だけのは(35)最低限のマナーとは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

だけのは(35)最低限のマナーとは?

2020-07-14 21:00

    ニコニコのニュースに下記のようなものが流れてきました。

    https://ch.nicovideo.jp/fumumu/blomaga/ar1918133?ref=video_watch_html5_marquee


    内容は、回転ずしでサーモンが好きだから10皿頼んだら、隣の席のカップル(女性側)から

    「寿司の食べ方わかってねーな」


    と笑いものにされたようです。

    私は、これはマナーの話ではなく

    「寿司は薄い味のものから徐々に濃い味のネタに移っていくものだ」

    という「一つ一つを美味しく食べられる通(?)の食べ順」の部分を指しているのではないかと思うのですが、どうでしょうか?


    ちなみにマナーとは「行儀作法」の事です。

    寿司の世界で「一貫(一皿)ずつ注文するのがマナー」というのはないと思います。

    そもそも庶民の回転ずしチェーン店で、他の席の注文をみて笑いものにしている女性こそ、マナー違反ではないかと思います。



    で、私が着目するのは、女性についてではなくコメント欄にあった

    「最低限のマナーだけは守ってほしい」

    という一言です。


    皆さんに質問ですが、

    「最低限のマナーって何?」


    と思う訳なんですよ。

    私は「最低限のマナー」を習得する事は不可能だと感じます。


    よくマナー講師とかも、

    「今回の研修では時間がなくてここまでとなりますが、社会人としての最低限のマナーを身に着けていきましょう」

    という事をまとめで軽ーく話すので、皆さんも気軽に使っていると思うのですが

    このマナーの最低限の基準って

    相手によって、
    相手の立場によって、
    置かれている状況において、
    求められるものが大きく変わる事である

    と考える訳でございます。


    ちなみに「TPO」という言葉があります。


    Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語。
    この概念の発案者は「VAN」ブランドの創始者・石津謙介である。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/TPO


    和製英語だったのかとちょっとビックリしました。


    この、TPOというのは「最低限のマナー」と同義なのでしょうか?それとも「最低限のマナー」よりも上級レベルの話なのでしょうか?


    もし同義というのであれば、最低限のマナーを守るという事は、めちゃくちゃハードルが上がる事になります。

    マナー講師が研修1日で教える内容には、当然限りがあります。

    とうてい研修程度で「最低限のマナー」など習得できる訳がないと思います。
    (服装に限ってという事であれば対応出来るのかもしれませんが)




    話を戻します。

    ニコニコ大百科にもマナーの話がありました。


    マナーとは、自分とみんなのための立ち振る舞い、生活の仕方のことである。

    概要
    一般的には、その場その場においての作法であったり、その文化で生きるときの行儀のことである。

    例えば、誰かと会話をするとき、誰か人と会うとき、誰かとものを食べるとき、自分がやりやすいように、そしてほかの人が不快にならないように気をつけることがいくつかある。

    例えば、ある国の文化において、こうした方が美しいであるとか、素晴らしいであるとか、気持ちが伝わるであるとか、そのような行儀がある。

    これらの、ある意味空気を読むであるとか、常識的に考えた結果がマナーと呼ばれる。


    私も同意する内容なんですけど、ここにもあるように「相手ありき」なんですよね。

    「社会人として」という事でも、相手との関係性が

    初対面・友人・同僚・部下・直属の上司・重役・社長・役員・株主・取引先・下請け等々

    他にもあると思いますが、それぞれと話をする時の最低限のマナーって、必ずしも同じではない訳です。


    例えば同僚とのマナーと同じ最低限の基準で、社長とは接する訳がないのです。
    また部下に接するようなマナーと同じ最低限の基準で、下請けの方と接する訳でもないです。

    ちょっと極論のような話になってきますが、これまでの内容で言いたいのは、


    「マナーの最低限というレベルは、一律ではない」

    「最低限のレベルは、相手によって変化する」


    という事です。

    そして同じ「同僚」という間柄でも、

    「人によって、許せる部分と許せない部分の差が激しい」

    という一面もあります。
    例えば、2人でラーメンを食べに行ったとします。

    Aさんはラーメンをすすって食べるのがOK
    Bさんはラーメンをすすって食べるのがNG

    としたとします。

    一緒に食べる時に最低限のマナーとして、正しいのはどちらですか?
    BさんはAさんにたいしてマナー違反なのでしょうか?
    それともBさんがマナー違反なのでしょうか?


    上記の引用の最後の部分にもありましたが、


    ある意味空気を読むであるとか、常識的に考えた結果がマナーと呼ばれる。


    この空気を読むという事や、よく分からない基準の「常識」という部分が昔よりもさらに個人差が生まれている部分でもあります。


    例えば

    Aさんは目玉焼きに醤油をかけるのが常識と考えています。
    取引先のCさんは目玉焼きにはソースをかけるのが常識だと思っているのですが、醤油をかけたくないけど相手に合わせて醤油をかけて、満足いかないまま食事を終わらせるのか?
    それともソースをかけてAさんの不快感を誘い、関係がこじれるリスクを抱えるのか?

    Cさんにとって、正しいマナーとは何でしょうか?
    自分を犠牲にしてでもAさんに不快感を与えない事がマナーなのでしょうか??

    例えば、唐揚げにレモンが添えられているので、それを「レモンかけるね~」と嬉々として唐揚げ全部にかけるのがマナーなのでしょうか?
    唐揚げには当然レモン等の酸味を与えて、食べても後味スッキリ!!という人にとっては素晴らしいマナー(?)だと思いますが、私のように唐揚げにレモンをかける事を嫌がる人もいます。
    これだと別々の視点から見たら、
    「唐揚げにレモンかけなくてどうすんの?」
    「唐揚げにレモンかけんじゃねーよ」
    「別にどうでもいいけど、あなたが触ったレモン汁がかかった唐揚げを食べたくない」
    という感じの考えが生まれる訳なんですよね。


    今回は食べ方を例に挙げましたが、こういった事例は数多くあると思います。

    自分の常識と思っている事、普通だと思っている事以外の考え方であったり、自分が相手の姿・行動を見て、不快感を受ける事があると思うのですが、「相手を否定するための言葉」としての総称が

    「最低限のマナー」

    だと思う訳です。


    その最低限のマナーというのも、大多数側が発信する場面が多いのですが、少数側から発信する「最低限のマナー」もあったりする訳です。

    たとえば女子高生の「え~知らないの?みんなやってるよ~」というような感じのものですね。

    一時期は(今も?)女子高生がブームの火付け役になってたりしましたが、少数側というのはそういう場合ですね。

    他にも野球やサッカーを知らない女性に、詳しい男性ルールや試合の流れについて

    「知らないの?それ常識だよ?」
    「これだからにわかは・・」

    とマウントをとっている姿も同様だと思います。


    コミュニティやグループでは「集団」が生まれます。

    そこではルールや慣習が生まれ、それが常識となるわけです。

    それを外部から来た人間に対して「最低限のマナーだよ」と指摘する事もあると思います。
    「ここはそういう所だから、わかってくださいよ・・」という感じの心情なのかもしれませんが。

    指摘すらしないで白い眼でみて、「〇〇さんって、あんなことをしてたよ」と陰口を伝える人もいるとおもいますが・・・。

    これって言われる方・やられる方にとっては結構なプレッシャーだと思うんですね。

    マウントをとるとも置き換える事が出来ると考えます。



    私はこれまでの人生の中で、「自分の常識(普通)は相手の常識(普通)ではない」という考えを抱くようになりました。

    これは接客をしていた時に、客から「〇〇をするのが普通だろう?」と理不尽な要求をされた時に「あなたのおっしゃる普通というのが良く分からないのですが・・・」と何も考えずにとっさに出た言葉でした。


    「普通そうでしょう?」


    という言葉は、「常識」とか「最低限のマナー」という言葉に置き換える事が出来やすいと思っています。

    なので、私は「普通」「常識」「マナー」という言葉は基本使わないですし、使うにしてもメチャクチャ慎重に使います。


    もし使うのであれば、言い方を変えて事前に言いますね。

    「〇〇をすると怒られるから、それだけはしないように気を付けてね」

    という感じでしょうか?

    でないと言われた方も困るんですよね。

    知らないルールを守れなかったら怒られるって、かなり理不尽です。



    私自身はこのように考えて、軽々しく「最低限のマナーだよ」というキーワードは使わないようにしていますが、皆さんはいかがでしょうか?

    このキーワードを使っている人を見ると、

    「この人は、なんて非常識何だろう?」

    「この人の常識って、どの程度の人なんだろうか?」

    「狭い世界で生きているのではないだろうか?心配だ」

    という感情をちょっとだけ持ってしまいます。


    気にし過ぎかもしれませんが。


    そんな感じで、勢いで書いた今回のブログは以上です。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。