状はまだまだ安定供給までには追い付いてない状況です。


    私の個人的な意見ではありますが、マスクを作ってもまずは医療現場に最優先で届けて欲しいんですよね。

    医療崩壊を防ぐためにもとても重要だと思います。

    それ以外の部分をドンドン流通させて欲しいんですけど、だいたい一箱10枚とか50枚とかで販売すると思うんですよ。

    1日あたり100万個くらいが流通しているのではないかと勝手に計算しているのですが、販売する所と言うと、ドラッグストア・ディスカウントショップ・コンビニ・100円ショップというような所が挙げられると思います。

    2018年の調べでは、ドラッグストアが約2万店舗、2019年調べでコンビニ店舗数は約5.5万という感じで、後は調べてないです。

    で、だいたい販売している店舗数というのが合計で10万箇所であるとします。

    そしたら1店舗あたり10個ですよ。

    前提を100万個としていますが、流通量は多分もっと少ないと思っています。

    それくらいの数だったら、ドラッグストアに開店前に並んだ「仕事をリタイアされているテレビの偏向報道にそそのかされたジジイ年配の方々」が買い込んで、仕事を抱えている他の一般の方や花粉症で苦しむ方が購入する機会など訪れる訳が無いんですよね。

    聞いたところによると、なぜか工事・建設現場で使う様な「防塵マスク」も品薄になっている模様。

    真偽は定かではなのですが、もし事実であれば「建設現場や製造現場にまで影響を与えてんじゃねーよ」と苛立ちを感じてしまいますね。

    サービス業・接客業でも必須な状況だと感じます。

    不特定多数の人と向き合う訳なので、感染しないように、感染させないようにする事は重要だと考えます。

    そういえばイオンってマスク禁止だったんですが、緩和されたんですかね?


    さて、本題に入ります。


    2月に入ったころの話ですが、マスクの様子を見に行くと売り場はガラガラでした。

    近所の他の店でも売り場はガラガラになっていたので、「すげぇなぁ」と感じていました。

    で、3月初めくらいになっても売り場はガラガラだったんですが、近所のドラッグストアでは、マスクを陳列していた所のスペースに、のど飴を並べていました。

    それくらいの時期で、違う商品を並べていたのは、知る限りではその企業だけでした。

    「すげぇじゃん」


    と素直に感動しました。

    マスクが無ければ医薬品ののど飴を並べればいいじゃない?

    的な発想ですよ。

    関連商品を近くに並べるのは商売の基本ではあるのですが、私にはこの発想が生まれておらず、先駆けてやっていてとても素晴らしいと感じました。

    で、1人その売り場を観て感動していたのですが、その店舗のマスク売り場の横がスキン売り場だったんです。

    そこで6人ぐらいの男子中学生?(多分卒業を控えたような年代と予想)が集まって、色んなスキンを見比べながらギャーギャー騒いでいる訳ですよ。

    その学生達の気持ちは分からなくはないけどね。

    1人でエロ本の売り場にいけないけど、集団だったら羞恥心が紛れるように、スキンには興味はあるけどなかなか近づけないので、集団の力を頼っていじったりして羞恥心を紛らわせているのかもしれないという想像はできるよ。

    でもね。

    感傷に浸っている私のすぐ横でゲハゲハと結構な音量で笑っている訳ですよ。

    タイミング的に割とガチ目でイラッとしたよ?


    内緒だけどね。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。